あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ジス・イズ・ロンドン」 みんなの声

ジス・イズ・ロンドン 作・絵:ミロスラフ・サセック
訳:松浦弥太郎
出版社:ブルース・インターアクションズ
本体価格:\1,600+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784860201098
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,481
みんなの声 総数 8
「ジス・イズ・ロンドン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵が素敵。

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子5歳

    夫が出張でロンドンに行くことになったので、お父さんがどんなところに行っているのかを知るのにいいかなと思い、この絵本を子ども達と一緒に読みました。

    絵がとても素敵で、写真満載のガイドブックを見るのとはまた違った、味わいがあります。NHKのふれあい街歩きのように、実際に街を歩いて、建物を見たり、人に出会ったり、そして、ちょっとした解説が端的で分かりやすいです。

    改訂版ということで、最後のページに、本書の内容と現在のロンドンとで変わったところが箇条書きに説明されています。

    息子がこの絵本を読んで、一番印象に残ったのは、最後に傘をさしている男の子の一言「楽しいけれど雨が多い。それがロンドンの魅力なのです!」だったようです(笑)

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃれなガイドブック?

    ヨーロッパ・テイストなおしゃれな絵。「パリ」を先にも見たのですが、こちらの「ロンドン」も良いです。街の特徴を簡潔、単純かつ正確にとらえていて、ガイドブックよりももっと街の魅力を伝えてくれます。旅のお供としてもおススメしたいです。

    掲載日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい

    旅行好きの自分の為に購入。このシリーズ、どれも本当に楽しくてお勧めです。これを参考に観光するのもすごい楽しいと思います。ロンドンは行った事がないので、すごく行ってみたくなりました。イラストも可愛いし、ほんとにいろんな事が載ってるから1歳の娘も時々楽しそうに見ているくらいです。

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなシリーズです

    世界各地の挿絵と描写がとても素敵なこのシリーズ。
    「ロンドン」はその名のとおり、イギリス・ロンドンがテーマです。
    ロンドンと言えば・・のバッキンガム宮殿の衛兵さんが表紙になっていて、飾っていてもとても絵になります。

    以前2度ほどイギリスを訪れたことがあるので、この絵本を開くと、当時の思い出が次々に蘇ってきます。
    この絵本が書かれた時代はずいぶん昔なので、ところどころ描写が古いことがあったりするんですけれど、そこがまたいいんですよね。
    (ちなみに、最近はこうなった、という注釈も最後についてます)

    完全に私自身のために集めているシリーズです。
    一応子どもにも見せてますが・・・・やはり思い入れがないせいか、あまり反応はありませんでした。
    大人の方にはとてもお勧めの絵本です。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次の五輪前に予習・・?!

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    霧におおわれた風景から始まる、その始まり方がいいです。
    物語のイントロのように、面白い映画のように、
    そこでぐっと惹きこまれて・・心は行ったことも無いロンドンに
    飛んでいます。

    いまちょうど知り合いがロンドンに居て、次のオリンピックも
    ロンドン開催・・ということでロンドン選んでみました。
    まだ3歳でロンドンバスや地下鉄にしか興味を示さない息子も、
    4年後にはこの絵本を開いてロンドンについて学んでいるかもしれません・・。

    白っぽい空に真っ赤なロンドンバスの絵。
    クラシックな形の車たちの絵もすてきです。

    掲載日:2008/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと、昔のお話。

    なにしろ、作者が1916年生まれ。
    2008年のロンドンとは様子は違うんですよ。
    でも建築に興味があった人だから、建物に詳しいのです。
    建築物の中身は変わっても、
    建築物は残っているし。
    ガイドブックには役立たないかもしれないけれど、
    今、どうなっているかは最後に書いてくれています。
    ちょっと、身近な歴史の先生。

    掲載日:2008/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行きたい街、ロンドン!

    • めりぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳

    曇りの街・・霧の街ロンドン・・・なるほど〜。
    ロンドンにはまだ行ったことがないので、すごくじっくり見入ってしまいました。
    紳士淑女の・・歴史のあるロンドンの街。
    あぁ、この2階建てバス乗りたい♪近衛騎兵に逢いたい♪大英博物館に行きたい♪
    ページを進めるたびにロンドンの魅力に取り付かれました。
    行ってみたいな、ロンドン!!

    掲載日:2006/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロンドンも素敵!

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子5歳

    「Tthis is」シリーズ4作目、ロンドンです。(3作目のパリはまだ見つけていません)
    ロンドンも、今まで、テレビや本などで知っていた情報よりも、ずっと具体的で、分かりやすく、素敵な街だということが、この絵本で見て取れました。
    でも、イギリスって、歴史ある国だから、人々は紳士淑女で厳粛って、感じがしますね。
    絵本の中の風景はいつも曇り、それくらいお天気に恵まれることは少ないところなんですね。
    最後のページが、ユーモアがあって、とても良かったです。

    掲載日:2005/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 1
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット