もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

水たまりおじさん」 みんなの声

水たまりおじさん 作・絵:レイモンド・ブリッグズ
訳:青山 南
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784776401285
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,450
みんなの声 総数 5
「水たまりおじさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シュール

    一言でいうと、シュール。
    この発想はどこから来るのでしょう、おもしろいですね。
    うちは読み聞かせましたが、コマ割もあることだし、一人読みがオススメかな。中学年くらいかなぁ。

    水たまりを、男の子の注文通りはめていくのはおもしろかったのですが、そこよりおじいさんとのやりとりの方が多くて、タイトルに疑問を感じました。
    ぬいぐるみではなく、おじいさんにヒモをつけて散歩しちゃうのは、日本では考えられないけど、一人読みの小学生は喜びそ〜う。おもしろがりそう。

    ちなみにラスト。家の前にも、ちゃんと水たまりおじさんが来てくれます。気づきましたか。
    娘が指摘してくれました。
    娘、「変な話やなぁ」と言いながら、しみーじみ見返していました。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • うーん

    コマ割に吹き出しのセリフと、コミック風の構成でしたね。
    お話のほうは、摩訶不思議とでも言いますか・・・とにかく、謎です。
    「水たまりおじさん」の存在は、謎のままです。
    うーん、難しい。
    主人公の少年が、おじいさんにひもをつけてペット扱いしていることに、かなり抵抗を感じました。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「孫命」は、どこのじいじ、ばあばだって同じだと思いました。大きくなるのにつれて孫の子守についていかれなくて、いつの間にか孫に遊んでもらっている自分がいることに気づくのも近い将来のように思いました。一こま漫画が面白いし、タイトルに惹かれて図書館から借りてきたのですが、正直いって私にはあまりわからなかったです。孫と関わっていられていいなあって思いました。

    掲載日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいタイトル

    おもしろいタイトルで手にとったら、レイモンド・ブリッグズだし、訳は青山南さんだしということで読んでみました。

    こまわりがあるので、読み聞かせにはちょっと不向きですが、読み聞かせしました。

    でも、最近息子は耳だけで聞いているので、内容はわかりにくかったと思います。

    最初、水たまりとはあまり関係なさそうな孫に翻弄されているおじいさんの話なので、「あれ?」と思ったのですが、

    途中からわかってきました。

    水たまりにも人柄があるのか?キャラクターに合わせてぴったりとした水たまりを選んでくれるおじさん。

    すごいです。

    とても風変わりな話で、好みでいうとこういう話、私は好きです。

    読み終わった後、息子に「これおもしろかったよ」と勧めたら、「お母さん趣味わるー」と言われてしまいました。

    息子の言った意味はよくわかりませんでしたが、発想やストーリーは好みかもしれないと思いました。

    掲載日:2011/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 孫の悪態ぶりが気がかりでした。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    おじさん! ぼくの水たまり、ある? 水たまりを背負ってやってくる水たまりおじさんと少年との不思議なひとときを、軽快にファンタスティックに描いたコマ割り絵本。
    水たまりおじさんと少年のやり取りは、夢があって楽しげで心が温まりましたが、自分の祖父に紐を結んで引っ張り回したり、これも一種の愛情表現のカタチなのかも知れませんが、孫を溺愛するばかりに、それを許す祖父にも問題があるのでは(..;)と感じずにはいられませんでした。
    水たまりおじさんと少年だけのシーンを増やした方が、個人的には良かったと思い、残念でなりません。

    掲載日:2006/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット