もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おひさまようちえんのひみつのともだち」 みんなの声

おひさまようちえんのひみつのともだち 作:斉藤 栄美
絵:岡本 順
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784591086179
評価スコア 4.77
評価ランキング 540
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 孫にはどんな動物が見えるのかなあ?

    最近の孫は、玄関でパパのお迎えをじっと待っているのです。

    パパがお迎えにくる日は、まだ時間になってなくても自分で玄関まで

    這って行って、お座りしてパパがくるのを待っているのです。

    なんだかとても不憫に思えて切なくなります。

    「おひさまようちえんのひみつのともだち」の主人公のりこちゃんの

    ように、ぞうさんが見えるのかも知れません。

    一人で寂しい思いをしたりしていると思うとやっぱり切なくなってし

    まいます。そうしてルールを覚えたり成長していくのだと思うと前向き

    にもなれました。孫は母子通園なのでまだ、一人登園はしたことがない

    のですが、木曜日の一人登園も経験させたくなりました。

    色々な思いをして大きくなっていくと思いました。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • もうすぐ入園する息子に読み聞かせました。

    最初はかくれんぼをするシーン。
    息子は「幼稚園でかくれんぼするの?」とうれしそうに言っていました。
    オニになったかずくんが「もうやーめた」と行って滑り台に上ると、ライオンが!

    かずくんがみんなに話すと、みんなも色んな動物を見たと言います。
    みんなに笑われて一人で園庭にいたとき、
    粘土の時間にうまくできなくていやになったとき。

    りこちゃんはお母さんのお迎えを一人で待っていると、さみしくなってきました。
    そんなとき・・・

    子どもが集団生活に入ったときのとまどい、お母さんと離れること、迎えを一人で待つ不安など、よく表れています。
    うちも4月から入園するので、私のほうがじーんときてしまいました。
    お母さんに抱きつくシーンも、想像して涙が出そうでした。

    息子は息子で、幼稚園が楽しみになったようです。
    この時期に読むことができてよかったです。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • こどものときにだけあなたにおとずれる〜♪

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    幼稚園の様子がとってもリアルに描かれています。
    入園前の次女に、少しでも慣れてもらうために読み聞かせ。

    お友達と遊んでいて、いちぬけた〜
    ひとりになった時、ふと出会う

    手洗い場でふと出会う

    テラスですねていて出会う

    この出会いのタイミングが子供の心に寄り添っているなぁと感心させられます。

    きっと、大人の心を持った先生やお母さんには見えないんだろうなぁ。

    いたづらっ子のようにちょこちょこ登場するライオンに次女は大喜び。

    お迎えに少し遅くなる、なんて日常の一部と思うのですが
    子供にとってはあんなに切ないのかしら・・・
    小さくショック。
    そして象さんに出会った後、お母さんの姿が見えて胸が熱くなりました。
    やっぱり母は象さんなのですかね。
    あ〜のね、かあさんが好きなのよ〜♪

    掲載日:2007/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供達の気持ちを優しく包む動物達

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子5歳

    ある日、かずくんが「ライオンだ!いま、ライオンがとおった!」と叫びました。
    すると、あきほちゃんも「わたしがみたのは、ライオンじゃなくて、ペンギンとワニとヘビ。」

    そう、このおひさまようちえんには、時々動物がでてくるのです。
    それは、いつもではありません。
    いじけてひとりぼっちになったとき、みんなに笑われてひとりすねているとき、粘土でうまく出来なくていやになってしまったとき、そしてひとりぼっちになってさびしくなったとき、どこからか、静かにスーと動物達があらわれるのです。

    親元から離れて心細い子供の気持ちや、集団生活で生じる子供達の複雑な気持ちを、優しく包んで見守ってくれる動物達がいるって知ったとき、幼稚園っていいなって幼稚園って楽しいなって思えるようなお話。

    掲載日:2006/05/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幼稚園が楽しみ♪

    • チルチル☆さん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    おひさまようちえんにはひみつが・・・
    寂しくなったり、つまらないと思うとどこからか動物たちが!
    ライオンやゾウが子供には見える不思議な幼稚園。
    1番面白いのは、わにとへびとペンギンが楽しそうにお話しているんだって。
    ちょうど年少の娘がいるので、この絵本を読むたびに娘の通う幼稚園でお話しています。
    もちろん主人公の『りこちゃん』は娘にして・・・

    幼稚園にはどんな動物がいるかな。
    きっと娘も園の中で動物を探しているんじゃないかな?と思います。

    幼稚園に通ってるお子さんだけでなく、これから行くお子さんにも夢あふれる絵本だと思います。
    ぜひ1度手にとって読んでみてください。

    掲載日:2005/10/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 久々に読みました

    1年くらい前に読んだと思います。

    園には大人が知らない秘密や楽しみが

    たくさんあると思いますが、この絵本のなかの

    おひさまようちえんのひみつはかなり大きいと思いました。

    表紙の絵をみて、すぐにピンとくると思いますが、

    子どもはおばけや大きな動物ともすぐ仲良くできるので

    すごいなと思いました。

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの頃の切なさを思い出します

    2歳の娘は来春入園のため、今は幼稚園の絵本を多く読んでいます。

    この絵本も、2歳の娘のためにと図書館で予約しました。
    読み聞かせたところ、現在年長の娘もハマりました。

    幼稚園でのお友だちを見ていると、自分の幼いころを思い出します。

    自分がオニになると「いち ぬけた」とやめてしまって、「ひとりであそぶほうが おもしろいや」なんてわざと聞こえるように言う男の子。

    みんなに笑われて、もう絶対お部屋に入らないもん、ってすねてしまう女の子。

    ねんどがうまくできなくて、嫌になっちゃう子。

    そしてりこちゃんのように、お迎えで一番最後まで残ってしまった時の気持ち。

    小さな子どもたちの切なさが、自分のことのようによく伝わってきます。

    そんなときにあらわれる「ひみつのともだち」。素敵ですね。

    年長の娘は残念ながら出会ったことがないらしく、「うちの幼稚園、狭いから、ぞうさんは入れないんじゃないかなぁ・・・」と真剣に悩む姿は、現実的なようで純粋そのものです。

    これからもこんなふうに一人きりで切ない気持ちになることが、娘たちにもたくさんあると思います。
    そんなときに、ふと「ひみつのともだち、いるかな」なんて思い出してくれたらな、と思いながら読んでいました。

    掲載日:2012/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園にも動物いないかなあ

    娘は動物が大好きです。
    幼稚園も大好きです。
    なので、動物がこっそり登場するこの絵本はツボにはまったらしく・・
    今朝、幼稚園に登園する前も「読んで」と。そうして、「幼稚園にも
    動物いないかなあ。キリンとかいたらいいんだけどなあ」と言って
    いました。りこ達のように、お部屋の中でなく、お外でひとりきりに
    なっている時にしか動物達は現れないようですので、娘の前には
    なかなか姿を見せてくれないかもしれないだろうなあ、と私は心の中で
    思いました(言うと娘が怒りそうなので、心の中だけで)。
    娘はお外にいる時はお友達と一緒ですし、ひとりになる時はお部屋の
    中で絵本を読んでいる時のように思うので。。

    かずくんがライオンのことをみんなに教えている時には、「こっちだよ
    こっちだよ!」と、まるで同じ幼稚園のお友達のように焦って、ライオン
    の居場所を絵本の中のみんなに教えていました。ちょっと「志村後ろ
    後ろ!」を思い出してしまって笑ってしまった私です(ドリフです。
    古くてすみません)。
    ひとりで寂しい気持ちになっている時に登場する動物達、粋でいいなあ
    って思いました♪娘の目には見えていなくとも、もしかしたらお友達の
    誰かは本当に動物を見ているのかもしれません。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこの幼稚園にも居るよ!

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    こういうお話 大好きです。
    「・・・みたいに見える」→「・・・が居た」って言って(感じて)しまう
    ちびっ子の方程式みたいな感覚が とっても可愛く感じられる絵本です。
    木の茂み・手洗い場周りのホースやすのこ・砂場のお山・すべり台が
    おひさま幼稚園のちびっ子には どんな動物に見えると思いますか。
    これが「おひさまようちえんのひみつのともだち」なんですって☆
    どこの幼稚園のお庭にも 秘密のお友達がいっぱい居そうです。
    お庭遊びが楽しい これからの季節。
    親子で…お友達同士で…
    秘密のお友達探しをしてみたくなるんじゃないかな。
    是非 多くのチビッ子に読んで欲しいなぁ。

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • “りこちゃん”ごめんね

    友達に赤ちゃんが生まれて、“りこ”と名前をつけました。
    そんな頃この絵本(主役が“りこ”)を見つけて、これはプレゼントにうってつけだと思い、迷わず買って帰りました。
    ついでの時にうちで渡そうかなぁくらいに思って、包装してもらわなかったので、どんなストーリーか読んでみようと(←ちゃんと読まずに買ってる僕)1回だけならと思ったのがいけなかったです‥
    ストーリーにも岡本順さんの絵にも僕がハマってしまって、プレゼントするのが惜しくなりました。
    息子に読んであげたところ「大好きっ」って反応ですし、嫁さんとも話して、我が家のコレクションに収まることになりました。

    それ以来僕の中で“岡本順”探しが始まりました。
    自己の絵本よりも、童話などの挿絵の方が多いので、いろんな作家さんの作品に触れる機会にもなり“佐藤さとる”さんの作品にも出会えましたし、「ふしぎなおるすばん」を読んで我が家で“しりとりあそび”が流行るきっかけにもなりました。

    岡本順さん、すてきな絵をありがとう。これからもたくさんゝ書いてください。

    掲載日:2007/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 2
  • 4歳 0
  • 5歳 3
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 0

全ページためしよみ
年齢別絵本セット