十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

野球場の一日」 みんなの声

野球場の一日 作・絵:いわた 慎二郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784062170239
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
「野球場の一日」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 野球場 見学が出来ますね

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子17歳、男の子15歳、男の子 7歳

    最近、野球に興味を持ちだした小学2年の息子。新刊が図書館に有り、ちょうど良いタイミングと思って借りて来ました。表紙は広げると大きな臨場感溢れる観客席と三塁側からの視線で、今まさにピッチャーがボールを投げたところ・・・夏のモクモクとした雲と青空が眩しい。開いてみると野球場のある街並み。左の上端には小さな時計が9時。「今日はお父さんと野球を見に行く日です」と始まります。時間と共に野球場では試合が始まる前の準備風景や球場内の設備や道具の名前がフリ仮名付で書いてあります。野球場の楽しみの一つ、売店での買い物も盛り込まれていました。とてもいい試合だったなぁなんて親子の会話も弾みながら帰る道すがらをも想像できそうな、野球少年、かつて少年だったお父さん、あまり野球に興味のないお母さんが読んで見ても楽しいかと思いました。息子はますます野球を生で見たくなってきたようでした。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 野球少年に贈る!!

    いとこが大の野球好き。
    この本を見つけたとき、ついついいとこのためにと勧めてしまいました。

    野球場になんて行った事のないわが子には、この絵本はそれほど興味の湧く本ではなかったのですが、さすがは野球少年!
    何度も野球場へ足を運んでいるだけあります。

    ページをめくるたびに嬉しそうに読んでいました。
    そして野球場の裏側をしることができてとても満足した様子でした。

    ちょっとしたガイドブックのようですね。

    野球大好き少年にはお勧めですよ。
    字もそれほど多くなく読みやすいです。

    掲載日:2011/08/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 野球場の裏側も

    息子を見ていてやはり男の子だなあと思うのは、いつの間にか野球に興味を示して野球中継を見たり聞いたりするようになったことです。

    そんな息子にこの絵本はちょうどよさそうと思ったのです。

    案の定、早速自分で見ていました。

    私たちが普段覗けるのは、球状の一部分のみですが、この絵本の中には知られざる裏側の様子も事細かく載っています。

    ファンや裏方の人たちに支えられて野球場ってあるのだなあと実感できる絵本です。

    掲載日:2011/08/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 野球場の裏側まで分かります!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    面白い目線で解説してくれる総合学習的な内容の絵本です。
    もう、描かれていることは、笑ってしまうくらいタイトルそのまま!
    ある「野球場の一日」が描かれていました。

    ページによっては左上のところに時計が描かれていて、だいたいこの時間シに「野球場」はこんなことをしています。というのが、分かるようになっています。
    九条に入ったことがありますが、その舞台裏がどんなふうになっているかなんて、考えもしたことがなかったので、選手用の食堂と、関係者(球場でゃたなく人や放送関係の記者などが食事をとれる食堂が分かれている(ましてや食堂があるなんて思いもしませんでした)とか、
    ベンチは毎回一つ一つきれいに拭いていて、その仕事をするのに、80人で約1時間かかるなんて!もう、びっくりでした。
    野球やスポーツに興味のあるお子さんには特にお薦めです。
    面白かったです。
    小学校の45年生くらいからお薦めします。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 旦那が大の野球好き。
    将来、男の子を授かったら、絶対に野球少年にしたいという、彼の希望もあり、野球の絵本を探していて、この絵本に出会いました。
    私は野球にあまり興味がなかったのですが、この絵本を読むうちに、野球に興味が出てきました。
    まだルールとかはわかりきってはいませんが、来月には初めて野球観戦に行きます。
    野球観戦をするきっかけをくれた絵本です。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野球好きなら!

    今年になって野球好きになり、プロ野球も見に行ってきた息子。
    やっぱりこの本を見つけた途端にトリコになっちゃいました。
    昔、息子が産まれる前のことですが、球場ツアーに参加したことがあり、普段見ることのできない場所を見せていただいたのですが、それと同じくらい詳しく書いてあって、息子もすごく喜んでました。「ここテレビで見た」とか「こうなってたんだ」とか「ここの名前ってこうなんだ」とかずっと独り言を言いながら、熱心に見入ってましたよ。
    すごく詳しい割に文字がそんなに多くなくて、低学年にもぴったりだと思います。しっかり描きこまれ見るページと、しっかり説明してあり読むページが分かれていてメリハリがあって、とても読みやすかったです。

    個人的なお気に入りは試合終了後のシーン。スタンドに向かって拡声器でしゃべりかけてる警備員の横で、真似している少年。あーいるいる、って感じで、ニヤリとしちゃいました。細かい〜(笑)

    掲載日:2012/12/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット