うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

たっくんごはん」 みんなの声

たっくんごはん 作:中川 ひろたか
絵:石倉 ヒロユキ
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年03月
ISBN:9784894234239
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,337
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • どれにしよっかな・・・

    たっくんは、何でも食べる元気な子
    今日のごはんはなーにかな?
    きょうはにんじんごはん
    どれでたべる? スプーン、はし、フォーク・・・

    なんてことはないのですが、2歳の娘はたくさんの中から
    『選べる』のが楽しいようでした。
    もちろん、結果は自分が指したのとは違うこともありますが、
    「たっくんは、こっちだって〜」と言ったりして楽しみました♪
    何度も読んでいくうちに
    「どのエプロンが誰のもの」とかも、徐々に覚えたりして、
    実の多い本でした☆

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • どれにする?

    たっくんは、保育園で大好きなお友達と同じ名前。
    タイトルだけで喜ぶ息子、、、
    お友達が大好きなんですねo(^▽^)o

    お話は、たっくんがごはんを食べる時に何を使うか?
    誰と食べるか?何を食べるか?などなど、クイズに
    答えるみたいに、選択肢から選んでいくのです。
    選んだものが、たっくんと同じだと、にっこり。
    違ければ「こっちがいいよ〜」なんて言いながら
    楽しくページをめくっています。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育に相応しい作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    文は、「ピーマン村の絵本」シリーズでつとに知られる中川ひろたかさん。絵は、我家では「ポットくん」シリーズが大人気の石黒ひろゆきさんというある意味凄いコラボの作品です。

    主人公のたっくんが、ごはんを食べるシーンから始まります。
    それも、にんじんごはん。
    スプーン、はし、フォーク、手とあって、どれで 食べる?
    とクイズになっています。
    次のページで、はしで食べるシーンが登場します。

    同じように、「誰と食べる?」「どのエプロンにする?」「何をかける?」「何のおまじない?」等のクイズがあって、次のページには答えがある展開が続きます。
    一緒に食するのが、犬、猫、熊、象というのがGOOD。

    意識されていると思うのですが、ピーマン、ニンジン、ミルク、お魚等、必ずしも子どもが好きでない食材を選んでいるので、食育にも役立つことでしょう。
    ただ、お肉にニンジン粉って、聞いたことがなく、あまり一般的でないような気がしました。

    最後に
    「いただきマンモス バルサミコす」
    「ごちそうさんま しいたけ ゴリラ」
    なんて言葉遊びの紹介もあって、内容の濃い作品だと思います。
    食べることに興味を持ち始めた頃、オススメします。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4択のクイズです

    2歳1ヶ月の息子に読んでやりました。もっとごはんをたべることを楽しんでもらえたらとおもったのですが・・・

    4択のクイズ形式で進行していきます。思考はおもしろいとおもいましたが、なぜそれが答えなのか、もしくは「正しい」らしいのかがよくわからず、読み進めるのが少々大変でした。

    たとえばご飯を食べるにあたって使う道具は?スプーン、フォーク、お箸、手と、そのこの成長具合でこたえはどれでも当てはまるわけですが、次のページをめくるとお箸。あえて正しい答えという表現はありませんが、この展開の仕方ではどうしてもそう捉えられてしまいます。まあ、いずれはこうあるべきという意味ではまちがっていないでしょう。でも、どのエプロンをつける?と4種類の動物の絵が描かれたエプロンから選ぶのは、正しいや間違い、こうあるべきの基準はありませんよね。ページをめくってなぜこれなのかを読んでやるのにすごく抵抗を感じました。

    読む工夫をしてやるにも、こうクイズ形式があからさまだと、工夫のしようがありません。このへんの主旨が統一していない本でしたね。

    掲載日:2009/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 選択肢

    何でも食べる元気なたっくんの食事風景を描いたお話です。

    この絵本の良い所は、選択肢があるという事です。
    使う食器だったり、誰と食べるか等、選択しながら物語が進んでいくパターンに新鮮さを感じました。

    また動物たちと一緒に食べるというのも、子ども達が喜ぶ視点になっていると思いました。

    是非、子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • たっくんと一緒にごはん♪

    人参ごはんを食べるたっくん・・お箸でピーマン炒めを食べるたっくん・・エプロンをきちんとつけて食べるたっくん・・・などなど、たっくんってホントお利口さんな男の子。娘に見習わせたいくらい!と思ったのが最初の感想でした。
    子供のしつけに役立ちそうな絵本と同時にみんなで楽しく食べる楽しさやごはんを食べるときの楽しいおまじないも一緒に教えてくれる・・・そんな絵本です。
    今はまだたっくんのおまじないを真似して言えない娘ですが、もう少ししたらおまじないを言えるようになるといいなぁ〜♪そしたらご飯の時間がもっと楽しくなるかな。
    そして、娘が楽しいおまじないでごはんを残さず食べれるように・・・。

    掲載日:2008/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんたべてね

    同じお食事をしても大勢で食べるのがおいしく食べれます。たっくん、いぬ、ねこ、くま、ぞうさんと一緒に食べてるのが、にぎやかでうれしそうです。お肉に、人参粉は驚きです。恥ずかしいですが、知りませんでした。孫の大好きなお魚が出できて喜びました。食べたらもっと喜ぶと思うので、釣り魚を食べさせたいです。「おまじない?」を唱えていただくのも楽しそうですね。絵も色彩が品のある色使いがいいです。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ご飯の時間

    娘がご飯の時間を今よりももっと楽しんで欲しいという気持ちを込めてこの絵本を選びました。娘は主人公がご飯を食べる時に出す音をとても気に入ったようでした。私が勉強になったのは人参ご飯を何で食べるかを質問する場面でした。“手”という選択肢があったのが私にとってとても斬新でした。スプーンやフォークに固執せずとも手を使えばいいのだと目から鱗でした。この絵本の御蔭でご飯の時間をもっと有意義に過ごせるようになると思います。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうしよう?

    • ぴちこんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子1歳、男の子1歳

    食べるのが大好きな二人はこの本が大好き。

    でもまだ「どれにする?」という感覚はわからないみたいです。
    なので「今日はスプーンでご飯食べたね」という風に語りかけながら読んでいます。
    選択肢に「手」がでてくるのがいいですね^^
    低月齢でも工夫次第で楽しめると思います。
    大好きな動物もたくさんでてくるので指差しながらとても楽しそうです。

    最後は変わった?おまじないや駄洒落まで出てきてとてもおもしろいです。
    もっと大きくなってからでも楽しめる長く読める本だと思いました。

    掲載日:2008/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子と一緒に楽しみながら!

    可愛い、色のきれいな表紙に惹かれて手に取りました。
    中味も、表紙に負けないくらい可愛い絵本!
    最初は、夜寝るときに息子と一緒に読みました。
    息子に「だれとたべる?」「なにでたべる?」なんて聞いたり
    指さしてもらったりしながら楽しみました。
    息子は、自分が選んだエプロンの柄を、誰が付けているか、
    なんていうのも気になるようで、そんな楽しみ方も出来ました。
    実際ご飯を食べるときも、あまり食が進まなかった時に
    「じゃぁ、にんじんこなかけてあげる!」と「ふり」をすると
    ニコニコ嬉しそうに、食べました。
    ご飯を食べ終わったら「ごちそうサンマ、しいたけゴリラ」と
    言っていましたよ。
    あの変な(?!)おまじない、息子も私も大好きです!
    子どもと楽しみながら読める絵本で、更に、しつけにもなる、
    そんな1冊で2度おいしい絵本でした!

    掲載日:2007/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット