だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぱぱんのぱん」 みんなの声

ぱぱんのぱん 作:やすい すえこ
絵:田中 四郎
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\572+税
発行日:2001年
ISBN:9784577021859
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,017
みんなの声 総数 6
「ぱぱんのぱん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 手遊び

    1歳5ヶ月の孫に読んであげました。表紙の絵から美味しいパンがいっぱいなので、「パン パン」と、孫のテンションは上がって凄く嬉しそうです。「ぱぱんのぱん!」と、手を打つと凄く嬉しそうで、「ぱん ぱん」と、しきりに言ってました(苦笑)   ぱんが食べたくなって、そのことが凄く気になってしまった孫でした。手遊びを一緒にして遊べる楽しい絵本です。

    掲載日:2016/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそうなパンがいっぱい

    「ぱぱんのぱんのきみーつけた」で始まるこの絵本。
    子どもたちは大好きです。
    ぱぱんのぱんのところでは、オリジナルで手をたたく子どももいて、呪文のようになっていておもしろいなと思いました。
    いろいろなパンがあるので、どれか一つのパンを選んで、みんなで「あーん」と食べるまねをしています。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいぱんの本。

    あ、これいいな、と思いました。
    ぱんのところで手を叩く。
    他の本でも応用してみたいです。
    まだこんなにたくさんの種類のパンを食べさせていないので
    もう少し大きくなってから読んだ方が喜びそうです。
    動物たちがあんまり美味しそうに食べているので
    ぼくも食べたい!と言われたら 今はまだ困っちゃいます。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶版だなんて言わないで。。。

    保育園で絵本を読んでもらっています。
    その中で特にお気に入りなのが、この「ぱぱんのぱん」。
    一泊二日で絵本の貸し出しOKなのですが、もうお気に入り過ぎて
    ほぼ毎日のように借りておうちで読んでいます。
    借りなかった日も、「ぱぱん、ぱん!」「ぱぱん、ぱん!」と
    叫びながら手を叩いては「ぱぱんのぱん」を家中探し歩くほど。
    そんなに好きならいつでも読めるように買ってあげたいな。
    と、買い求め買い求め買い求め、、、無い!!
    どの本屋をのぞいても無く、ネットで調べても絶版のため入荷不可。
    ここまで欲しい!と思った絵本なんて生涯ないいんじゃないかと
    いうくらい欲しいのに。。。
    もうじき2歳の誕生日を迎える我が子のために、
    誕生日プレゼントにしよう♪なんて思っていたんですが。。。
    叶わないんでしょうか・・・?

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手遊びしながら

    4歳の娘が図書館の棚から選んできた絵本です。
    多分かわいいくまさんとパンの絵に惹かれたのでしょう。
    木にパンがなっていて“ぱぱんのぱん”と手を叩くと
    好きなパンが落ちてくる・・・だなんて
    楽しいですよね。
    娘といっしょに手をたたきながら楽しみました。
    手遊びの要素を取り入れた絵本なので
    今ひとつ絵本に興味がないお子さんでも楽しめるのではないかと思いますよ。
    最近物語絵本が多かったのでこういう絵本は私達親子にはやけに新鮮に感じました。

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に遊ぼうね

     のんびりやまのてっぺんにある、ぱぱんのぱんの木。
     木にはいろんな菓子パンが生っていて、欲しいパンの名前を言いながら「ぱぱんのぱん」と手を叩くと木からパンが振ってくるというお話し。
     設定事態は単純ですが、本を読み進めながら子供と一緒に手を叩いて遊べるのが面白いんです。
     クマ、ウサギ、リスが、かわいいしぐさで手を叩いている挿絵の様子を真似て遊んだり、「ぱん」という言葉が出て来るたびに
    手を打ち鳴らしていると子供はおおはしゃぎします。
     各ページには子供と楽しく会話するためのアドバイスが載っているので、本の内容を元にして会話が広がりました。
     1歳になったばかりで菓子パンなんて食べたこともありませんが、クマ君がもらっていたメロンパンを見るとにこっと笑って手をパンパン叩いています。
     もう少し大きくなったら買ってあげるからね。

    掲載日:2005/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット