ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

おもいでをなくしたおばあちゃん」 みんなの声

おもいでをなくしたおばあちゃん 作:ヤーク・ドレーセン
出版社:朝日学生新聞社
本体価格:\1,000+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784904826164
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 認知症の話。歌は家族を救う。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    認知症になってしまったおばあちゃんを施設に訪ねる娘と孫娘のおはなしです。
    物語は孫のペトラの目線で語られています。
    ママ〈自分の娘〉を見てもそれが誰だかわからない。幼くして死んでしまった妹のことは分かるのに。
    つらいだろうに、そのつらさを心に収めて淡々とおばあちゃんの世話をしたり会話をしたりしようとするママをじっと観察するペトラ。
    最後はある歌が家族をつないでいることがわかって、ちょっとホッとします。

    依然見ていた認知症の報道番組でも、認知症の治療には歌がいい。それも、子どもの頃や若い頃聞いたり歌ったりした歌は、症状の進行を抑えるどころか、快方に向かった患者もいるらしいのです。

    絵本は片面に文字、片面が絵で作られています。
    文字は大きく読み易いし、絵も1つ1つ大きくはっきりとした戦で描かれています。
    「認知症」というちょっと重いお話ですが、何かテーマを決めて小学校高学年から中学生・高校生などに紹介できたらいいなと思います。

    掲載日:2016/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出してもらえること

    身近にあってなんとも重いテーマです。
    痴ほう症でしょうか、記憶が薄れていくおばあちゃん。
    老人ホームに入居しているおばあちゃんをぺトラとお母さんのエマが訪ねていきます。
    おばあちゃんには自分たちが解りません。
    それでも話しかけると、お母さんの妹のことは思い出すのです。
    思い出はなくなったのではなくて、引き出しの奥にしまわれてしまって、なかなか引き出すことができないのです。
    二人を記憶の引き出しから出してもらえたのは、おばあちゃんがお母さんによく聞かせていた歌。
    記憶の引き出しをあける鍵はあるのです。
    帰る電車の中で、ぺトラがお母さんに語ります。
    「お母さんが私を解らなくなっても、自分は自分の子どもにあの歌を歌わせるからね」。
    この親子がいつまでも幸せであるだろうと感じられるラストでした。

    少し評価を下げたのは、絵の難しさです。
    おばあちゃんの心の中をイメージしたのでしょうか。
    抽象的な表現で、絵画として感じるところはあるのですが、お話とのかみ合わせがあまり良くないように思ってしまいました。
    残念。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット