ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

このよでいちばん大きな男の子」 みんなの声

このよでいちばん大きな男の子 作:キムセシル
絵:クォンジェリョン
訳:かみやにじ
出版社:少年写真新聞社
本体価格:\1,700+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784879811936
評価スコア 3.82
評価ランキング 29,066
みんなの声 総数 10
「このよでいちばん大きな男の子」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最後にハングル表記の原作載ってます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    この絵本を手にして、一番「あれ?」と、思ったのは出版社さんの名前でした。
    実は、この出版社さんを絵本で見たのは初めて。検索で調べてみたら、学校教育など関連(調べ学習)に使う作品を多く出版しているようでした。
    もしかして、この出版社さんが絵本を出したのは初めてかもしれませんね〜。

    この絵本は、本編は日本語邦訳で書かれていますが、最後の方に、紙芝居などの解説でよく見る感じですが、各ページを小さくしてハングル文字(原作)のままこういうハングル文字で書かれているんだよ〜。みたいな、(解説?)が載っていました。
    「少年写真新聞社」さんならではのこだわりなんでしょうね。
    ハングル語が、パズルみたいに見えて仕方ない私には、この「ハングルの仕組み」という音の合わせ方の図解は、わからないながらも、言葉としては理解できました。

    絵はクォン・ジェリョンさんという方が描いていて、個性的で楽しい「大きな男の子」の世界を見せてくれています。
    真ん中辺りに、これだけ大きいんですよ〜といわんばかりの仕掛の見開きがあり、
    見ごたえがありました。
    物語としても、面白い作品です。
    小学校の4年生以上のお子さんたちにいかがでしょうか?
    なにしろ、大きな男の子の絵なので、大切なシーンは遠目もよく聞きます。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国の異文化に触れられる作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2004年の韓国の絵本。
    みんなの声の評点が低いのが、意外です。
    この手の作品だと、5ッ星の方が何人かいて、一寸厳しい私の評点が4ッ星というパターンが多いのですが、その理由が分かりません。

    物語は、赤ん坊が生まれた喜びで沸くある家を、村人達が取り巻いているシーンから始まります。
    キルサンと名付けられた男の子は、ドンドン大きくなり、1歳になるとアポジ(パパ)やオモニ(ママ)より大きくなります。
    10歳になると、村の裏山より大きくなってしまい、服がないので裸ん坊のまま。
    不憫に思った両親が、王様にお願いの手紙を書くのですが、その王様の素早い対応は素晴らしいもの。
    布千反を直ぐ贈るのですが、キルサンのパジ(ズボン)とチョゴリ(上着)を何ヶ月もかけて縫い上げるのです。
    服を着たキルサンの喜びようと言ったら例えようがないのですが、確かに身の丈は大きくても子供なのですから、その反応は至極当然。
    でも、大きすぎたから、キルサンが喜ぶと空が暗くなり、風が巻き起こってしまい、凶作となってしまうのです。

    怒ったのは、村人達。
    その後を上手く取り纏めたのは、王様なのですが、実に見事な裁きであって、物語に奥行きを与えています。
    エンディングも納得のいくもので、昔話風の話として良く出来ていると思います。

    「むかしむかし とらが たばこを すっていたころの おはなしだ」という最後の一文は、昔々を表す決まり文句だそうで、異国の文章に触れることが出来るのは、中々良いものです。
    巻末には、韓国の「子供の成長とお祝いの行事」と、ハングル語の原文が掲載されており、非常に丁寧な作り込みがされていて、好感の持てる絵本です。
    私は、5ッ星は中々つけないので、5ッ星に近い4ッ星という評価にしましたが、分かり易い絵と文なので、読み聞かせにはピッタリの作品だと思いました。

    掲載日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 確かに大きい・・・

    • さーくさん
    • 30代
    • パパ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    ですが・・・。韓国っぽい雰囲気を子供に味あわせたいなら良いかもしれませんが何というか話の盛り上がりに欠けるという感想です。あれ終った!みたいな。男の子の顔とかが写実的すぎて可愛いとおもえないっすね。最後にあるハングルの解説はへー!という感じですが、うちの子(6歳児)には分かりません!残念。

    掲載日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きい!

    絵本のタイトルに惹かれて、手に取った絵本です。

    韓国に生まれたキルサンという男の子のお話です。
    どんどん大きくなっていくキルサンの為に、オモニが衣服を長い月日をかけて作る姿に、母親の愛情を感じました。
    どんな子どもでも、村人達みんなに大切にして育てられているということを感じる事が出来る絵本だと思いました。

    最後にはハングル語で書かれたお話も載っていて、一度に二度楽しめる絵本だと思いました。

    一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおきいね!!

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    韓国のお話です。
    ある村に生まれた男の子・・みんなで祝福しました。
    その男の子はとってもとってもおおきな男の子に成長したのです。

    子ども達はこの大きさが半端じゃなくて『すごーい!!』とみんなびっくりしていました。

    おおきすぐて服も家もなくなり・・可愛そう・・としんみりする姿もありいろいろ考えると事もできたようです。

    男の子の名前はもちろんですがアボジ・オモニ(おとうさん・おかあさん)など子どもでも説明すればすぐわかるところが韓国の言葉で表現されていて韓国のお国柄に触れれる本だと思います。

    大きさを表現するのに中開きのページもありスケールの大きい楽しみ方ができました。

    大きくて困ってしまうことからだんだん役にたつ事へと移り安心して楽しめるお話でした。

    掲載日:2008/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとに大きい男の子

    「このよでいちばん大きな男の子」
    この題名だけで、これは読んでみなくちゃ、と思った絵本です。
    この世で一番大きいって...どれくらいの大きさ?
    それは、想像していたよりも、ずっと大きい男の子でした。
    だって、この子がどんどん歩くせいで、日が当たらなくなり、風で稲がなぎたおされたというのだから。
    そんな惨状を前に、
    「体は大きくても、まだ子供ではないか。」
    という態度で接してあげられる王様に、まず心の広さを感じました。
    そして、この子は、頭をさげ、罰を受けた後は、みんなのために一生懸命働く。村の人たちも協力してやっていく。
    こんな結末に、人の温かさを感じるお話でした。
    これは、朝鮮のお話ということで、名前も聞きなれない響きだったり、登場人物がきている服も見慣れないものだったり、顔つきも日本人の顔と違っていたり、そういうところも、子供は興味深かったようです。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の解釈・・・

    こんなに大きな男の子。あり得ないお話しですが
    子どもたちは、この大きな男の子の存在を通して
    王様の解釈の仕方、男の子に対する接し方に共感したようです。
    大きな男の子の行動について、男の子のお話に耳を傾けたり
    村人とうまく行くように導いてくれたり・・・

    ラスト部分で“とらがたばこをすっていたころのおはなしだ”
    (むかしむかしをあらわすきまりもんく)
    をあえて訳さ無かったのには、昔話を通して子供に感心を持って
    接して欲しいという願いが込められいる様に感じました。

    巻末には朝鮮半島の子供の成長とお祝いの行事の解説も記載されてて
    私も子供の言葉に耳を傾けられる親になりたい!と改めて感じました。

    掲載日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子11歳、女の子10歳

    表紙の大きな男の子に目を引かれて読んでみました。
    日本の昔話にもありそうなお話で、ほんわかした気分になります。
    恐い登場人物もいないし、男の子キルサンは異常に大きいけど
    実際はまだまだ子供なので表情やすることは屈託がなくほほえましい。尻たたき5回の罰を与えられてもキルサンはくすぐったくて大笑い。罰を与えた王さまもキルサンが憎かった訳ではなく、自分の子供を叱る様にこれからは気をつけなさいと諭したもの。

    6年の娘が学校で韓国についての勉強をしているので、読み聞かせで紹介しようと思っています。
    この本は朝鮮のお話みたいですが・・・

    掲載日:2006/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまりにもありえない話ですが・・・

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子12歳、女の子9歳、女の子5歳

    動物が話すとか、妖精が登場する話なら、メルヘンの世界のこととして、頭の切り替えがスムースにできます。でも、この話は、人間の男の子が山よりも大きくなってしまうというもの。真剣にその姿を想像したら、こわくなってしまいそうでした。

    でも、子供はすんなり受け入れたようで、主人公のキルサンが窮地に陥る度に同情し、幸せになると、一緒に喜んでいました。それが移ったのでしょう、私も、年老いたキルサンが幸せな晩年を送った様子に安堵しました。

    掲載日:2005/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虎がタバコを吸っていた頃のお話だそう・・

    • 1姫2太郎ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子11歳、男の子9歳、男の子1歳

    朝鮮のお話。キルサンという男の子が生まれてからの生い立ち。生まれてからみるみるうちに大きくなって着る物に困ってアボジ(お父さん)オモニ(お母さん)は王様に頼んでみることにしました。王様はたくさんの生地をキルサン宅に届けられます。大喜びのキルサン宅。オモニは一生懸命にパジ(ズボン)・チョゴリ(上着)を長い期間かかって作り上げます。そして大喜びするキルサン。そして・・・最後にハングル語でお話が書かれています。絵も大きな男の子キルサンを大きく大きく書かれていて(見開きのページもある)本当にこんなに大きな子が・・・と分かりやすいです。

    掲載日:2005/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット