大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

かんがえるカエルくん」 みんなの声

かんがえるカエルくん 作・絵:いわむら かずお
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年04月
ISBN:9784834013948
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,191
みんなの声 総数 34
「かんがえるカエルくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • カエルくんを通して、日本を学ぶ

     我が娘は、アメリカ人の父と、私、日本人の母の間に生まれたこども。現在、アメリカに住んでいますが、日頃からの、日本の本の読み聞かせ効果もあって、日常会話は、日本語でも英語でも可能です。 これまで4年間、日本語、英語の本を読んでいて気がついたのは、英語は、文章自体が論理的に構成されていて、4歳の子供が話している会話すら、非常に大人っぽく聞こえる。 それに対して、日本語は、極めて曖昧な表現で会話が成り立つ。英語を直訳して日本語に変えると、妙によそよそしいのは、このギャップのせいなのだろう。

     この春。日本を訪れた際、本屋で「かんがえるカエルくん」を手にして思ったのが、「なんて、日本的な本なの!」 絵本ナビをはじめとする、多くの本の紹介サイトで、この本について、「哲学的」というコメントを多く目にした。確かに、それもある。 しかし、4コマ漫画から構成される「かんがえるカエルくん」は、絵が、実際の言葉の数倍も何かを語っていて、かえる君とネズミ君の微妙な「間」も、話を進める重大な要素になっている。これは、論理的な構成のもとで成り立つ英語を、母国語とする人の脳では、理解しがたい話だ。 そういう点で、この本は、日本的な会話の成り立ちを学ばせてくれる、ユニークな絵本だと思う。

    掲載日:2007/06/22

    参考になりました
    感謝
    3
  • じっと考えることを再考したい

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    考えるということを最近私は、なにかをやりながらしています。それは、時間がないからだったり、たいしたことを考えていないためだったりします。

    でも、カエルくんは、考えるためだけに考えていて、その時は考えることだけをしているんですよね。なんという豊かな時間の過ごし方でしょうか。

    カエルくんの考えていることは、みんな自分の身近なこと。背伸びしなくても、高望みしなくても身の回りには考えるに値することが沢山あるのですね。

    そして、カエルくんの考えを深めてくれるのが、友だちのねずみくん。ねずみくんがいるから、いろんな考えになり、ネズミくんがいるから、きみとぼくの関係もわかる。

    子供と一緒に考える時間を大切にしたいな、と、気づかせてくれた絵本です。

    掲載日:2004/11/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • 奥が深い

    読み聞かせには向かない絵本なのですが・・・奥が深くて、大人でも、いろいろと考えさせられる場面が多くあると思います。
    「ネズミくんは ぼくがいるから きみなんだ
    ネズミくんが ねずみくんだけなら きみにはなれない」
    これって、ものすごい言葉ですよね。
    やさしい言葉が使われているので、子供にも伝わってくれると思います。

    掲載日:2013/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4コママンガのようでした!

    • びーびさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子9歳、女の子7歳

    学校の購入推薦図書?に書いてあって、図書館で借りてきました。
    夜読んで!と持ってきて読もうとしたら、4コママンガが続きます。
    マンガ好き、マンガがまだ読めなくて・・・・というお子さんにぴったり!と思います。
    ちなみに息子はマンガ大好きなので食いついて、大笑いしていました・・・
    ちょっとシュールに思ったのはお母さんだからなんでしょうか??

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えるゆとりを与えたい

    カエルが考える?
    可愛い絵とその不思議?なタイトルに惹かれて
    図書館から借りてきたのは娘が5歳の時でした。

    シリーズがあると知ってまた読んで又ハマってしまいました。
    子供は物事をよく考えずに分からないとすぐ諦めてしまいます。
    最初はなんのきなしに借りた本ですが、このカエルくんと
    ねずみくんのひたむきなまでの考える姿に見習って欲しいなぁと
    欲張りになってしまった私です。

    でもよく考えると、親の私は子供に考える余裕を与えていたかな?
    きっと急がせてしまったことも多々あったと思います。
    カエルくん達のようによく考えるようになって欲しいけど
    どうやったらそうなってくれるか分からないけど、
    この本を読むことで何か感じてくれたらいいなと最後に
    思いました。

    子供は最初から最後までゆったりとしたやさしい
    空気の中、ねずみくんという素敵な友達と考える事を
    楽しんでいるカエルくんの姿に声を上げて笑い、喜んで
    いました。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 哲学絵本

    哲学絵本。絵本というかコマ割漫画のような構成。5歳の娘には難しい内容ですが、成長するにつれ少しずつ面白さがわかってくると思います。しかしながら、5歳児なりの読み方もあるようで、カエル君のまねをして爆笑しながら読んでいます。かなり楽しんでいました。

    哲学って、こういうところから始まっていったのかもしれない、こういう疑問にきちんと向き合っていくのが哲学なのかもと思えてきます。かわいらしい絵本なのに、とっても深い。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えてる・・・・・・

    「考えてる・・・・・」蛙くんが、まったりしてとても読んでいて愛おしくなります。「かお」「そら」「ぼく」の3編から構成されてます。
    4コマ漫画の蛙くんがどのページの蛙くんも愛らしいです。とっても愛らしくて愛おしくてあどけなくて可愛くて幼さが好きになれます。いわむらかずおさんの絵だから優しさや温かさが伝わってきて好きです。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • かんがえているカエルくん

    クサのきもちかんがえているクサといっしょにかんがえている
    えのころぐさがゆれる  ここから笑えてきました 四コマ漫画?  ねずみくんとのコンビがなかなかおもしろい!

    みみずのかお さがしてるのがおかしくて(ククク・・・)

    そら どこから空なのと考えているカエルとねずみのシーン そらとびたいねえ 二人の会話がめちゃめちゃ笑えて 
    人間も 空を飛びたいと考えた人が 飛行機発明してくれたので 感謝です!
    いろんな国へ飛んでいけるんですもの!
     
    二人にも 飛行機に乗せてあげたくなるような・・・・(とびたい  とびたい・・・・・)

    でも カエルくん すごい! かんがえる事がすばらしい!!

    人間は考える葦であるという哲学者のようですね!(パスカル)

    ぼくも きみ? ぼくと きみ?
    いわむらさん なかなか マンガのセンスがあって おもしろい絵本マンガでした!
    まだかんがえている かえるくん 死ぬまで考えるのですよね・・・・

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかくかわいい!!

    • こてりゅうさん
    • 40代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    とにかくかわいい絵。
    カエルくんとねずみくんの表情が最高。

    初めて読んだ時は
    ちょっと衝撃的でした。
    こんな単純な言葉にこの絵。

    今ではこのかんがえるカエルくんシリーズは大のお気に入りです。


    3歳の子供には私ほどの感動はありませんでしたが、
    カエルくんを指して喜んでいました。

    掲載日:2011/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 哲学的

    私が大人になってからいただいた絵本です。
    哲学的でちょっとばかし難しいと思うので隠しておいたのですが
    みつかってしまったー。そうして読んであげるはめに。
    ああ、でも読んでよかったかもしれないです。
    このカエルくん、娘にとってもよく似てるわ。
    いろんなことをいっつも考えて不思議がって。
    娘は共感を覚えたのではないかなあ。
    私も久しぶりに読んで、きみがいるからぼくがいる、あたりに
    あらためて大きく頷いてしまったし。

    絵本とは関係なく、おぬし!きさま!あんた!などと
    言っていたら「かんがえるカエルくん?」と早速反応して
    くれた娘であります。
    絵本を読むこと、かんがえることはきっと大切ですね。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばああそび / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット