モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

リサとガスパールのマジック・ショー」 みんなの声

リサとガスパールのマジック・ショー 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:石津 ちひろ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2005年03月
ISBN:9784893093455
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,667
みんなの声 総数 17
「リサとガスパールのマジック・ショー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 失敗でも大成功

    リサとガスパールの絵本、私が選んだのではなく息子が自分で見つけたお気に入りのシリーズです。可愛らしいキャラクターとあざやかな色彩のイラストの絵本で私も大好きになりました。
    今回は仲良しの2人が子どもフェステバルのマジックショーに挑戦します。結果は失敗。でも、お客さんたちは喜んでくれ、結果オーライです。
    一生懸命頑張る2人が微笑ましく、とても可愛らしい絵本です。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • またリサが多かった。

    ちょっと大きめの絵本です。

    表紙をみても、楽しさは伝わります。

    フェイスペインティングのシーンは

    「やってみたい!」と言い出したので少し困りましたが、

    その後の曲芸などもとっても楽しかったです。

    ガスパールの方が好きなんですが、

    お話の最後はリサしか出てこなかったので

    またまた残念でした。

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • イタズラはなし

    この絵本では、おなじみの二人のイタズラは、なかったですね。
    ショーに向けて、一生懸命に取り組んでいる様子は、応援したくなります。
    いつもは周りをてんやわんやさせている二人が、ステージ上でおろおろしているので、「おっと、いつもと違うぞ」と。
    ドタバタなステージですが、お疲れ様と言ってあげたいです。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 失敗してもいいじゃない?

    リサガスシリーズにしては珍しくイタズラしていません(笑)二人がマジックショーをしますが、失敗ばかり、、、。でも、それを演出だと思われたのか、大人気でよかったですね。娘がマジックショーで隠れているガスパールに「ガスパールどこどこ?」と言って探していました。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • フェスティバルの楽しみ

    娘はペネロペが好きですし、リサとガスパールの絵本も
    読んだことがあったので、どうかな?と図書館で借りてきました。
    ちょっと、娘には早すぎたようです。
    まだ幼稚園にも行っていないので、お祭りを自分達で作り上げて
    いく楽しさなど理解できなかったみたい。そもそもお祭り自体の
    楽しさもわかっていないし。
    小学生くらいの方が楽しめるように思います。
    マジックの意味さえわからなかったし(説明するのが大変でした)。
    人前でなにかを発表する時の気持ちもわからないだろうしなあ。
    また、大きくなったら読んでみたいです。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生意気なマロン?

    大型絵本なのでいつもの倍楽しめたようで、よかったです。

    リサとガスパールの活躍は、マロンちゃんのお陰だと思うのに、リサの

    言葉「あの生意気なマロンに一言言ってやるわ」が、とても面白かった

    です。失敗が、お愛嬌で面白くて受けたのに、わかっていないので二重

    に面白かったです。

    フェイスペインティングも二人とも、そのものなのにすっかり変身して

    いるつもりが可愛いと思いました。

    油絵の素敵な絵に魅せられます。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張ったね!

    リサとガスパールの通う学校でこどもフィスティバルが開かれることに。
    リサとガスパールの出し物はマジックショー。
    魔法の箱にガスパールが入って、パッと消えたと思わせたくてテーブルの下に隠れたのは良かったんだけど・・・。

    リサとガスパールのシリーズが大好きな4歳の娘に読みました。
    「てじな」や「マジック」という言葉を知らなかったので、本人はお話の内容を理解していたかは疑問ですが、フェイスペインティングをしたリサとガスパールに喜んだり、マロンちゃんに笑ったり・・・。楽しんでいるようでした。
    一生懸命下準備して頑張ったマジックショーですが、やっぱり失敗・・・。でも、それがかえって大成功のもとに!
    結果良ければ全て良し!ですね^^
    リサとガスパールが健気に頑張る姿、とっても微笑ましいですよ。
    楽しいフェスティバルの雰囲気が味わえる絵本でした。

    掲載日:2009/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブラボー!ブラボー!

    リサとガスパールは前から好きで、家にも何冊かあるのですが、
    図書館で大型のリサとガスパールの絵本があったので、思わず
    借りてしまいました。
    娘に読んだら、ガスパールのペットのマロンちゃんの芸で
    「ブラボー!ブラボー!」という客の叫び声のところが気に入った
    ようで、真似して「ブラボー!ブラボー!」と言っていました。

    内容とは関係ないのですが、最初の方にリサとガスパールが
    おもちゃやさんへ行く場面があるのですが、そこに「ペネロペ」が
    少し出てきます。
    娘が「あーっ!」と指差していました。娘はそこでも喜んでいました。

    内容がわからなくても絵をみているだけでもとても楽しめる絵本です。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一生懸命だけど愛嬌いっぱい

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    リサとガスパールの一生懸命さが可愛かったです。

    真剣にマジックをしようとしているのに
    隠れているガスパールが布の下から見えちゃって
    ネタばれしちゃったり、マロンちゃんが寝ちゃってたり(大爆笑)・・。

    さいごのページでおうちに帰ったマロンちゃんの挿絵が
    また余韻を誘って微笑ましく・・。

    リサとガスパールのシリーズは
    失敗やいけないイタズラや・・いじけたり・・
    必ずしも褒められないマイナスのことに溢れていますが、
    そこが共感を誘ったり、リアルな気持ちに寄り添うんだなー
    といつも思わされます。

    掲載日:2009/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • マロンちゃんがかわいい

    3歳の娘には「てじな」というものがわからないので、ガスパールがテーブルの下から見えてしまっているのがどうしてはずかしかったのかとかよくわからないようでしたが、公園でむしとりあみを持ってハトを捕まえようとしているところや、ガスパールのペット「マロンちゃん」の曲芸が気に入ってマネして遊んでいます。
    わたしはリサの最後のひとこと「あのなまいきなマロンに…」というのが笑えました。

    掲載日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット