しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

びんぼうがみとふくのかみ 日本むかしばなし」 みんなの声

びんぼうがみとふくのかみ 日本むかしばなし 作・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784323037288
評価スコア 4.08
評価ランキング 19,333
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 一番しっくりきます♪

    最近、日本の昔話にはまっている娘は、このお話
    が大好き!!
    いろんな出版社で同タイトルのものを読み聞かせて
    いるのですが、一番のおすすめは、このいもとようこ
    さんの絵本です。
    私自身が小さい時にテレビで見ていた、まんが日本
    昔話のお話とほぼ同じ内容でできているので、一番
    しっくりとくる感じがしました。
    いもとさんの絵は、とてもあたたかみのある絵本な
    ので、その部分も昔話にぴったりだと思いました。

    掲載日:2014/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しい嫁様

    びんぼうがみが、100年も住みついてしまって、びんぼうがみが住み慣れた家を出て行きたくないと泣いているのに同情して夫婦も協力してふくのかみを追い出してしまったのが、凄く複雑な気持ちで読みました。いもとようこさんのあとがきを読んで「びんぼうがみ」と「ふくのかみ」あなたはどっちがすきですか?に、「ふくのかみ」と即答してしまいました(笑)

     びんぼうだら、ふしあわせとはかぎらない。おかねもちだから、しあわせと

     もかぎらない。

    ごもっともですが、やさしい嫁様と仲良く幸せに暮らしました。・・・・とさ。
    に、納得した私ですが、欲を言えば、働いた分だけ暮らしも豊かになってと思うことにしました。

    掲載日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい夫婦

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    この夫婦はとてもやさしいなーと思いました。
    追い出されるびんぼうがみをあわれに思うなんて!
    わたし・我が家の価値観とは違う(我が家は福の神さま大歓迎です笑)けれど、やさしいお話。
    怠けている人が貧乏なのは仕方ないけど、一生懸命働いている人が貧乏なままなのはちょっと納得がいきません…。
    お金って大切だと思いますよ。まあお金がすべてではないのはもちろんですし、いろいろな価値観があるとも思いますが。

    掲載日:2016/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもよみやすい

    • こてりゅうさん
    • 40代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子7歳、男の子6歳

    あまり日本昔話が好きではないわが子。
    でもやはり、知っといたほうがいいよな。と思いこの本を借りました。
    いもとようこさんのかわいい絵で子供たちも楽しく聞くことができました。
    読む方もやさしい文章だったのでとても読みやすかったです。

    掲載日:2015/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 貧乏でも幸せに暮らせる

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子6歳

    まじめに働いてもなかなか暮らしがよくならないと思ったら、
    なんと家に貧乏神が住み着いていたのです!

    でも、まじめに働く夫婦のもとに、
    福の神がやってくることになりました!

    それを知った貧乏神はえ〜んえ〜んと泣きじゃくり、
    夫婦はやっと貧乏神の存在を知りました。
    100年もの間ずっと住んでいたことを知り、
    そんなに居たのなら、ずっと住んでもらおう、
    という夫婦に、なんと!福の神は追い出されてしまいました!

    貧乏でも幸せに暮らせる、というお話が
    とてもかわいらしく描かれていました。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすい

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳9ヶ月の息子に図書館で借りて、読んであげました。

    いもとようこさんの絵が好きなので、この絵本を選びました。
    読む前は、びんぼうがみを怖がってしまうかなと思っていたのですが、いもとさんの可愛らしい絵で2歳の息子でも怖がらずに読むことが出来ました。
    話の内容も分かりやすいので、昔話初心者の子におすすめの絵本です。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと考えてみないと・・・

    日本昔話に
    いもとさんの絵は
    かわい過ぎるような・・・

    福の神様は確かにふくよかで
    ニコニコ顔・・・
    でも・・・貧乏神さまが
    ちょっとイメージと違うような・・・
    でも、小さい子にはいいのかな?

    おとことよめさまも
    かわいらしくって
    貧乏な感じには見えないんですよね

    「貧乏」のイメージって、今の子ども達には
    難しい?のでは?

    で、みんなで福の神を押してるし
    最後が・・・え〜っ・・・

    ですが、カバーのところに
    「あなたへ・・・」の文章あり
    で、素敵な言葉があります

    「すき」「きらい」ではなく
    決め付けては、いませんか?
    と、問われているのかしら?
    とも考えてしまうのでした

    さて、私の知っている同じ題のは
    どんな終わり方だったかな?

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもとようこさんの絵はとても可愛いですね。夫婦もびんぼうがみもふくのかみも。 だから残念ながら、なぜふくのかみをあんな形で追い出したのかよく分かりませんでした。びんぼうがみに同情したところまでは理解できましたが、あれじゃあふくのかみがお気の毒。ふくのかみは何処に行っても歓迎されるからいいのかもしれませんが・・・
    びんぼうがみを選んだおかげでお金持ちにはなれなかったけれど、仲良く暮らしたのですね。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な結末

    「びんぼうがみとふくのかみ」は有名な話ながら、実は内容は知らなかった私。なので、この話を読んだときは正直ビックリでした。ふくのかみを夫婦が追い出す話なので・・・。私が1番心に残ったのは、絵本のカバーにあるいもとようこさんの言葉。『びんぼうだから、ふしあわせとはかぎらない。おかねもちだから、しあわせともかぎらない』という言葉。なるほど・・・。お金で買えないものもたくさんあることに気付かせてくれます。素敵なお話です。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 僕も大好き

    この絵本では貧乏神さんが意外に好かれる展開のお話でした。うちの子も福の神より貧乏神の見た目の方が大好きだって言ってました。貧乏神の説明をしてあげると、お金持ちの貧乏神がいいって言ってました。それじゃあ、貧乏じゃないじゃんて言って笑って楽しみました。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



イラストや付録でくつひもの通し方と結び方の練習ができちゃう!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット