あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

しりとりのだいすきなおうさま」 みんなの声

しりとりのだいすきなおうさま 作:中村 翔子
絵:はた こうしろう
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784790250692
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,070
みんなの声 総数 114
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

114件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 何回読んでも面白い!

    今までしりとりをあまり理解してなかった息子ですが、
    この絵本に出会ってしりとりが大好きになりました。

    言葉もとっても簡単だし、
    ストーリも面白い!

    大人が読んでもとっても面白いです。

    最後に、「トマト、トースト、トマト、トースト」と
    続くところは、
    息子と二人で大爆笑!

    とーってもお勧めの一冊です!

    掲載日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    3
  • 最後の仕返しがGOOD

    しりとりの大好きな王様は、食べ物の順番もしりとりになってないと気がすみません。
    しかもね、最後はデザートの「プリン」でしめないといけない。
    ところが、そううまくはいかなくて、最後が「ラーメン」で終わっちゃったりするんです。
    ラーメンが締めで来た時の王様の顔と、家来たちのあわてふためきよう。
    しりとりで、こんなお話が出来るんだなぁと感心。
    子供は、これまた、こういう言葉遊びが大好きなので、読みながら、
    「『プ』で終わろうと思ったら、お母さんだったら、何だす?」
    とけっこう真剣に考えるんですね。
    毎日毎日、王様にふりまわされっぱなしの家来たちが、最後には、王様の大好きな「しりとり」で仕返しする結末がGOODです。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    3
  • 娘は、に・く・ま・ん で終了です!

     5歳になる娘は今、あやとりとしりとりに夢中です。
    あることをきっかけに、この本を知りました。
    早速、図書館へ行って探してみるものの、何週間探しても手にすることができず、本屋で注文してみました。

    「 おうさま・まど・ドア・アルバム・・・
    なんでも しりとりの じゅんばんに 
    なっていないと きが すまない おうさまがいました。」

    絵本の大好きな娘は、本を読んでいる最中に 自分の世界にはまり、勝手に自我流のしりとりが始まり・・・
    最後には、に・く・ま・ん! で終了してしまうほどです。
    子供なりに、想像力を多いに発揮しとても良い事だと思います。
    ご飯を食べてる最中も、親子で しりとりをしながら楽しんだりしています。

    掲載日:2006/03/07

    参考になりました
    感謝
    3
  • 我儘なおうさま・・・

    今、しりとりにはまっている息子。ジャストタイミングで、この絵本に出会いました。読み聞かせする前の表紙の段階で、しりとりがはじまっているんですから、とっても面白い。このおうさま、とても我儘でしりとりで食事のメニューを決めちゃうんですね。息子とゲラゲラ、笑いました。
    ネタ切れで、トマト→トースト攻撃には、笑いも頂点に達してしましたました。これで、こりちゃったおうさま、けらいたちは何枚も上手だったのですね。

    掲載日:2004/03/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • はたこうしろうさん

    はたこうしろうさんの作品だったのでこの絵本を選びました。本当に楽しい内容で思わず声を出して笑ってしまいました!王様も楽しければ家来も機転が利いて楽しかったです。人生の楽しみを自分の食事の時まで実践するとは素晴らしいと思いました。私も1度でいいので王様の様に食事をしてみたいと思いました。楽しい気分になれる絵本でした。赤色のマントの描き方も素敵でした。

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • しりとり

    王様はしりとりが大好き!
    食べるものもしりとりの順になっていないと気がすまない。
    おまけに最後はプリンでなくっちゃイヤなんです。
    そこで困った家来たちが考えた作戦とは…。

    トマトとトーストが続く場面では子どもたちも
    「これじゃ終わらないじゃーん!」と大笑い。
    子どももしりとり大好きなので、本当に喜んでみてくれます。

    小さな子でも楽しめるけど
    ちょっと大きい子なら表紙からもう楽しめるはず。

    これを読んだあとは思わずみんなでしりとりしたくなっちゃいます。

    掲載日:2008/09/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • お話としりとり両方楽しめます」

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    しりとりの順番じゃなければ気に入らない王様。食べるものも、もちろんしりとりです。
    しりとりなんて簡単じゃん!と思っていたら大好物のプリンで終わらなきゃいけないとあって家来もコックさんも毎日が大変なんです。
    コックさんたちの表情からどきどき伝わってきてどのページも楽しさいっぱい!!
    子どもと一緒にしりとりするたのしさもあって2倍楽しめる感じです。
    こんな・・おうさまでいいのかしら?いえいえ・・コックさんたちも考えましたよ〜・・
    読みながら子どもとこんなにおしゃべりできる本も少ないかも・・・

    掲載日:2007/01/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • なんでもしりとり

    しりとりがお話の中におりこまれています。
    だけどしりとりの言葉遊びというわけでなく、お話もなかなか充実していて楽しいです。
    なんでもかんでもしりとりじゃなきゃ気がすまない王様。けらいたちも必死です。最後のけらいたちのしかえしは愉快です。
    子どもにわかりやすいしりとりとお話なので、とても楽しんで読んでいました。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小学校での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子12歳、女の子9歳、女の子7歳

    小学校での読み聞かせ会に持参しました。
    対象は低学年。1年生と2年生が20人ほど聞きに来てくれました。

    実は今回だけでなく、4年前に年中児を対象に
    幼稚園で読み聞かせたことがあった本で…。
    ピンチヒッターで突然参加した読み聞かせ会で
    手元に用意がなく、その場に置いてあって、
    目に付いて選んで、練習せずに読んだとき、
    絵がしりとりの順に並んでいるページで
    「すいそう」の次が…「あれ?なんやろう?」と
    困っていたら、聞いていた子どもが考えて口々に
    「木や」「観葉植物や」などと、助けてくれて、
    「え?でも、しりとりやから『すいそう』の『う』で
    始まらなあかんねんで」と、まだ答えの出ない私に
    子どもたちが「うえきばち!」と正解を言ってくれた、
    という思い出のある本です。

    あのやりとりが楽しかったなぁ…とふと思い出して、
    また読んでみよう、と選びました。

    今回は「せきとり しりとり」と「11ぴきのねこ」の
    後の3冊目で読んだので、
    「もう一冊、これもまたしりとりの本です。」と
    言って、題名を言いつつ、表紙を見せ、
    「ここもしりとりで並んでるよ。おうさま、まり、りんご…」
    と表紙のしりとりを紹介してから始めました。
    思い出のしりとりのページは、始めは私だけが言ってましたが
    途中から子どもたちが、声を合わせて言ってくれました。
    やっぱり「うえきばち」はちょっと子どもたちも考えたけど…。

    別の本を読んでいた、後ろのほうの子どもたちも
    いつの間にかこちらを見ていて、嬉しく思いました。
    読み終わった後に「プリンにもっていくのも難しいよね。
    だって『ぷ』で終わる言葉じゃなかったらあかんから…」
    というと、前に座っていた女の子が
    「スープやったら、『ぷ』で終わるよ」と教えてくれ…。
    今回も楽しいやりとりができました。

    所要時間約3分。
    子どもたちと一緒にしりとりを楽しんでください。

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • しりとりとお話の展開、両方楽しめます。

    • ちいニャさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子9歳、男の子3歳

     小学1年生の読み聞かせに利用しました。子供達はしりとりと、お話の展開、両方を楽しんでいるようでした。

     家では3歳と9歳の子に読んであげました。3歳の子は王様のわがままでみんなが困っていることに「おうさまダメだね」という感想。9歳の子はしりとりを考えることを楽しんでいました。

     表紙の絵からすでに楽しい感じが伝わってきます。絵は大きく、人物の表情もおもしろいです。文字は1ページに1〜5行と多くはないです。読み進めやすい絵本だと思いました。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    1

114件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / はじめてのおつかい / しょうぼうじどうしゃじぷた / おおきなかぶ / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


葉祥明さんの描く不朽の名作

全ページためしよみ
年齢別絵本セット