ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

カイト パレスチナの風に希望をのせて」 みんなの声

カイト パレスチナの風に希望をのせて 作:マイケル・モーパーゴ
絵:ローラ・カーリン
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784251073020
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 凧に平和への祈りを乗せて

    パレスチナのガザ地区。
    カイト(凧)を作っては壁の向こうの入植地に飛ばしているアラブ少年のサイード。
    彼はしゃべることができません。
    パレスチナの記録映画を撮るために、現地を訪れたイギリスの映像記者マックス。
    二人の出会いから、マックスの日記とサイードの心の語りが組み合わされて話が展開します。
    サイードと親しくなったマックスは、ちょっとしたことで足を痛めてしまい、サイードの家で世話になることになりました。
    そこで解ったことは…。

    サイードの父親は収容所に入れられていること。
    平和という言葉を書き記したカイトを入植地に飛ばし続けていたサイードの兄のマスムードは、サイードの前でカイトのめぐるトラブルで誤って射殺されてしまったこと。
    兄の死から、サイードは言葉を失ってしまったこと。
    アラブ人から見たとても重い話でした。

    カイトを飛ばし続ける先には壁があります。
    壁の向こうでは入植地で遊ぶ子どもたちがいます。
    その中で、落ちていくカイトを回収している少女がいます。
    少女の母親が殺されたことをサイードは知っています。

    サイードの願いは、争いによる勝利ではなく平和。
    話は、入植地側から揚げられた多くのカイトで素晴らしい結末を迎えます。

    言葉は違っても、子どもたちの望む
    カイトはまさに平和の象徴として描かれています。
    モーパーゴの作品だから、実際の出来事からヒントを得た創作でしょうか。

    ガザ地区の人々の姿を借りて語られるモーパーゴの姿勢。

    作品ごとに強い問題提起を続けるモーパーゴですが、それぞれに感動があって好きな作家です。

    掲載日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット