ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

オーロラのひみつ」 みんなの声

オーロラのひみつ 作:マイケル・アルヴァールック・クスガック
絵:ヴラヤナ・クリコーカ
訳:まつうらひろゆき
出版社:新風舎
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784797450354
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,173
みんなの声 総数 2
「オーロラのひみつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 母と子の絆

    • チョビくんさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子5歳

     極北の民イヌイットの少女カタウヤックは、お母さんを病気で亡くしてしまいます。 お母さんが亡くなるまでの前半には、お母さんとカタウヤックの強い絆が描かれており、それゆえにお母さんを亡くしたカタウヤックの哀しみが切々と伝わってきます。いつまでもお母さんのことを忘れられずに嘆くカタウヤックに、祖母がイヌイットの民に伝わる「オーロラのひみつ」を語ります。

     読みながら、息子としんみりとした気持ちになりました。「生きる」ことについて、「親子の絆」について、考えさせられる本です。

    掲載日:2006/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 亡くなった人がサッカーしているようだよ

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    極北の民イヌイットに伝わるオーロラの言い伝え。
    イヌイットの少女カタウヤックは大好きなお母さんを病気で亡くします。
    嘆く彼女に祖母はオーロラの言い伝えを語るのです。
    「天国に上った人たちもサッカーをしているよ、
    ほら、ボールを追いかけて走り回っているのが、見えるだろ」
    なんと美しい言い伝えでしょう。
    何より、オーロラの動きをそんな風に感じ取る感性の素晴らしさ!

    前半の親子の光景は、日頃の子どもへの愛情不足を反省させられます。
    それだけに、夜空に輝くオーロラの美しさに深く感動させられます。

    そして、こんな極北の地でもサッカーは皆に愛されているのです。
    サッカー少年たちのいる我が家ではその意味でもポイントが高い絵本です。

    掲載日:2005/04/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / おしっこぼうや せんそうにおしっこをひっかけたぼうやのはなし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


幻の絵本「とのさまサンタ」の続編!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット