十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

こんにちは わたし」 みんなの声

こんにちは わたし 作:小長谷 清実
絵:堀川 理万子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2005年04月
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,369
みんなの声 総数 11
「こんにちは わたし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 楽しい発見!

    ちいさなかがくのともシリーズは、忘れていた
    幼少時代を思い出させてくれる、とても素晴らしい
    絵本がたくさんあります!
    いろんなところにうつる自分を発見するのって、
    たしかに楽しかった思い出を、思い出させてくれました。
    スプーンをのぞきこむと、さかさの自分が写っている。
    そんなことを発見した時の、驚きや喜びを、娘にも
    体験してほしいなと思いました。
    とてもよい絵本でした!!

    掲載日:2012/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルだけど素晴らしい

    子供って自分を見ることって少ないと思います。
    自分の顔や仕草、動き。
    鏡を見るとすごく喜びます。
    そして、鏡だけでなく日常に自分がもう一人いるって
    とてもわくわくしますよね。
    曲がったり伸びたり、でもぜんぶ自分!

    身近な科学です!
    どうしてこうやって写るんだろうって疑問をもちます。
    そしたら大きくなって一緒に勉強するといいかも。
    それが大切ですよね。

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんなところにいる?わたし

    • Naoはるいちごさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子17歳、男の子13歳、女の子9歳、男の子7歳

    湯気の出ているおつゆや、ぴかぴかのやかん、スプーンのなかなど、あちこちに映っている「わたし」をさがしていくお話です。文は少なくて、子供が確か年中さんの時、幼稚園でもらいました。

    絵はのんび〜りした感じです。

    読んだあとに「ママの目の中に○○ちゃんが、見える?」「○○ちゃんの目の中にママがいる!」と見つめあいました。

    掲載日:2011/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    2歳の孫へ読んでやりました。普段からいろんなところに映る自分の姿を楽しんでいた孫はこの本もとても楽しそうに読んでました。逆さまに映っているのは「はんたい〜」と言ったりしていました。かがくって面白いですね。こうしていろんな事に触れて疑問に思って興味の幅を広げてくれればなと思いました。「かがくのとも」には良い本が沢山あって嬉しいです。

    掲載日:2010/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの自分

    いろいろと応用できる面白い趣向だと思いました。
    早速やかんを持ってきて覗き込みましたが、生憎うちのものは顔が映らずガッカリ。
    でもステンレスの鍋なら映ることに気付き見せると大喜び!
    そしてスプーンを渡すとさかさまに映る自分に納得がいかないらしく
    スプーン本体をさかさまにしていたので笑ってしまいました。
    いろいろなところで、たくさんの自分を見つけて遊んでほしいなと思いました。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    ”ちいさなかがくのとも”シリーズが好きなのでこの絵本を選びました。主人公の女の子が色々な物に映る自分の姿をしっかりと観察している所が良いと思いました。女の子を通して疑似体験が出るのも素敵だと思いました。この絵本を読むと実際にはどんなんだろう?という疑問が湧き好奇心を満たすために行動してみたくなるのが良いと思いました。想像力を掻き立ててくれる絵本です。

    掲載日:2009/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私発見!

    孫を抱っこしていると、車にうつる「私」にいつも喜んでいます。
    ミラーだったり、車のガラスだったり、自分の顔がうつるのを楽しむようになりました。いろんな場所で自分に出会え嬉しそうです。
    そうなんだ!「こんにちは わたし」ぴったりな言葉だと思いました。
    やかんの顔の女の子が変化していくのが面白かったです。
    身近で出来る遊びなので、孫と一緒に楽しみました。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いと感じる”芽”

    ”わたし”がいろいろなものに映った”わたし”に出会います。
    うちの子も、窓に映った自分を見るのが大好き。
    ちょっと、ナルシストなところもあるのですが・・・

    この本、鏡以外のいろんなものに映るのですが、長細かったり、水面だったり、曲面だったり・・・子供の、目線で「不思議」なことを発見しているところが面白いと思いました。
    淡々と、お話が進んでいくのも好きです。

    「ちいさなかがくのとも」の本ですが、まさに、科学の”芽”です。
    「なんでこうなるのか」ということも、大切なんでしょうが、なんとなく「面白い」ということを体感していくことに対しての子供のアンテナは抜群ですよね。
    この本を読んで、いろんなものに映る、いろんな形の自分を「面白い」と感じてくれる事と思います。

    掲載日:2006/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • まねして遊んでいます

    • YMK3さん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子4歳、女の子0歳

    顔は鏡に映るものとしか考えていませんでしたが、子供にとってはやかんに写ったり、スプーンに写ったりするととても新鮮で楽しいようです。
    写るところによって形が変わるのもいいみたいです

    お気に入りはお母さんの目の中に写った自分で「めめの中に
    わたしがいるよ!」と喜んでいます
    (こどもがじいっと見つめてくるのでちょっとはずかしいけどしあわせになります)

    掲載日:2006/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な遊びが増えました。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、男の子5歳

    いろいろなものに映る自分をみつけて、「こんにちは」という絵本です。

    これを読んでから、自分の姿が何かに映っていると、必ず教えてくれます。
    しばらく読んでいなくても、思い出したように、スプーンに映る自分を見つけ、
    「ほら!逆さまの僕だよ!」と教えてくれました。
    そして、また、絵本を出してきて・・・。

    身近な遊びがひとつ、増えました。

    掲載日:2006/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / ねないこ だれだ / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット