ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

わたしがあかちゃんだったとき」 みんなの声

わたしがあかちゃんだったとき 作・絵:キャスリーン・アンホールト
訳:角野 栄子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1990年11月11日
ISBN:9784579403042
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,049
みんなの声 総数 30
「わたしがあかちゃんだったとき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 思い出すなぁ

    赤ちゃんを病院から家に初めて連れて帰ってきた日のこと、ミルクを飲ませ、ベビーカーでお散歩した頃のこと、食べ散らかし、ハイハイでどこまでも行ってしまうのを後ろから追いかけていた事。まだほんの数年前の事なのに、読みながら懐かしく思い出しました。
    子供は自分が愛されて育った事を実感し、親は過ぎ去ってしまった忙しくも貴重な日々を思い出す、そんな絵本です。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分の成長を実感できる絵本

    3歳になったばかりの息子に読んでやりました。

    女の子がお母さんに自分の赤ちゃんだった頃のことを尋ね、お母さんが分かりやすく説明してくれるのですが、絵が常に左右で現在と赤ちゃんの時との対比になっています。わずか3年でどれほど成長したのか、よく分かります。

    親もしみじみしてしまいますが、子供も自分が大きくなったことを実感できるようで、息子も、自分についてはどうだったのか読みながら何度も尋ねてきました。結局アルバムを取り出して同じように話して聞かせることになりました。自分が大きくなったことを確認したい年頃の子には嬉しい絵本だと思います。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • キャスリン・アンホールトさん

    キャサリン・アンホールトさんの作品を以前にも読んだ事があり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。お母さんが主人公に説明する姿が愛情に満ちていて素敵だなと思いました。一つ一つの日常が思い出に変わる時、人は成長したと感じるものなのだと再確認出来る絵本でした。細々な事も記憶を呼び起こせるように記録しておく事はとても大切だと感じられる絵本でした。お父さんが積極的に育児に参加している様子がかっこ良かったです。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 懐かしく、愛にあふれる思い出

    3歳をすぎて、自分よりも小さい存在=赤ちゃん にやさしくできるようになってきた息子と一緒に読みました。

    まさに息子が赤ちゃんだったときのことを思い出させてくれる本でした。
    赤ちゃん時代は親も無我夢中で、あっという間に過ぎてしまったために、子どもに話して聞かせたくても、覚えていないことが多かったのですが、こうして絵本にして紹介してもらって、はっきりとした記憶がよみがえりました。

    生まれたときからこんなに愛されていたんだよ・・と小さな子どもに伝えることができる絵本です。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思い出

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    3歳の女の子が自分が赤ちゃんだった時の話を親から聞きます。
    現在の姿と赤ちゃんだった時(写真という設定)の姿が見開きで各々描かれていて、余計にああ成長したなーと思うものでした。
    娘にも「おまえが赤ちゃんだった時、こんな感じだったよ」と言いながら読みました。
    うちの娘の場合は自分が赤ちゃんだった時の姿は妹がいるのでわりとこんなものかなと思っていたのかもしれません。「○○(妹)もこんなだった」となんだかおねえさんっぽい発言をしていました。

    掲載日:2015/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子の小さい頃を思い出します

    ママと娘が赤ちゃんだった頃のお話をする和やかなお話です。

    この絵本を最初に読んだ時は、「私はどうだった?」「私は?」といちいち自分の赤ちゃんの頃を聞いてきましたが、何度目かからは「私はこうだったんだよねー!」と言うようになり、なかなかお話が前に進みません^^; 私も娘の赤ちゃんの頃を思い出して懐かしい気持ちになります。

    同作者の「あなたってほんとにしあわせね」と共通するものがありますが、娘が自分が望まれて生まれてきたこと、愛されて育っていることを感じてくれる絵本だと思います。

    掲載日:2013/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたしも?

    • たかまなさん
    • 30代
    • ママ
    • 岩手県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    ちょうど娘が3歳になるころに買った本です。自分の姿と重なるようで、何度も「読んで!!」とリクエストです。
    娘を大事にする気持ちを改めて感じさせられる一冊です。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘に読みました。「私がちいさかったときね」って2歳でまだ小さいながら自分の赤ちゃん時代の話を一生懸命説明してくれる娘へ読みましたら、とても気に入ってくれました!私としては、「あー娘はこんなだったんだなぁ」と感慨深い気持ちになりました。ちょっと大きく成長したお子さんへ読んであげたらきっと喜ぶだろう本です。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん時代

    アルバムを眺めながら、
    自分の赤ちゃん時代のことを教えてもらいます。
    絵本の主人公は、3歳。
    まさにそれくらいの子どもにお勧めできます。
    ほんの数年前のことなのに、
    子どもにとっては、「赤ちゃんだったとき」ってまったく別物。
    記憶も当然ないんですし。
    いろんな人から大事にされているって、再確認できる絵本。

    掲載日:2011/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでも赤ちゃん

    抱っこして牛乳を飲ませたり、抱っこしてお風呂に入れたりといつまでも赤ちゃんの孫がとても可愛いです。成長してないわけではないですが、ゆっくり、ゆっくりと日々成長する孫に毎日喜ぶを貰っています。
    日々たくさんの感動を貰っている私はとても幸せで感謝しています。「私があかちゃんだったとき」は、読む度に感激してしまいます。孫もきっとこの絵本の主人公のように、いろいろと質問してくれたときに答えてあげようと愉しみにしてます。絵が可愛くてとても見ているだけでも幸せな気持ちになれます。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット