1歳のえほん百科 1歳のえほん百科 1歳のえほん百科の試し読みができます!
監修: 榊原洋一  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
シリーズ累計220万部の「年齢別えほん百科」を全面改訂版。1歳児の発育にぴったり!

おんぶはこりごり自信を持っておすすめしたい みんなの声

おんぶはこりごり 作・絵:アンソニー・ブラウン
訳:藤本 朝巳
出版社:平凡社
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年03月
ISBN:9784582832563
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,238
みんなの声 総数 35
「おんぶはこりごり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • シュールです

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    最初のページから、なにやらおもしろいことが始まるのだなあという予感がします。絵には立派にポーズをとるお父さんと息子たち。でもお母さんはいなくて、「お母さんはみんなのお世話をしています」という文。家族のなかでのお母さんの立場がこの一言でよくわかります。

    この絵本を読みながら、私は、この世のお母さんがこの絵本を読んで、共感するのか、ただおもしろいなあって思うだけのか、どちらが多いのかなあなんて、考えてしまいました。私はもちろんこの絵本のなかのお母さんに共感し、同情し、という立場でしたけどね!

    お母さんのお仕事って、こんなにたくさんあるのねえって、母親という仕事を客観的にながめてしまいました。がんばっているお母さんとぐうたらな家族。。。この対比があまりにはっきりしていて、お母さんを応援する立場としては、思わず、男衆たちに文句を言いたくなったりして。この本を子どもやお父さんが読むと、また感想が変わってくるのでしょうね。

    アンソニーブラウンの絵が最高におもしろい!話が展開するところからの絵の細工が、笑いのツボをしっかりおさえてくれています。話の状況としては、とても笑えないのだけど、ここまでやっちゃう?って言いたくなるほどの表現方法に感動。世のお母さんの味方をしてくれてるのかなって思ったりもしました。

    最後は、ママにも笑顔がこぼれて。読む側もほっとすることができて、よかったです。

    掲載日:2011/03/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 立ちあげれママさんたち!!

    全国の頑張るママさんたち!!


    黙ってこの本をリビングの机に置こう。
    疲れたとき、もう晩御飯もつくる気力がないとき、
    この本を置いておこう。


    ママさんは人間だ!!
    一日の時間は24時間しかない!!

    ママさんだって御姫様なのだ(*^_^*)

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • ユニーク!

    表紙の絵のインパクトで選びました!
    家のことをすべてお母さんにまかせっきりな家庭のストーリー。
    お父さんも子供みたいでどこの家庭にもありそうな光景で、その描きかたがうまいなと思いました。そしてあるとき、お母さんがいなくなるとお父さんも子供たちも豚になってしまいます。
    お母さんがいなくなって荒れ果てた家で最終的には本当の豚のようになってしまうとなんとも暗示的な描写です。
    それからは家族みんなが協力するようになっていてハッピーエンドで胸をなでおろしました。ユニークで面白い本でおすすめです。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるわかる

    私が借りてきた絵本です。このお話、共働きのお母さんならみんな納得のお話です。我が家は今のとこ専業主婦なのですが、こんな私でも気持ちがわかっちゃいました。

    忙しく働いてきて、家に帰れば家事をして。でも旦那や2人の息子からは「ごはんまだ?」など。そんな生活に嫌気がさしてお母さんが家を出ます。そうすると3人の生活はめちゃくちゃ。いなくなってわかるお母さんの大切さ。共働きで、家事も何もかも自分でやって、怒り気味のお母さん。家庭においておいたら家族が危機を感じてちょっとは動くようになるかも。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の絵 ママが パパと子供をおんぶしてる〜(ママだけがしんどそうな顔)
    ピゴットさんのおうちは 絵に描いたような しあわせなおうち(ハートマーク)

    当たり前のように 朝 パパや子供たちが「ママ、あさごはん、 まだー」
    いっぽう ままは 洗い物 洗濯 そうじと大忙しです ママの顔が 暗い・・・・(淋しそうです、 うまい描き方ですね アンソニー・ブラウンさん)

    パパは 確かに大変な仕事をしているのでしょうがね、 あら? パパの 陰がぶたに・・・
    とうとう ママは 家でしました。 みんなのお世話ばかりでいやになったのでしょうか  みんながブタになった
    「ぶたさんたちの おせわは もう こりごり!」ママはこんな置き手紙をして・・・・

    ここからが 大変 パパも子供たちも今まで何もしなかったから 家事が出来ません 
    家の中は もうぐちゃぐちゃ(ママのありがたさに気がついたかな?)

    ぶたの三にんが ひざまずいて謝っている姿が・・・ 反省の証拠かな
    ママが帰ってくれてここからが みんな 大変身!
    お皿を洗うパパ アイロンがけするパパ 子供たちも台所を手伝います
    ママの顔が 生き生き 「車の修理ができるのよ」
    やっぱり ママの笑顔が一番 これでこそ  しあわせなお家になりましたね!

    みんなで 楽しく過ごすには こんな家庭がいいのよ お手本のようですね
    さて みなさんの 家庭は こんなお手本のようにうまくいくかな?
    それは 皆さんの それぞれの 努力次第ですね!

    おんぶは こりごりの意味がわかりました。

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  •  アンソニー・ブラウンさんの画力とユーモアのセンスに傾倒している私ですが、この作品は世の家事に押しつぶされそうな方たちにお薦めしたい作品です。

     「シェイプ・ゲーム」のパロディ化されたシニカルな笑いを誘う作品と同様、この作品もブラウンさんの遊び心満載です。

     表紙絵からも想像できますが、口を開け、ソファーから動きもせず、ただひたすらママの甲斐甲斐しいお世話を受けるパパと息子たち。
     その姿は、そうまさに原題どおり、ブタですね(笑)。

     暗めの色調で、小さなコマ割りで描かれたママの家事の様子と、照明が眩しいくらいのリビングでのパパと息子たちのグタ〜〜〜ッとした様子のコントラストに苦笑い。

     ついにママが、“ぶたさんたちの おせわは もう こりごり”と家出。

     さ〜〜〜、この後は皆さんも想像がつきますよね(笑)。
     読んでのお楽しみという事で。

     あとがきのタイトル(原題)の洒落についてを読み、な〜るほど。
     さらに、パパの影、何気なく飾られてある名画のパロディ化、ママが出て行った後の壁紙やソファーの模様、台所の水道の蛇口、電話機、外の狼の影、などなど、数えが上げたら切りの無いユーモアたっぷりに出現するブタ・ブタ・ブタ・・・。

     家事を一人で背負っている大人の方(お母さんが多いのかな?)たちへ
     読んで笑って、日ごろの憂さを吹き飛ばしましょう。

     そうそう、我が家も少々家事に関する業務分担の再確認をしましょうかね(笑)。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな絵本、初めて読みました(笑)子供も確かに読み聞かせ対象になるけどむしろパパにぜひ読み聞かせたいと思って、パパの居る日に読み聞かせしました。

    タイトルからは、普通に子供をおんぶして腰でもいためてこりごりって言っているのかなと思ったらぜんぜん違う!

    ママはいつもお世話ばかりでお礼も言われない。「ごはんまだー。」というパパの姿がサイズの大きな子どものよう!ある日みんなが帰ってくると「もうブタの世話はこりごり」と置手紙をしてママがいない。そしてみんながママ業の大変さを知る。

    ラストが良かった。

    これは、家事を手伝わせたいときに読んだほうがいいですね。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは困った

    この絵本を読んで、正直困ってしまったのです。
    自分と息子がブタに思えてきたのです。
    ここまでひどくはないぞと思いつつ、嫁さんの冷たい視線をどこかに感じてしまったのです。
    そうです。我が家も嫁さんにおんぶ状態。
    とても辛い絵本でした。
    そんな絵本を男であるアンソニー・ブラウンが書いている。
    これって父親につらくはありませんか。

    それにしてもブタになってしまった父子。
    途中の絵も見事。影がブタになっていたり、部屋に飾られた絵も意味深長。
    つらい絵本とは思いつつ、ブラウンマジックに余韻が残る絵本でした。

    掲載日:2010/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おんぶ」とは深い

    「私は家政婦じゃない!!」というママたちの言葉がそのまま絵本になったような作品です。
    娘は、そういう深いところより、
    絵の中のブタ探しに夢中で、なによりその部分が気に入っているようです。

    ずっと表情のないママが反乱を起こし、
    家族が改心するころ、とてもいい表情で帰ってきます。
    最後、ママが車を修理するシーンにも、
    ナンバープレートに遊び心が・・・。

    家族のお世話を「おんぶ」と表現した訳者のセンスも抜群!!
    (英語的にもかかっているようです)
    探せば探すほどおもしろく、味わい深い作品です。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママの溜飲が下がる本

    何気なく借りてきた本なのですが、「ママの溜飲が下がる本」なのではないでしょうか。

    毎日の家事、家族は誰も手伝ってくれない。お母さんの疲れきった表情は、自分を見るようなんて思うのでは。

    私も、二度ほど家出したことがあります。といってもすぐに帰ってきましたが…。突然、何もかも放り出していなくなりたい心境になったこともあります。

    うちの夫は育児にも協力的で、人並み以上の夫ではあると思ってはいるのですが、それでも話していてもわかり合えないな、気持ちをわかってもらっている気持ちにならないということがあります。

    お母さんなら、こんな気持ち誰でも抱えているものなのではないでしょうか。
    お父さんや子どもたちへは警告的であり、お母さんには共感できて、家族で読みたいというのか、お母さんサイドから言うと読ませたいという本であると思います。

    掲載日:2009/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / ノンタンぶらんこのせて / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


0歳から遊べる♪初めてのブロック遊びにぴったりのセット

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット