雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

チンチンでんしゃのはしるまち」 みんなの声

チンチンでんしゃのはしるまち 作・絵:横溝 英一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2002年3月15日
ISBN:9784834018189
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,400
みんなの声 総数 24
「チンチンでんしゃのはしるまち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ポイント切り替えの方法がおもしろい。

    リニアモーターカーが時速600キロで走ったりする時代ですが、
    この本を読むと、チンチン電車はなんとも風情があって、
    昭和の時代にタイムスリップしたような気分になりました。
    この絵本でも運転士さんの奥さんが、途中の駅にお弁当を届けたりしていますが、時速600キロではそうはいかないでしょうね。
    この本を読む限り、バスや電車よりも利便性がよさそうに思えました。

    息子はまだチンチン電車に乗ったことはないけれど、
    この絵本でチンチン電車に興味をもち、
    「乗りたい」と言いだしました。
    その知的好奇心を満足させてやりたいけれど、近くにチンチン電車は走っていません。
    チンチン電車は、日本全国21路線あるそうです。(2013年時点で)
    ちょっと足を伸ばせば見られる機会はいくらでもあります。
    頑張ろう。私。

    絵本で、電車の仕組みを知るのが好きな息子、
    この絵本では、線路のポイント切り替えの方法が出ていましたが、
    やはりここに一番食いついていました。
    ポイント切り替えは、びっくりするほどアナログで、とても興味深いものでした。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアルな絵

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    チンチンでんしゃはろめんでんしゃのこと。私もあまり使わないことばだなーと思いました。娘も初めて聞いたのではないかな?ろめんでんしゃってあまり見かけません。
    この絵本ではみんなと共にあるチンチンでんしゃの様子がよくわかります。
    リアルな絵ですし、でんしゃ好きな子が喜びそうですね。

    掲載日:2015/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 福岡にははしってないけど

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳、女の子1歳

    長崎に行った時に購入しました。
    購入時、3才でしたが、6才になった今でも時々読みます。
    小学校で絵本を読む活動をしていますが、1年生に読んだことがあります。
    ぼく、乗ったことある!とか、知ってる!とか、福岡では路面電車ははしってないけど、興味津々で聞いてくれました。

    ちんちん電車のことや、町のこと、町の人のことが詳しく、温かく描かれていて、私も子どもたちも好きな絵本です。

    掲載日:2015/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昭和の風景

    身近なところでチンチン電車を見ることがありません。
    車と電車が至近距離で走るというのがすごいことに思えるのですが、
    日常的にそのような生活をされている地域も多いのでしょうね。
    長崎が舞台ということですが、まわりのちょっと昭和風の風景も
    チンチン電車によく似合って素敵だなと思いました。
    今住んでいるところでも移動は車ばかりですので、
    子供たちを電車に乗せてあげたいなと思いました。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 横溝さんの絵本はこれで2冊目です。
    最近、ほかの絵本で出てくる路面電車に息子が興味を持ち始めたので。

    正確なきっちりした電車や街の絵だけれども、
    風情のある風景となっているのが、ステキです。

    また、電車が左右に曲がるときどういう仕組みになっているのか(ポイントやパンタグラフについて)、
    坂をのぼるときの、砂をまく仕掛けのある電車について、など、
    仕組みについても図解してあり、とても丁寧です。
    息子はそのような部分に惹かれるようです。

    2歳半前児には長いかなと心配していた文章も、息子はそれなりに聞いてくれました。

    読んだ後、都電荒川線に息子と乗りたくなりました。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長崎の風景

    長崎の名物の1つでもあるチンチン電車のことを詳しく説明している、電車好きにはたまらない一冊ではないでしょうか。
    市民にとっては「ここはそこだ!」と知っている風景は絵本に入り込みやすいものになっています。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗りたくなったようです

    乗り物の大好きな孫は、チンチン電車に乗りたくなったようです。

    でも絵本に魅入ってましたから、絵本だけでもとても楽しめたようです

    長崎を旅行したことはあるのですが、いつもツアーなのでまだ乗ったこ

    とがない私です。いつか孫と一緒に行けたらいいなあって思っています

    掲載日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗り物好きにおすすめ

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    車社会で、電車を利用することが滅多にない我が家は、チンチン電車を見たこともなければ、乗ったことももちろんありません。なので、この本に登場するチンチン電車に興味深々でした。丁寧に描かれたチンチン電車の様子から、どんな乗り物であるかが良くわかりました。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好きに!

    旅行で行った松山で初めてチンチン電車に乗った息子です。
    チンチン電車に乗るよ〜と夫が言うと、
    「え〜〜??おちんちん〜〜!!!???」と
    男の子ならではの反応で大騒ぎでした。

    この絵本は少し字数が多い気がしますが
    チンチン電車のことが詳しく描かれています。
    車内のアナウンスや運転手さんのお仕事、走る線路のこと、、
    息子はパンタグラフになぜかはまり、
    その後図鑑でほかの列車(新幹線や地下鉄)の
    パンタグラフを調べることになりました。
    電車好きの子供さんなら、なにか新しい発見ができる1冊かも。

    欲を言えば、ポイント(線路)の切り替えのところが
    分かりにくかったのが残念!!
    絵で説明するのは確かに難しいところですね。
    プラレールがあるお家だと実際に再現してあげても子供が喜びそうです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    線路ではなく道路の中を

    走る電車に驚いてました。

    確かにこういうのをみたことがなかったので

    新鮮だったようです。

    また新しく乗り物を覚えることが出来ました。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット