十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

がまの油」 みんなの声

がまの油 作:齋藤 孝
絵:長谷川 義史
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784593560493
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,140
みんなの声 総数 27
「がまの油」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 小学校読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    小学校での読み聞かせ会に持参しました。
    この日は遠足の日で、6年生と4年生しか
    学校におらず、読み聞かせを聞きに来てくれたのは
    6年生が5人でした。

    この絵本は、立て板に水のように
    スラスラと読めないと、雰囲気が出ないので
    当日まで2度も3度も練習しましたが
    人数が少なくて、ちょっとがっかりでした(苦笑)

    私がこどものころには、がまの油売りはもうありませんでしたが
    まだ、デパートなんかへ行くと、口上付きの実演販売がありましたが、
    今はとんと見かけなくなりました。
    今の子供たちはそれすら知らないんですね〜。
    それで、読み聞かせの前に、子どもたちに
    「テレビショッピング、見たある?」
    と聞き「今はテレビで商品の実演販売をしてるけど
    テレビのない頃は、そういうことを公園のすみとか、
    大通りの端っことかでやってました。そういう頃のお話。
    今日の商品はガマの油です!塗り薬やねん」と前置きして始めました。

    楽しそうに聞いてくれましたが、人数が少ないし
    私の勢いにのまれたのか、笑いはなかったです(苦笑)
    口上の終わったあとで「どう?欲しくなった?」って
    聞いてみたらよかったな。
    次にやるときには聞いてみます(笑)

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • ノリノリ

    声に出して読む言葉絵本がとても気に入ったのでこの絵本を選びました。ガマの油はとても有名な話ですが細部までは知らなかったのでこの絵本の御蔭で細部まで確認する事が出来てとても嬉しかったです。文章を声に出して読んでみると、ノリノリになってきます。気分が高まってきます。ガマを売るおじさんの気持ちがとても理解出来た気がしました。長谷川義文さんの絵がとても臨場感がある絵だったので話との相乗効果でとても有意義な時間を過ごす事が出来ました。何度でも繰り返し読みたい絵本でした。私は最後のページの蛙の後ろ姿がとても好きです。後ろ姿と長く伸びる影が何とも味があるなと思いました。

    掲載日:2008/07/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 学童の子ども達に読んであげたいな〜と口上に工夫を凝らし読む練習しています
    声を出すことば絵本とあります
    さああ、お立ちあい・・・・・
    がまの油がどうしてできるのか 四六のがま ことばのおもしろさ
    テンポ良く読むとおもしろさが伝わるように思います

    長谷川義史さんの絵もおもしろいので 効果的です

    オチのおもしろさ とんまさも 笑えます!
     
    子ども達に伝えられるか    ただ今 練習中で〜す
    自分も楽しんでいます

    掲載日:2015/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声に出すと楽しい

    「声にだすことばえほん」というタイトルの通り、声に出して読むと楽しい絵本です。長谷川義史さんのユーモラスな絵がおはなしとぴったりと合っていて、賑やかな雰囲気を楽しめます。
    友人が小学校低学年に読み聞かせをしたところ、みんな「ポカン」としてしまったと言っていました。「物売り口上」を知らないとなかなか難しいのかな?
    でも高学年あたりだったら楽しめるかもしれません。男の人が演じる感じで読んだら雰囲気がでて面白そうだなと思いました。

    掲載日:2014/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙に惚れて

    うちの子はカエルが大好きなのでこの絵本は表紙の段階でとっても気に入っていました。中を読んだら、寄席みたいな感じの文で私は読むのにちょっと苦労したのですが、慣れてくれば読むのも楽しくなってきて、子供も独特の言い回しを気に入っていて楽しんでいました。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きな声で!

    大きな声でがまの油売りになったつもりで読んでみるのがコツだと思い

    ました。何度も読んでいると自信もついて勢いまでついてくるから不思

    議です。長谷川義史さんの勢いのあってユーモラスな絵もついついその

    気になります。大きな声を出したお陰でストレス発散にもなって気持ち

    がいいです。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • がまの油売りの口上は、、、

    がまの油売りの口上が書いてあって、とても面白いです。これで口上を覚えられそう、、、。絵本の最後には刀で手を切ってしまって、がまの油をつけずに客に「誰か血止めの薬は、、、」と探すところがおかしく、良いオチでした。

    子供も比較的興味を持って聞いていましたが、言葉がちょっと難しいので、もう少し大きくなってからのほうが楽しめそうです。

    掲載日:2012/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の文化のすごさ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    実際に見たことがないのですが、TVでちょこっと見たかな・・・程度の口上

    文字を見て黙読するのと、声を出して読むとまた違う感じですね

    日本の文化ってすごいなぁ〜と改めて思います

    長谷川さんの絵もおもしろくって!!ガマがいろんなことしてるのが、とても楽しいです

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパ出番です!

    むかああしに聞いた事があったような気がして、どんなお話だっただろうと思って借りてきました。面白いですね。特に鏡で囲んでアブラアセをたら〜りたら〜り出させるところなんか最高でした。でもやっぱり私の声じゃ物足りない、って事で主人の出番。こういうのって男の人の声の方がしっくり来ますよね。ずっしり来る重低音の方が似合ってました。息子も首ったけで聞いた後、マネしてました。声変わりするまでは、いやいや人生の酸いも甘いも知るまではまだまだがまの油売りにはなれないよ、おちびちゃん。

    掲載日:2009/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声にだすことばえほん

     さあさ、お立あい、
    ご用とおいそぎのないかたは、ゆっくりと聞いておいで。

    物売り口上の絵本!!

    長谷川 義史さんの絵も合ってて 面白い!!

    だみ声で 読んであげたら 大ウケで 
    テンポ良く堂々と 読むのに 何回も親子で練習してたら

    子どもの記憶力のすごいこと...
    じゅげむのように 覚えちゃいました。 

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット