おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

つぎのかたどうぞ」 みんなの声

つぎのかたどうぞ 作・絵:飯野 和好
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年07月
ISBN:9784097264477
評価スコア 3.8
評価ランキング 29,112
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 私の町にも来てほしい

     「あさたろうの」のこてこてワールド以上の、こってこてなお話です。
     表紙の3人(3個?)を見ているだけで、笑ってしまいます。

     劇団のオーデションに来るのも、おかしなものばかり。
     私は、審査員たちのまったりした会話がおもしろかったです。子どもは、幕をもつ黒子が気にいっていました。

     「まくわうりのもんたときくよ」のくだりは、これだけで一冊の絵本ができそうな感じです。ベタな感じが、ぴったりあっていました。
     この一座、私の町にも来てほしいです。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • いろんなんが続々とでてきます。

    こんな一座があったらぜひとも見てみたいー!
    なんとも強烈なキャラクターたちが次から次へと出てきます。
    うちの子どもの一番のお気に入りは黒胡椒さん。
    座員募集のオーディション、最後には一座のお芝居。と話を理解しているかはどうかはわかりませんが、子どももこの絵本おもしろい、とお気に入りです。

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • キャラが濃いな〜

    表紙絵から、キャラが濃いな〜って思いながら開きました。

    そうですか、「はたけまこううんさい一座」の座員募集のオーディションですか。

    審査員の名前に笑い、オーディションにやってきた面々のキャラと特技に大爆笑!

    よくこんなキャラを思いつくものです。

    座員募集の原因となったカップルも応募して、結局座長さんに許されて、全員合格にも大笑い。

    「ねずみこぞう ながやのうたまつり」なかなか良い出来栄えの劇でした。
    新人さんたちの活躍にも驚きました。

    掲載日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • まぁ!!

    「はたけやこううんさい旅一座」のオーディションのお話です。
    表紙のお三方も独特で実に個性たっぷりですが,オーディションを受けにいらしたみなさんもまぁ!不気味(笑)いやいや素敵!
    子供はこのイラストやキャラに好き好きがあるかも〜でも大人目線では面白い絵本でした!

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • いまいち理解に苦しいお話でしたが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    絵も文も飯野先生が一人で手掛けられているというのが凄いですね。活字が一箇所も登場しないのも凄いですし、オーディションを受けに来た人を全員採用しちゃうっていうのも凄い。そして、そのオーディションを受けに来た人が全員お芝居の舞台に登場しているのも凄い。そして皆キャラが濃い。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • オーディション

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    旅の一座のオーディションをするお話。
    審査員もうけるメンバーも個性的だと思いました。絵も個性的な感じです。
    わりと長めのお話でした。
    オチがええっそういうオチなのと少し残念でした。
    好みの問題でしょうが私は違う展開を期待していました。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャラクターが個性的です

    キャラクターが個性的で、
    オーディションでそれぞれの特技を披露する場面は
    それぞれにとても面白かったです。
    特に和太鼓はツボに入ってしまい、思わず吹き出しました!

    ただ、「お芝居」が分かる年齢の子でないと、
    内容に関してはちょっとピンと来ないかもしれません。

    そして、「もんた」と「きくよ」は
    どうして一座を離れることになっちゃったのかなあ・・・
    なんて考えていたら、思った以上にリアリティがある理由でした!
    劇団内で本当にありそう、こんなこと・・・!

    もしかすると、大人の方が楽しめる絵本かもしれません。

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三味線が聞こえてきそうな

    「あさたろう」シリーズで、こちらの作家さんを知っていました。
    この、独特の雰囲気は、すぐにわかりますね。
    子供なんかは、「あさたろうの、続きがでたの?」なんて言いました。
    期待とは
    違って別のお話なのですが、人情たっぷりの面白いお話でしたね。
    三味線が、聞こえてきそうです。

    掲載日:2013/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと・・・

    ちょっと、オススメできません。
    新しい役者さんの審査をしているお話で、最後にみんなで演じているのですが、おもしろくないです。
    子供も『この本、わからない・・・おもしろくない』と言っていました。
    絵がおもしろくて選んだんですが、ちょっと失敗です。

    掲載日:2012/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言い回しはわからなくても面白い♪

    5歳の息子は、飯野さんの絵本たちが大好き♪
    「見つけた〜」とこの本を持ってきました。

    何がなんだかわからないモノ(人?)が、次々登場。
    息子は大喜び♪
    読んであげていた夫は(まじめで堅物なので、ついていけず)
    読みにくい・・・と漏らしていました。

    座長=社長と勘違いしていたようですが、関係なく楽しめました。
    昔の言葉で、芝居がかった言い回しなので、
    全部を理解するのは難しいと思いますが、絵が十分に補ってくれます。

    最近では珍しく、数日間、毎日「コレ読んで!」と言われました。
    夫もノリノリで「ざちょぉ〜」と魂を込めた読み聞かせをしています。

    とっても面白いので、ぜひ読んでいただきたいです。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット