庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

けんぼうは1年生」 みんなの声

けんぼうは1年生 作:岸武雄
絵:二俣 英五郎
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1981年
ISBN:9784591004500
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,032
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 悲しい出来事

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    末っ子のけんぼうは、お父さんが帰ってくる時間に、下駄の音を響かせながら必ず迎えにきて、かばんを持ちます
    そのけんぼうが、交通事故であっけなく死んでしまいます
    3年たって、生きていたら1年生のけんぼうを、お父さんは帰り道に立ち止まり思いを馳せるというお話です
    始まり方からは予想もつかない出来事に、子供たちもショックが大きいかもしれませんが、両親の様子から愛情を注がれているわが身とけんぼうを重なり合わせて、命の尊さを感じ取ってくれるはずです
    二又さんの美しい版画絵が抒情詩のように物語ってくれます
    読み聞かせするときは十分に下読みをしておかないと泣いてしまいますよ・・・

    掲載日:2008/04/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 命の大切さ

    1年生になった娘が、借りてきました。
    タイトルに「1年生」とついていたので、内容を知らずに借りてきたようです。

    私も下読みせずに読み聞かせましたが、あまりに悲しいお話に涙をこらえて読みました。
    娘にとってもショックだったようで、ずっと「悲しい、悲しい」と泣きそうになりながら聞いていました。

    「死んだ子の歳を数える」とは言いますが、けんぼうを亡くしたあとのご両親の姿はまさにそのもので、同じ親として胸が痛くなります。

    娘には「親にとって子どもを亡くすということは、自分が死ぬよりも辛いこと。もしあなたがいなくなったら、私もこんなふうに苦しいと思うよ。」「だからお母さんのためにも、自分の命を大事にしてね」と伝えました。

    正直、これが正解だったのかわかりませんが、親がこの絵本から感じたことを、率直に伝えるしかできませんでした。

    本人も命のはかなさ、重さを少しは感じることができたように思います。
    数日して「けんぼうは3歳で死んじゃったから、小学生になれなかったんだよね。生きていたら1年生だったんでしょ?」と突然言い出すこともあり、悲しいお話ではありますが、しっかりを心に何か残ったんだな、と思っています。

    掲載日:2013/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父親にとって息子とは

    父親にとって息子とは何だろう。自分が年をとってから授かった息子。
    自分の帰りを迎えに来てくれる息子。
    木版画の哀愁ある色彩の絵で強く感じるのはそんな光景です。
    そんな息子が、小学校に入るころ死んでしまう。
    膨らんだものがはじけ去って残るのは悲しみと子のない夫婦。
    身につまされるのは、自分と共通項があるから。
    年取って子どもを授かって、それまでと生活が変わってしまった自分。
    子どもがいなかったら、絵本を読み聞かせすることもなかったんだなあ。
    この絵本のような過去形で息子は終結せず、今は反発ばかり。
    それが成長なんですね。
    自分の話になってしまったけれど、この本は父親にとって息子とはを考えさせられる絵本です。
    お父さん向けの一冊です。

    掲載日:2010/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ない・・

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    版画の絵本というのがまた
    優しい夕暮れを美しく描いているようで
    尚更切なくなってしまう。

    若くして亡くなってしまった人のことを
    生きていたら今頃・・・
    なんてことを思ってしまいます。

    実際、近しい人を亡くした経験のある人には
    あまりにも切なくなってしまう絵本だと思います。

    掲載日:2009/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子は1年生

    うちの子がこの春、1年生になったので
    「1年生」と言う題名の絵本を探して
    図書館で借りて読みました。

    どんなお話かとワクワク読むと
    あまりの衝撃と悲しさに読む声と
    手が止まってしまいました。

    うちの子は無事に1年生になり元気に学校に通ってます。
    けんぼうのご両親の気持ちを思うと
    どうしていいかわからない・・・
    子供たちもびっくりしたように聞いていました。

    元気に1年生になれたことを感謝し、1日1日を
    一生懸命生きようと親子で話て読みました。

    掲載日:2009/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙ぐんでしまいました

    息子が1年生なので、「1年生」とあるとすぐに手にとってしまうのですが、このお話、読んだらすごく悲しかったです。

    末っ子のけんぼうをとてもかわいがっていたのに、3歳で亡くなってしまったのです。

    死んだ子どもの年を数えると言いますが、親にとっては、子どもが先に亡くなる逆縁というのは、一番こたえるし、辛いことですね。

    息子は、わりとさらっと読めたみたいですが、私の方は親の気持ちになってしまい、涙ぐんでしまいました。

    二俣英五郎さんの版画ですが、版画がセピア色の思い出という雰囲気を醸し出していて、文章に合っています。

    心の中で子どもは生き続けているとはいえ、私には直視することができないお話でした。

    掲載日:2008/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忘れられない絵本

    • やや子さん
    • 30代
    • ママ
    • 沖縄県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    小学生の頃母に読んでもらった絵本ですが、大人になった今も忘れられずに心に残っています。
    母も読みながら泣いていたので余計に印象に残っているのかもしれません。
    子を失った両親の悲しみがものすごく伝わってくる絵本です。

    掲載日:2008/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供を失った親の悲しみが胸に痛いです。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    子供を失ったお父さんとお母さんの悲しみを
    こんなに強く感じる絵本を読んだのは初めてです。
    けんぼうが逝ってしまった場面は
    あまりにも突然…という感じがして
    胸がドキンとしました。
    子供が一人で遊びに行くようになる
    年長さんから小学校1年生くらいの子供達に
    是非読んであげたい絵本です。
    夕焼の道を
    お父さんとけんぼうが手をつないで歩く場面が
    心に焼き付いて離れません。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ない・・・

    4月から1年生になる息子に読んであげようかな〜?って思い、
    その前にこっそり私一人で読んでみたら・・・

    お話しの設定は、下駄を履いてたりするところから
    私たちがうまれる少し前の頃のお話しなのかな?
    大分年が離れた兄妹のしたの子のことを、こちらでは忘れ子って言いますが、
    けんぼうはそうして、お父さんも大分年齢を重ねたころに生れたこで
    それは大事に育てられたでしょう。
    そんなけんぼうは毎日お父さんの帰りを待って、お父さんの姿を見付けると
    下駄をならしてよろこんだとか。

    そんなけんぼうが・・・

    けんぼうのお父さんがけんぼうを思い出してるところは、同じように4月から小学校に入学する息子を持つ母として
    胸が張り裂けるようでした。
    けんぼうはどんなに入学を楽しみにしてたことでしょう。
    お父さん・お母さんも同じく、けんぼうの成長を楽しみにしてたことでしょう・・・

    読後も、お話しの前半で感じたけんぼうの無邪気な表情、
    そして楽しそうに下駄をならしながら走ったりしてお父さんと手をつないで
    歩く姿を思い描きながら、とても切なくなるお話しで、涙が止まりませんでした。

    掲載日:2008/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸に込み上げるものが・・・

    • びかママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    お父さんのいつもの帰り道、家のほうから下駄の音をひびかせながら末っ子のけんぼうが走って迎えに来ます。年をとってからの子供なのでとってもかわいがっています。
    そんなけんぼうが、ある日トラックにはねられて亡くなってしまいます。
    それからのお父さんの気持ちの変化、けんぼうへの気持ちを読むと、同じ親として胸に込みあがってくるものがあります。
    子供たちに読んでやりながら、パパやママもこんなことがあるととっても悲しくて寂しいんだよ・・・と話をしました。

    子供にはもちろんですが、親にとっても考えさせられる本だと思います。

    掲載日:2007/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 3
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 2

全ページためしよみ
年齢別絵本セット