しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ちいさなさかなピピ」 みんなの声

ちいさなさかなピピ 作:乙武 洋匡
絵:ジョス・ゴフィン
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年
ISBN:9784061892446
評価スコア 3.88
評価ランキング 32,354
みんなの声 総数 7
「ちいさなさかなピピ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まあるいおうちの金魚鉢から飛び出したちいさな赤いさかなピピの冒険を描いてます。ピピが自由に旅をしているようです。仲良しのお月様ともお話することがなくなってしまうほどお話をしていたんですね。くじらさんのお腹の中に飛び込んだけれど、景色は旅してるみたいで、クジラさんを感じさせないところが面白かったです。「おかえり、ピピ。」「ただいま。お月さま。」との挨拶で帰る場所があるって、待っていてくれる人がいるって、やっぱりいいなあと思いました。

    投稿日:2018/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後はおうちへ

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    小さな魚のピピが、お家である金魚鉢を抜け出して冒険に出かけるお話です。

    色々な所を旅して、色々な友達に出会って、そして、家に戻って来る。
    人間と同じですね。

    最後はやっぱり、安心できる家に帰ってくる。
    このまとめ方がいいなと思いました。

    投稿日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎなクジラ

    このお話の主人公は金魚なのですが、その金魚が自分の住んでいる金魚鉢から抜け出して冒険するのですが、その冒険先が大きなクジラのお腹の中だったのです。でも本当のクジラのお腹の中じゃなくって家があったり動物がいたりとっても不思議な空間で不思議な感じになりました。

    投稿日:2014/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 金魚のピピの冒険心

    ベルギーのジョス・ゴフィン氏が 絵本を書いたのですね。
    字のない絵本

    乙武さんの気持ちで文を付けてくださったのですが・・・・・

    金魚鉢から飛び出した ピピの冒険
    もし 文字がなかったら もっと いろんな 想像で思いが広がったようにも思えてきます。

    三日月さまと ピピの関係が どんなことをお話しているのかな?

    それにしても 色も鮮やかで
    イラストがおもしろい 言葉がない方が良いかも!そう思いながら読みました。

    投稿日:2010/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    さかなのピピが水槽を飛び出して冒険をするお話でした。
    乙武さんがお話をつけたと聞いて
    子供達に勧めたのですが
    つぎはどこに行くのか、どんなところに入っていくのか、
    と、興味は持ったようでした。
    いろんな世界を見て、やっぱり元のところがいいな〜と、
    思う気持ちもわかりますね。

    投稿日:2008/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん…

    乙武洋匡さんがベルギーでは文字のない絵本として出版されているものに、独自の文章をつけたという絵本です。
    私は正直、うーん…自分で考えたいな…と思いました。
    そもそも、文字のない絵本は「文字がなくても想像して楽しめる絵本」なのですから。
    とは言え、決して文章も独自性が強すぎるものでもなく、そういうものだと思ってみれば素敵な絵本だとは思います。

    投稿日:2007/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピピの冒険

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    ベルギーの文字のない絵本に「五体不満足」の乙武洋匡さんが文章を書きました。
    「いくつになってもドキドキする冒険をつづけていきたいなあ。」
    の作者コメントよろしく、軽快なおはなしが進んでいきます。
    もちろん、絵だけでも想像力をかき立てます。
    ちいさなさかなピピの動きがいいです。

    投稿日:2005/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット