十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

しろいやみのはてで」 みんなの声

しろいやみのはてで 作:きむら ゆういち
絵:あべ 弘士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784062126472
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,323
みんなの声 総数 13
「しろいやみのはてで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 回想ががまんできないらしい

    「あらしのよるに」シリーズの特別編。
    回想シーンで進んでいくスタイルは、絵本というより
    ドラマみたいな感じがしました。
    しかし、娘は「物語の続きはどうなったのおーっ!!」と
    ちょっと怒っていました(笑)。
    確かに今まではらはらどきどきさせられながら、読み進めて
    きた身としては「なんであの続きが登場しない?」と
    イライラしてしまうのかもしれませんよね。
    子どもなんて「今」と、ほんのちょっとの「未来」しか
    ないのですから、回想シーンには共感できないのかもしれない
    なあと思いました。
    延々と続いた回想シーンの後、「あの続き」がとうとう!と
    思ったのに、やはり、そんな具合にはいかず。
    もっと怒った娘でした(笑)。
    最後の部分は、こうやって「なんだかわからない」っていう
    のもいいじゃない?自分の好きなように物語の続きを考えれば
    いいのだから。そう娘に伝えた私です。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • きむらさんのこだわり

    きむらさんの『あらしのよるに』に対する思い入れはとても強いことがわかります。
    シリーズ終了後、サイドストーリーや別版が多く出されています。
    この絵本はメイとガブの回顧によって構成されています。
    あの時そう思ったのか。
    読んでいる自分には復習でもあり、新たに加わったエピソードで物語イメージの膨張でもあり、楽しめる一冊です。
    『あらしのよるに』は、ヤギとオオカミが一夜を一緒に過ごしたことで、友情を深めでいき、ついには仲間たちから離れ二人で生きていくことになる壮大なドラマです。
    絵本では描ききれない多くのことがあることは想像できるのですが、回顧するにはまだメイもガブも早いのではないかと思います。
    ちょっとだけ、シリーズを読み終えた人にしかわからない良さと、まとまりすぎている物足りなさを覚えました。

    掲載日:2012/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特別編

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    「あらしのよるに」特別編です。
    吹雪で閉じ込められてしまったガブとメイがそれぞれ二人の出会いを思い返し、本編では語られなかったあの時の本当の気持ちが語られます。
    お互い複雑な気持ちの中進んできた道なんだなぁ。としみじみ感じました。
    幸せって何か、本当の自分って何か、深くて心に響く言葉が沢山ありました。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出の振り返り

    「特別編」ということに、期待しすぎたかもしれません。
    特に新たな話ではなく、二人でこれまでの思い出を振り返る内容でした。
    今までの作品では出てこなかったエピソードも多少あったことが、楽しめました。

    「ふぶきのあした」まで読み終わってからのほうが、思い出を振り返る二人と同じ気持ちで読めるのでいいかと思います。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜひ読んで欲しいです

    基本的にはガブとメイが、過去を思い出し、思い出にひたるので、今まで「あらしのよるに」をよんだことのない人でもストーリーが1冊で分かります。でもいきなりコレを読むと物足りないかな。

    最後のシーンの言葉、「たとえ、、、あしたがこなくても」が余韻がありますね。

    「あらしのよるに」の続編ということで、続きはどうなるの!?と読んだら、思いのほか思い出で占められていて、その後の部分がすくないので、もう少し長くてもよかったです。

    それで、この雪嵐の後どうなるの?!この終わり方だと明日がないの?どっちなの?!先が気になります。次回作、出して欲しいです。

    掲載日:2011/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズを読んだ方なら是非どうぞ!

    • ぴあのさん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛知県

    『あらしのよるに』シリーズのファンであれば、やっぱり読んでみたくなりますよね。
    私自身も今までのお話を思い出しながら、読み進めていくと、いろいろな場面が思い出され、目頭がじ〜んと熱くなってきました。
    文章のあちらこちらには、とても素敵なメッセージが散りばめられていて、大人が読んでも十分に感動できると思いました。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 回想

    「あらしのよるに」シリーズの特別編です。

    お話の内容は、今までの回想シーンばかりですが、どの場面も感動的で心に残る内容になっていました。
    嵐がきっかけで出会った秘密の友達の友情が溢れているので良いなぁと感じました。

    全シリーズを読み終わったら、是非この特別編を読みたくなるオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 待っていました、その後のふたり。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    シリーズの最後、雪崩に巻き込まれたガブ、その後、どうなったのか、気になってしかたがありませんでした。
    そして、待っていました特別編。
    なんとガブが生きていたと、ホッとしたのですが、結局は、最後の夜の、詳しい様子、そして、今までの回想シーンでした。
    残念!だまされてしまったと思ったのですが、ガブの心の言葉がたくさん盛り込まれていて、感動し、涙してしまいました。
    でも、やっぱり気になります。
    ガブは、どうなってしまったのでしょうか。

    掲載日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全シリーズの読んだあとに・・・

    子供に読んであげていたものの、自分が好きで読みました。
    全シリーズ読んでないと、ちょっとわからないことが多いかもしれませんが、あのとき、あの場面でお互いがそれぞれどう思っていたかをなぞっています。
    2度、3度おいしいかんじで、集大成てきな本です。
    好きな方はぜひこちらも読まねば!です。

    掲載日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでも大親友の2匹

    • 蒼葉さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 群馬県

    あらしのよるにシリーズの特別版です。
    読んでいると、シリーズとはまた違う良さが出ていて、
    とても素敵でした。

    よんでいるうちに、絵本に引き込まれていきます。
    今までのことを振り返っている2匹を見ると、
    なんだかしみじみしてしまいました。

    そして最後のメイの言葉は、
    少し、ドキッとしてしまいました。

    掲載日:2006/08/21

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット