もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ちいさなくし」 みんなの声

ちいさなくし 文:掛川 恭子
絵:佐野 洋子
原作:M.ポプルトン
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\743+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784834020915
評価スコア 4.1
評価ランキング 17,806
みんなの声 総数 9
「ちいさなくし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • います、うちにも

    最近おしゃれが好きな5歳娘によみました。一緒に次男3歳も聞いていましたが、これは、次男3歳と母親・私のための本かな?と感じました。

    なかなか自分でできないのに、自分ですると、躍起になっている年頃のクマの女の子が主人公です。クマの女の子を取り囲むみんな、やさしいです。わたしも、次男の自我の芽生えにしっかり寄り添っていかねば…と、感じた痛恨の1冊となりました。

    子供たちの反応は、何となくいまいちだったので、☆4という事にしました。絵がちょっと大人っぽかったかな?

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分でやる!!

    3つになるくまのジェーンが、もしゃもしゃでどうみてもこんがらがってる髪の毛を自分でとかしたくて、奮闘するお話し。

    図書館で、表紙の絵にちょっとリアリティのあるくまがのってるのにひかれて、娘に読んでみました。
    2歳の娘は最近、ちょっとずつですが
    『自分で!!』ということが多くなり、こんな年代にありがちなんだな〜と納得。
    娘はまだ、髪の毛が薄く、とかす事ですらままならないので、もっと髪の毛が伸びたら、また読んであげたいです。

    掲載日:2012/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳のくまの女の子は かみを じぶんでとかしたいの
    じぶんで 自分でと こどもが3歳くらいになると成長してきてよく言う言葉です
    一番末っ子で 家族中みんな 自分のくしをもっていてじぶんんでかみをとかすのに・・・・
    おじさんにかってもらったくしでとかしても うまくいかずに・・・
    おかあさんや お婆ちゃんや お姉ちゃんにきれいにとかしてもらうの
    でも・・・
    ある日 自分できれいにとかせられて! 嬉しい! おかあさんは褒めてくれて かわいいリボンを付けてくれるのおしゃれ!
    せいちょうのあかしを みんなが喜んでくれるのが うれしいね〜
    「じぶんんで」   子供はこんなことばをいうんですよね

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳

    3歳になったばかりのジェーン。
    この年代特有の、何でも「自分で出来る」という気持ちになっている様子です。

    ジェーンの場合、自分で髪の毛をとかすことがしたいようです。
    でも、なかなか上手くいきません。
    絵を見れば、ものすごい癖毛じゃないですか!
    これは、大人でもてこずりそう・・・

    頑張ったジェーンは、自分で髪をきれいにすることが出来ましたよ。
    そうやって、少しずつ自立していくのだなと思いました。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい

    佐野洋子さんのイラスト、本当に凄かったです。頭がボッサボサ!絵本なのに可愛くしようというより、もっと現実に近づけた、みたいなところが好きです。うちの子も寝起きは髪の毛がぼっさぼさですから。娘もくしをとかすことは知っているものの全然上手くできません。くしで頭をなでているような程度です。ま、年齢が年齢だけに髪をとくことの意味が分かってないのだと思います。でももっと成長しておしゃれにも興味持ち出したらこの本を見て自分で髪ときたい!って思う日がくるんだろうなーと思いました。

    掲載日:2010/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪戦苦闘

    くまの女の子ジェーンが、自分のくしで髪をとかそうとするお話です。

    自分で上手にとかす事が出来ず、悪戦苦闘する姿がなんとも可愛らしいなぁと思いました。
    3歳くらいの子どもって、何でも自分でやりたい気持ちがあるけれど、決して自分だけでは上手に出来ない事もあって、その葛藤が成長に繋がっていくんだろうなぁと感じました。

    子どもの成長の姿を上手く捉えて描かれた絵本だと思いました。

    自分でやりたい気持ちが高まってきている子ども達に、是非読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性的な主人公

    表紙に登場している個性的な主人公が印象的だったのでこの絵本を選びました。自分で髪をとかしたい主人公がとても微笑ましかったです。私たち大人から見たら何気ない事でも子供にとっては大きい事だという事を再認識でした絵本でした。主人公のお母さんの様に子供の目線に立って物事を見られるようにしたいと思いました。何でも一人で出来る喜びは素晴らしいと思いました。娘も主人公の様に色々な事を自分で出来るようになると世界が広がって今よりももっと楽しくなるのではないかと思いました。

    掲載日:2008/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり かみをとかしたいね!

    くまのこのジェーンの髪が、うちの孫の髪に似ているので??この絵本にとても興味がありました。
    もしゃもしゃの髪です。とてももしゃかっていて手につけれない髪です。ジェーンのように髪をとかしたことがないとおもいます。やっぱり、おんなのこですし、あきらめないで、くしでといてあげることが必要ですね!
    ジェーンの家族は、とてもおしゃれさんです。ジェーンは、家族をみて育っているから、おしゃれさんになるとおもいます。最後のページ、ジェーンが自分で髪をとかせるようになって、髪まで結えて、リボンまでつけて、とても自信に満ち、とてもたのしそうです。
    読んでいて、おんなのこの気持ちが理解できる絵本です。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまの髪の毛?

    3つになるくまのジェーンが、自分のかみを自分のくしでとかしたくて大奮闘。まず、くまの髪の毛っていうのがおかしいじゃないですか。そして、佐野洋子さんの絵ときたら、こんなぐしゃぐしゃだったら、さすがのくまも、くしでとかしたくなるだろうというくらいのこんがらがりよう。よくみると、おしゃれなくまの家族なんです。おかあさんは茶色い靴、ジェーンは赤いリボンの靴、おねちゃんぐまはレッグウォーマー!

    子供はめがねをかけたり、腕時計をつけたり、大人のまねをするのが好きですよね。ジェーンも、どうしても自分で(たとえこんなにもしゃもしゃでなくても)とかしたかったのでしょう。最後にはとうとう自分でできるのですが、無理やりとかしあげてリボンを結んだジェーンのヘアスタイルを見て、「おっかしいねえ!」とうちの子。引き出物のふろしきをマントにして喜んでいるあなたには言わせません!一生懸命自分でやったら、後ろ前反対のズボンでも、左右逆の靴でも、みんなかっこいいんだよ(*^_^*)

    掲載日:2006/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット