雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ゆうたはともだち」 みんなの声

ゆうたはともだち 作・絵:きたやまようこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1988年10月
ISBN:9784251000859
評価スコア 4.49
評価ランキング 7,017
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 読みやすい

    テンポよく読めますので、とても楽しいです。
    文字も大きめで、文も絵もシンプルでわかりやすい。そしてユーモアたっぷりです。

    全然違う1人と1匹だけど、とっても仲良し!素敵だと思います。
    シリーズ全てオススメです。

    掲載日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3冊続けて読みました

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子12歳

    本のサイズが小さく、文字数は少なく、ゆうた君が就園前後ぐらいに見えることから、この絵本は幼児向けなのでしょう。
    ですが、幼児にはお友達を「おまえ」とは呼んでほしくないので、敬遠していました。
    でも、この面白さは小学生にうけると思って、2年生の読み聞かせで、「〜さんぽする」「〜ゆめをみる」と3冊続けて読んでみました。
    小さい本は、読み聞かせでは見にくいと思いますが、絵が大きくすっきりとしているので、後ろの子供たちも楽しんでくれたようです。

    掲載日:2014/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 違っていても、友達

    おれと おまえ
    ぜんぜん ちがう。
    だけど すき。
    だから ともだち。

    これは、最後のページの文章です。
    この文章に、この絵本の全てがあったと思います。
    「すき」というシンプルな感情が、ストレートに感じられました。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉を話始めたらおすすめ

    2歳8か月の娘に読んでやりました。なんだか目つきの悪い犬の表紙ですが、この犬の目線で描かれた描写の連なりです。犬が主人公なので、表現も文章もとてもシンプル。そして、比較するように描かれているので、言葉を話始めたお子さんにとてもいいと思いました。

    娘はだいぶ言葉を話しますが、このくらいの子供にも十分。「おまえにんげん、おれいぬ」から始まりますが、絵もあるので人間と犬を実際に見比べてその違いを認識することも可能。必ず、犬と人間に置き換えて比べているので、違いを認識することができれば、その違いを見つけたり、どういう風に違うのかを理解したり、とシンプルだけどなかなか考えられた本だと思いました。

    文章で話始めたら、ぜひ読んであげてください。特に小難しいストーリーではないし、怖いこともないので、安心して読んでくださいね。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナイスコンビ☆

    字が読めるようになった4歳の娘と楽しみました。

    「おれ いぬ。おまえ にんげん。」
    娘はゆっくり読んでは大爆笑していました。

    特に、トイレのシーンで、
    「おれ 足あげる。 おまえ あげない。」
    が好評でした。

    大人でも面白い内容です。

    お互い目を合わせないところが私のツボです。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • いばりいぬ!

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    3歳の娘が小さいときから大好きな「いばりいぬ」シリーズ。
    子どもの特徴と犬の特徴がよく描かれていて、この「ゆうたはともだち」はまたシリーズの中でも私も娘も大好きな一冊です。
    とくに、こどもは何でもすぐ「これなに?」とか聞きますよね。犬は聞かずに自分で考えてるんですって。子どもはすぐ泣くけど、犬は我慢しているんですって。
    犬の目線っておもしろいです!

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬を飼っているので

    「おれ、いぬ」「おまえ、にんげん」と、
    他の絵本ではあまり使わない言いまわしの
    繰り返しで、ゆうたと犬のちがいが犬から
    語られています。

    おれ、おまえ、という言い方は息子には使って
    欲しくない言葉ですが、この言葉が、
    この犬らしさを表していていて、
    これが「ぼく」だったら、なんだか
    「人間」が「犬」に言わせている感が出てしまい、
    この本の魅力は半減してしまう気がします。
    同じように見えても、犬にも性格があり、
    一つの人格(犬格?)として捉えているようで
    面白いと思いました。

    息子は「おまえ、ほんがすき」「おれ、ほねがすき」
    のシーンが好きで、その部分では声を出して笑います。
    我が家でも犬を飼っているので、
    なんとなく自分の姿と重なったのかもしれませんね。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふっと笑ったあとに…

    仕事の関係で手に取りました。
    シンプルな犬の目線からの短い言葉に、ふっと笑った後最後の1ページでやられてしまいました。

    そのままのありのままの目線で自分とは違う存在を受け入れる。
    まわりと同じでなければともすればつまはじきになってしまうような現代社会に生きる大人にも読んでほしい一冊です。
    全シリーズ買い揃えたいです。

    掲載日:2011/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい犬♪

    言葉遣いはちょっといばりんぼうの
    犬と,その飼い主のゆうたくんが
    登場する絵本です♪
    単純な言葉で語られているのですが,
    読んでいて,おもしろくなる絵本です。
    お互い大切にしあっていることが
    よくわかりますよ!!
    シリーズがたくさん出ているので,
    全部読みたいと思っています,

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしいメッセージ

    とても素敵な絵本に出会うことができました。
    この魅力は何なのでしょう。
    とっても単純なのに…深い。濃い。

    おれ いぬ。
    おまえ にんげん。

    おまえ わらう。
    おれ しっぽ ふる。

    こんなシンプルな文章が、シンプルな挿絵とともに続いていきます。
    いばりいぬくんの偉そうな口調も、小さなゆうたくんもとっても可愛らしく、クスッと笑っちゃう部分もあるのですが、ラストの

    おれと おまえ
    ぜんぜん ちがう。
    だけど すき。
    だから ともだち。

    という言葉に、ジーンと感動してしまいました。
    大人も子供も、読みながら素敵なひとときを過ごせる一冊です。

    シリーズ絵本のようなので、ぜひ他のタイトルも読んでみたい!

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


お気に入りのくだものはどれ?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット