まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

やまんばあかちゃん」 みんなの声

やまんばあかちゃん 作:富安 陽子
絵:大島 妙子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年07月
ISBN:9784652040973
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,023
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 続きの話を期待しちゃう!

    なんてパワフルな赤ちゃんが誕生したんでしょうか!!

    森の動物たちが順番にやまんばあかちゃんの里親になり自分たちの得意技を教えるんですが…

    とっしんドーン!・ゆさゆさビューン!ヒューバシャンパクリ!この言葉を聞いて久々に息子がゲラゲラ笑い絵本を夢中に見ていました。

    寒くてきびしい冬がきてクマのかあさんたちと春までお休みするやまんばあかちゃん!

    春になったらあのパワーいったいどうなってるのかな?
    もっと成長したやまんばあかちゃんも見てみたいな。
    息子と一緒に続きのお話しはどんのかな?って考えながらワクワクしています。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • こうやって生まれたんだ!!!

    やまんばあさんの児童書にはまっている
    小3と小1の息子達と読みました。
    やまんばあさんの赤ちゃん時代って
    どうだったんだろう。。。
    と思いながら読みました。
    やっぱりやまんばあさんは赤ちゃんでもすごかった!
    沢山の動物達の愛情に包まれて
    大きくなっていくやまんばあさん。
    面白かったです。
    うちの子達は児童書の面白さにはまっているので
    ちょっと物足りなかったかな。ってことで
    ☆4つにしました。
    絵本なので小さい子にも読みやすいと思います。

    掲載日:2011/10/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大島妙子さんの絵に惹かれて

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子2歳

    「わらっちゃった」を読んで、大島妙子さんの絵本が気になり始め、こちらの絵本も見つけました。
    富安陽子さんのお話もとても素敵。
    動物がたくさん出てきて、次々に動物たちの技を習っていくスーパーベビー、やまんばあかちゃん。動物たちの得意技がたくさん出てきて、それがまた楽しい。
    私が大好きなのは一番最後。こぐまと一緒に並んで眠るやまんばあかちゃんのいい表情。
    冬眠まで習うなんて。やまんばあかちゃん、本当にスーパーベビーだ。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 児童書にも興味を

    小学校3年生の長女が、好きで読んでいる児童書『やまんばあさん』のシリーズ。このシリーズの絵本版があると知って、読みたいと思っていました。あのやまんばあさんの誕生秘話です。やっぱり生まれた時からパワフルだったんだぁ。
    6歳の次女にこの絵本を読んでいる隣で、長女がちょうど「やまんばあさんの大運動会」という本を読んでゲラゲラわらっていました。この絵本を読んでやまんばあさんのことが気になり出したようです。あと2、3年したら、次女も児童書の方のやまんばあさんのシリーズを読むようになるのかなぁ。なってくれるといいなぁと思います。

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育て

    大島妙子さんの絵がとても温かいです。表紙のやまんばあかちゃんの絵からして愛情が伝わってきます。やまんばあかちゃんが、右手に蛇、左手に蛙、口には魚を加えて、大イノシシの頭に乗って大イノシシもたじたじのようです。頭をちょんまげにして髪を結っているのがとても可愛かったです。岩がまっぷたつに割れて中からちっちゃな可愛いやまんばのあかちゃん、「ホンギャラ ギャー」と、迫力のある凄い生い立ちにびっくりです。大イノシシは、103回もやまんばあかちゃんを空に放り上げてお疲れ様でした。森の動物たちで、やまんばあかちゃんの子育てをして大切に大切に愛されて育ったんだと思いました。自分たちで出来る限りの愛情を惜しまなく育てていることを見習いたいと思いました。

    掲載日:2013/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが、やまんば赤ちゃんは、富士山の噴火の中から飛び出た岩から生まれたなんて びっくり! 山の動物たちの驚きようは すごい!
    しかも 大イノシシも びっくり、 103回も きばで空にとばしてもらって ニコニコ顔のやまんばちゃん
    思わず 笑みがこぼれます。
    さてここからが おもしろい 森で一番賢い フクロウのおばあさん
    「富士のお山のおくりものじゃ たいせつに そだてねば」
    すごい!
    里親一番の大イノシシ とっしん、ドーン
    やまんばちゃんのえがおもかわいいが やまんばのすごいわけが分かります
    なにしろ 里親たちが 心を込めて教えるんですから  子育てがこんなに 大胆だったら やまんばちゃんのように、スーパー力がつけばたのしいな〜
    富安さんの やまんばちゃんに対する愛と夢が感じられて すごく楽しい絵本です
    そして 大島妙子さんのやまんばちゃんの成長の姿が 生き生きしていてすばらしい!
    クマのお母さんの腕の中で春まで うんと楽しい夢を見ている やまんばちゃんの 幸せそうな 安心しきった顔 最高ですね!
    こんなに 愛情いっぱいに育てられた やまんばちゃんがすごい力を持っているわけが分かりました
    (文字がちょっと読みにくい場面があって・・・苦労しました)

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • スーパーな秘密

    上の子には児童書で「やまんばあさん」シリーズを読ませたことがあったのですが、下の子が一人で読むにはページ数が多くてまだまだハードルが高いなぁとあきらめていました。
    でもこの「やまんばあかちゃん」は「やまんばあさん」シリーズ初の絵本!
    しかも、あのやまんばあさんの生まれた時の話と聞いて、早速下の子と一緒に読んでみました。

    火山が噴火して、飛ばされた岩の中から生まれたやまんばちゃん。
    生まれた時から、普通の赤ん坊とは何もかもが違います。
    山の動物達は交代でやまんばちゃんを育てることになりますが…。
    やまんばあさんのパワフルさの秘密が赤ん坊の頃の生い立ちにあったとは…納得です。それから、動物達と仲良しな訳も。

    「やまんばあさん」シリーズを読んだことがないお子さんでも楽しめる一冊です。
    気に入ったら、ぜひ児童書の方も手に取ってみてくださいね。
    今後「やまんばあさん」シリーズが他にも絵本になったら、小さい子にも読みやすくていいのにな。

    掲載日:2012/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長かった・・・

    このお話は少し長めでした。山姥って題名に書いてあるので、もう少しお化けっぽいって言うか、怖い感じの絵本だと思っていたのですが・・・。思ったのと違う感じで少し残念がっていました。でも、山姥の赤ちゃんはすごい動きなので子供は笑っていました!!

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『やまんばあちゃん』のあかちゃん時代

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    『やまんばあさん』シリーズの絵本版!しかも、どうやらやまんばあさん″のあかちゃん時代のお話のようです。

    絵は児童書のシリーズ同様、大島妙子さんです。
    富安さんの「やまんば」って、山の中から生まれてくるんだぁ。そういうイメージだったんだぁ。ってわかったことがこの作品を読んで一番面白かったです。

    児童書の方は、もう白髪のおばあちゃんになったやまんばあちゃん″しか出てこないので、いっそ白髪になるまでの幼少時代や少女時代、中年期なども絵本でシリーズ化してくれたらいいなぁと思いました。

    山の動物たちが最初は困惑しているものの、どんどんやまんばちゃん″の魅力に惹かれて(?)大事に仲間として育てていってくれる姿がよかったです。

    一番お薦めしたいのは、児童書のシリーズを知っている子どもたち。ですが、逆もあり!
    この絵本を読んで、やまんばちゃん″に興味を持ったら、児童書の『やまんばあちゃん・シリーズ』を読んでみるのもオツかもしれません。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • やまんばあちゃん読んで大笑いしよう=

    やまんばあちゃんは 怪力の山姥。
    木のうろに住んでいて
    山の動物たちに 若干恐れられながらも
    仲良くくらしている。
    ただ ちょっと…いや随分…いえいえかなりの怪力で
    その上 とってもポジティブ。
    負けず嫌いの 脳天気。
    だから ついつい我が身を思い出して苦笑してしまう。
    そうよなぁ〜こんな風に言いたいよなぁ〜
    こんな事言えたら もっと人付き合い楽になるよなぁ〜
    そうこどもも大人も思えるスーパーやまんば。

    そのやまんばあちゃんは 始めからばあちゃんだった訳ではなく
    やっぱりしっかり 赤ちゃんだった!
    そんなこと考えもしなかった私も悪いけれど
    そこに気づいた富安さんはすごい!
    そんでもって なんと…ばあちゃん石から生まれてた!
    え〜〜〜〜
    孫悟空の仲間〜〜〜?????

    赤ちゃんでも やっぱり普通の山姥じゃなかった。
    この作品を読まれる前には
    やまんばあちゃんシリーズを必ず読まれることをお薦めします。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット