庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

なっちゃんときげんのわるいおおかみ」 みんなの声

なっちゃんときげんのわるいおおかみ 作:香坂直
絵:垂石 眞子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784591124291
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なっちゃんの心

    風邪をひいてお留守番することになったなっちゃん。
    それほど具合が悪いのでなかったら、不満不機嫌はよくわかります。
    でも心の中におおかみを飼っていたなんて、なっちゃんも大変です。
    理性がおおかみを退治してくれたけど、スリリングな展開でした。

    掲載日:2015/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怖い・・・

    このお話は、なっちゃんが遠足に風邪をひいて連れて行ってもらえなくなって、機嫌が悪い感じでお留守番をしていました。その時に影絵で作ったキツネがオオカミとなって現れてなっちゃんと一緒にお留守番していたおばあちゃんを食べると言います。そのシーンがうちの子には怖かったのか「僕、おばあちゃんの家でキツネ作らない!!」って真剣に言っていたので怖かったんでしょうね!!

    掲載日:2014/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちがオオカミになった

    いじけた気持ちが大きくなって・・・オオカミになっちゃたのかな?
    でも、ちゃーんとオオカミを退治することができましたね!
    私には、なっちゃんが自分の気持ちに勝った瞬間に思えました。
    おばあちゃんの優しさにも、心が温かくなります。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどのやっつけ方!

    いなくなって!困りんぼうの機嫌の悪いおおかみ。と思い読み進めていくと…、なるほどの撃退法です。娘もにっこり、ほっと安心してました。敵や悪い奴を「やっつける」ことがブームで大好きなお子さんにもピッタリかもしれません。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • きつねがおおかみになって大変なことに!

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。きげんのわるいというタイトルがおもしろそうだなと思い手にとってみました。

    実は機嫌が悪かったのは、なつみちゃん。おねえちゃんとおかあさんは遠足に行くのですが、風邪をひいて遠足にいけなくなってしまったので機嫌が悪いのです。だから部屋でおとなしく寝てなくてはならず、つまらないので影絵できつねを作ってみました。ところがそのきつねがおおかみになり、壁からでてきてしまいます。機嫌の悪いなつみちゃんが作ったおおかみなので、おおかみも機嫌が悪く、おなかがすいたのでおばあちゃんをたべに行くと部屋をでようとします。そんなことはさせないとおおかみをやっつけます。

    機嫌が悪いからいろんなことがマイナスに作用してしまうことを知ったみたいですね。息子はおおかみが怖い、怖いとなかなか直視できなかったみたいですが、最後にやっつけるところだけは興奮していました。機嫌についてかかれた絵本はなかなかありませんが、おもしろい切り口だと思いました。

    掲載日:2011/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミといえば・・・

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    風邪を引いて、幼稚園生のお姉ちゃんの遠足へ
    行けなくなってしまったなっちゃん。

    準備万端だったのに、お母さんからもお姉ちゃんからも
    「お留守番しててね」って言われてプンプンのなっちゃん。

    あんまりつまらないから、プンプンしながら
    部屋でお気に入りの毛布を被って、
    壁に映った影でキツネを作り「つまんない」とパクパクしました。

    すると・・・キツネがドンドン大きくなって、
    壁の中からオオカミが出てきてしまいました。
    しかも、「きげんのわるいオオカミ」

    作ったなっちゃんが、機嫌が悪いから自分もそうなんだって。

    面白いな〜、楽しそうだな〜って思ってたのに、
    なっちゃんが「お腹すいた」と言ったことから
    困ったことがおこります。

    オオカミといえば・・・??

    子供がプンプンしているときにコレを読んであげたら、
    うまい具合に落ち着くんじゃないかなぁ〜。

    てるてる坊主も、おばあちゃんも、いい味でした♪

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット