ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ

ちょっとだけ」 みんなの声

ちょっとだけ 作:瀧村 有子
絵:鈴木 永子
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:2007年11月
ISBN:9784834022995
評価スコア 4.82
評価ランキング 198
みんなの声 総数 397
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

397件見つかりました

  • 大人向けの本?

    3歳の姪っ子に読みました。3歳の姪っ子は大好きで何度も何度も読んでって言っていますが、私個人的にはあまり好きな内容ではありませんでした。普段弟の世話でママが忙しいのでおんなのこがひとりであれこれやってみて、“ちょっとだけ”成功したりして、最後はママに抱っこしてもらうんだけど、この本の伝えたい内容が良く分からなかったです。きょうだいが出来た喜びとか、そういうのでもないし、おんなのこが頑張っている姿に感動したわけでもなく、3歳の姪っ子はおんなのこがひとりで公園に行くシーンで「ひとりでお外にでちゃダメ。危ない」と言ってました。うちの家族ではそう教えているのでその点も好きになれませんでした。

    投稿日:2012/05/10

    参考になりました
    感謝
    4
  • 我が家のなっちゃん

    • みくみく さん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 女の子4歳、男の子3歳

    この本は、私が2人目を妊娠した時に
    上の子に読み聞かせようと思い購入した本です

    なっちゃんを見習ってくれたらいいなー
    そんな私に都合の良い気持ちからでした・・・

    ところがラストのシーンを見て なっちゃんの
    お母さんを見習いたい気持ち 娘の行動1つ1つに
    娘なりの考えや意味があるのだと思えました

    今、娘は4歳になり お手伝いを進んでしてくれます
    今日も すすいでいない牛乳パックに水を入れて
    ホコリ取り用のハンディーモップで
    窓拭きを得意げにしている姿を見て一瞬 
    驚きましたが(^^)

    この本を読んでいなかったら 
    叱っていたかもしれないことも
    「ありがとう」と言えるようになりました

    兄弟の有り無しに関係なく 
    お子さんのいる方 みなさんにお勧めです(^^) 

    投稿日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    4
  • 心に沁みます(涙)

    • ゆりうさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    子供に、というより、親が読んで泣ける絵本です。

    長女が1歳9カ月のときに下の子(男の子)が生まれ、
    2人の育児に追われている最中にこの本を見つけて読みました。

    娘はまだなっちゃんのようにいろんなことを一人ですることはできませんし、
    私が下の子のお世話をしていると嫉妬して甘えることも多いですが、
    それでも彼女なりにいろいろ我慢していることも多いんだろうなぁ・・・と気付かされ、
    娘の気持ちを思いやってあげていなかったことを反省させられました。

    突然お姉ちゃんになり、いろんな我慢を強いられているけど、娘はまだ2歳。
    母親に甘えたいのは当然。
    ・・・という、当たり前のことを忘れずに、「お姉ちゃん」としてだけではなく、一人の2歳の子供として甘えさせてあげる時間も大切にしていこうと思わせてくれた本です。

    同時期に2人目を出産した何人かの友人にも薦めたところ、みんな大絶賛でした。
    これから2人目を産む方、2人の育児に追われている方に、ぜひおススメです。

    投稿日:2010/07/12

    参考になりました
    感謝
    4
  • 親のための絵本かな〜

    二人目妊娠中に本屋さんで立ち読みして思わずその場で泣きそうになりました(T_T;)
    その矢先、義姉よりプレゼントでこの本をもらい、家で早速子供に読んだらそのまま号泣。。。
    親として、この本を読んでこれから上の子にこんなつらい気持ちをさせなきゃいけないのか?と思うと本当に辛かったです。
    子供は訳も分からず私が泣くので、、、その後2度とこの本を読んで!と持ってきません。

    この本を読んでもらって「楽しい」気持ちになる子供はいないと思います。ですので、子供には読んであげる必要はないかな〜というのが本心。

    親として我慢させがちな上の子の気持ちを忘れさせないようにするための、親が読む絵本ですね。

    投稿日:2009/07/08

    参考になりました
    感謝
    4
  • 園で読み聞かせをしました

    保育園の先生をやっています。
    園で読み聞かせをした時、たまたま主人公のなっちゃんと同じ境遇の子がいて、「これ私みたいだった」と後で声をかけらえれました。
    その後もその子は、「ちょっとだけ」読んで〜!と大のお気に入りです。
    自分が頑張っている姿が絵本になっていて、さらに自信がついたようでした。

    投稿日:2009/06/26

    参考になりました
    感謝
    4
  • 赤ちゃん返りの娘に。

    • ぴっころみさん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    3ヶ月の妹が出来て
    3歳の娘は今ちょうどなっちゃんと同じ。

    読み聞かせをして
    お昼寝をさせたら
    自分一人泣いてしまいました。
    読み終わるまでは我慢して・・・。

    目が回るくらい忙しい日々の中で
    赤ちゃん返りがひどくて困っている私は
    ついつい「お姉ちゃんになったんだから・・・。」
    といってしまうことが多く、いつも反省。

    なっちゃんのように牛乳をこぼしても
    一人で出来たことへの賞賛は叱咤より何十倍も
    お姉ちゃんにしてくれるのに・・・。

    ちょっとだけではなく、いっぱい抱っこしてもらった
    なっちゃんのうれしさは痛いほど良く分かる。
    なぜなら私自身もお姉ちゃんだったから。
    親になると自分がお姉ちゃんだったのに
    それも忘れてしまいがち。

    お姉ちゃんは我慢して一人で頑張ってみることが
    ママを助ける事だって分かってる。
    小さくてもママを思いやるやさしいなっちゃん。

    今日はお姉ちゃんの好きなものを作っていっぱい抱っこしてあげようと思いました。

    投稿日:2008/07/31

    参考になりました
    感謝
    4
  • 気持ちが温かくなる絵本

    • ファンガウさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 女の子4歳、女の子0歳

    「私もこんなママでいたいな」と思わせる絵本はこれまでに何冊かありましたが、その中でもこの絵本は格別!

    二人目ができてなかなか上の子にかまってあげられないママと、そんな忙しいママのために甘えたい気持ちをグッと抑えてちょっとずつ成長していく「なっちゃん」の物語。

    我が家ではちょうど二人目が生まれたばかりの頃にこの絵本を読んだため、とっても心に響く絵本になりました。

    なっちゃんがママの手を借りずに自分ひとりで頑張って「ちょっとだけ」成功していく姿についつい我が家の上のお姉ちゃんの姿を重ねてしまって、「うんうんよくがんばった。えらいね」と思わず口にしてしまいます。

    話の中盤、なっちゃんがお友達のママから「赤ちゃんかわいいでしょ?」と聞かれ「ちょっとだけ」うなずくシーンがあります。すごくかわいい!と大きくうなずくのではなく「ちょっとだけ」うなずいたというくだりに、赤ちゃんが生まれて思いきりママに甘えられなくなってしまったなっちゃんの寂しさ、赤ちゃんへのジェラシーが垣間見えて、読むたびに切なくなってしまいます。

    この切なさを吹き飛ばしてくれるのがラストシーンの
    ママの一言。この時のママの言葉もすばらしいけれど、イラストの優しいまなざしにも心が温まります。

    読んだ後で親子そろって幸せな気持ちになれるおすすめの絵本です。私も上の娘も大好きな1冊になりました。早くハードカバーになるといいですね。

    投稿日:2006/05/07

    参考になりました
    感謝
    4
  • いつも私が泣いてしまいます

    • ななみぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    4月、この本を初めて手にした時、
    家には生まれたばかりの赤ちゃんがいました。
    上の娘はお姉ちゃんになった嬉しさと
    ママをとられたような寂しさで、かなり情緒不安定でした。
    本の主人公のなっちゃんと自分が見事に重なり
    なっちゃんのまねをして髪を自分で結んでみたり・・・
    頑張るなっちゃんの健気な姿が切ないのです。
    娘は、この本を私の膝の上で一緒に読みながら、
    自分のだっこの時間が来るのを待っていました。

    時々、私一人で読みますが、
    あの頃の娘を思い出し泣いてしまいます。
    叱ってばかりが続いた時に読むと
    優しく娘と接することができる私の特効薬です。
    これから、ふたりめの子が生まれてくる友人に
    プレゼントしたいなぁと思った本でした。

    投稿日:2005/11/01

    参考になりました
    感謝
    4
  • 上の子に読むには酷すぎる

    • やじみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子5歳

    二人目が生まれたばかりのころ、この絵本に出会いました。
    まだ2歳だった上の子に、色々我慢させていることが悲しくて、悪い意味で泣いてしまいました。
    絵本の中の立派なお姉さんとは違い、現実の小さい子供は、「ちょっとだけ」なんて自分でやって成長した喜びを感じることは難しいと思います。
    5歳くらいのお姉さんなら良いのかな。
    我が家の場合は2歳の男の子だったので、とても無理でした。

    私自身は読み聞かせませんでしたが、子供達は保育園でこの絵本を読んでいます。
    5歳になった下の妹はお気に入りの絵本のようです。
    下の子が、お姉さんという気分を味わいたいのなら、ちょうど良い絵本かもしれません。

    投稿日:2015/05/31

    参考になりました
    感謝
    3
  • 健気ななっちゃんの姿にホロリ

    主人公の女の子の名前は、娘と同じ「なっちゃん」。
    まだなかなかお姉ちゃんにはなれない娘ですが、自分で冷蔵庫から牛乳を出してコップについだり、パジャマのボタンをとめたり、髪を結んだりするなっちゃんの姿を、すごいね〜と眺め、お姉ちゃんになった気分を一緒に体験しています。

    赤ちゃんのお世話で忙しいママの姿を見て、できることは何でも自分でやってみようと健気に頑張るなっちゃんですが、お昼寝の前だけはどうしてもママに甘えたくなります。

    「ママ、“ちょっとだけ” だっこして……」というなっちゃんの言葉に、
    「“ちょっとだけ”じゃなくて いっぱい だっこしたいんですけど いいですか?」
    と優しく聞き返すママ。

    満面の笑みで「いいですよ!」と嬉しそうに答えるなっちゃんの姿を、これまた嬉しそうに眺める娘。
    読んでいるこちらも、思わず胸がじーんと熱くなり、健気ななっちゃんと愛情溢れるママの姿に感動してしまいました。

    投稿日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    3

397件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おばさんのごちそう / トイレでできた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • アイスゆうえんち
    アイスゆうえんちの試し読みができます!
    アイスゆうえんち
     出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    ”つめたいおきゃくさま”しか入れない”アイスゆうえんち”。どんな楽しいことが待っているかな?


人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

全ページためしよみ
年齢別絵本セット