語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちごの試し読みができます!
文・絵: こが ようこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
絵本での語りかけの様子がわかる動画も見られます!

りんごのおくりもの」 みんなの声

りんごのおくりもの 作:李錦玉
絵:朴民宜
本体価格:\0+税
発行日:1987年
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,187
みんなの声 総数 1
「りんごのおくりもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 朝鮮の古い民話です

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    美しい娘、プニィを嫁にしたい三人の男がいました。
    一人は地主、一人は大金持ち、もう一人は何もないお百姓です。

    プニィは三人に、一ヶ月の間に一番素晴らしい贈り物をした男と
    結婚するといいます。

    地主と大金持ちはお金をたくさん使い、
    素晴らしいものを手にいれますが、
    お百姓の青年だけは何もこれといったものを手にいれることが
    できず・・・
    りんごの木になっていたりんごをひとつもいで、
    プニィへのプレゼントにします。
    ところが、このりんごがプニィの命を救うことになり、
    プニィは結婚相手に青年を選びます。

    途中まではかぐや姫のような展開でしたが、
    最後は貧しい青年と結ばれるという結末です。

    日本の民話の場合、地主や大金持ちはいじわるなキャラなのですが、
    このお話では、地主と大金持ちがプニィに、
    青年のりんごが命を救ったことを告げます。
    この正直さに感動しました。
    この二人が真実を告げなければ、
    プニィは青年を選んでなかったかもしれません。

    絵からも朝鮮文化を少しうかがい知ることができ、
    韓流ブームのこのご時勢、
    歌やドラマばかりでなく、
    絵本で子供と一緒に古きよき朝鮮文化を知るのも
    またいいものだと感じました。

    掲載日:2011/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット