だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おじいちゃんのふね」 みんなの声

おじいちゃんのふね 作・絵:ひがし ちから
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年07月
ISBN:9784893095244
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「台風」で壊れた船

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    表紙絵の船に乗っているシーンは開放感があって、とっても素敵です。
    「おじいちゃんの壊れた船を治してあげたい」
    と、孫の少年が奮闘するお話でした。
    おじいちゃん思いの孫の気持ちがよく伝わってきました。

    1ページ1ページの文章は短めで、文字も大きめではっきりとした字で書かれていましたが、
    海辺など、船を身近で見ることができる生活圏のいる子どもたちでないと、少々想像しにくい内容じゃないかな?と、感じました。

    この話では「台風」で船が壊れたことになっていましたが、
    発表された年を見ると、あの東北の大震災で壊れた船から、このお話を考えられたのではないかなと思いました。
    私自身の読んだ感触では、小学校4年生以上のお子さんたちにお薦めしたいです。

    掲載日:2012/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • おじいちゃんのふね「だいすけごう」に乗るのがすきなかんた。ある日、船が壊れ、おじいちゃんのためにかんたくんが修理できる人を探しに行きます。上手く修理できて、船をトラックにのせ、おじいちゃんちに行くかんた。

    船は「だいすけとかんたごう」になります。

    船で季節を楽しんだり、修理をする心意気を学べるかなと思います。全体に家族愛があってなかなか良いです。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • だいすけとかんたごう

    園で出会ったかんたくんのことが、気になった孫です。かんたくんのお父さんとお母さんは、音楽で結ばれているから身体の不自由なかんたくんも音楽の感性が素晴らしいと思いました。かんたくんは、おじいちゃんと「だいすけごう」と結ばれてとても強い絆で結ばれているし、船を修理した後の名前も「だいすけとかんたごう」になり、思いがいっぱい詰まっているし優しいし、お互いの思いやり、深い愛情が感じられて羨ましく思いました。

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット