おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おこりんぼママ」 みんなの声

おこりんぼママ 作・絵:ユッタ・バウアー
訳:橋本 香折
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,250+税
発行日:2000年11月
ISBN:9784097272793
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,615
みんなの声 総数 119
「おこりんぼママ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

119件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 胸にずーん。

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子3歳、男の子2歳

    ずっと気になっていたこの絵本。
    病院の待合室で見つけたのでふと手にとって読みました。
    「おこりんぼママ」というタイトルとペンギンのイラスト。
    正直、あまり深い話ではないんだろうと、心のどこかで思っていたのですが・・・
    あまりにショッキングな始まりで、いきなり釘付け!

    おこりんぼママがあんまり怒鳴るものだから、ペンギンの子供の体はバラバラになってしまったのです!
    怒って→体がバラバラになるなんて考えたこともなかったので、物語の世界を把握するのにしばし時間がかかるほどでした。

    読み進むと、バラバラになった体を探そうとする“足だけの”子供のペンギン。
    でもなんてったって足だけなので、なかなかうまくいきません。

    疲れてしまったとき・・・誰かが集めた仔ペンギンの体を縫い合わせてくれます。
    そう、ママです。

    そしてママは「ごめんね」と謝るのです。


    どっかーんとママに怒られた子供の心は、こんな風に砕けているのでしょうか・・・。
    しばらく立ち直れないほど落ち込んだ私も、もちろん“おこりんぼママ”。

    反省反省です。

    叱ることは必要だけど、縫い合わせることも忘れてはいけませんね。
    肝に銘じておきます。

    正直・・・こわくて子供にはまだ読んであげられないかな(^^;

    掲載日:2010/07/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子どもはホッ!親はギクッ!

    • R☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道

    ママがものすごーくどなったものだから、
    なんと、ぺんぎんぼうやの体がばらばらになっちゃって
    あちこちに飛んでいってしまいます。

    頭はうちゅうまで飛んで行き、
    お腹はどこかの海でぷかぷかと。
    つばさはジャングルへ・・・という具合です。

    足だけになったぺんぎんぼうやは
    ばらばらになった体を探しに歩き回りますが
    足だけではどうにもならず、力つきそうに。

    そこへママが大きな大きな船でやってきて
    ぺんぎんぼうやの体をひろいあつめて縫い合わせ、
    良かった!ぺんぎんぼうやはもとどおり♪

    ママに「ごめんね」と抱きしめられ、めでたしめでたし。

    一番最後1行が、泣かせます。

    『やっぱり、ママが いちばんさ。』

    ********************

    絵がユーモラスで、言葉もテンポよく、
    親子でとても楽しく読めますが、
    親の私は、内心ちょっとギクッとし、秘かに反省しました。
    『怒りすぎて子どもの心をバラバラにしてしまわないように気をつけなくちゃ』と。

    国際アンデルセン賞画家賞を受賞のユッタ・バウアーの作品です。

    掲載日:2016/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分のために欲しい本

    • イモキチさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳11ヶ月、女の子3歳ヶ4月

    ペンギンの子供が悪い事をして
    お母さんにとってもおこられてしまいます。

    すると、ぺんぎんの子供の体がバラバラになってしまい、
    いろんな場所に飛んでいってしまう・・。


    きっとこれって、親に怒られた子供の心がバラバラになっちゃったってことなんだろうなぁ〜。
    どうすれば良いかわからなくなって、
    居場所がなくなって、じぶんがなくなっちゃう。

    そんな「どうしよう・・」って言う時に、
    ちゃんと、おかあさんがむかえに来てくれて、
    僕をなおしてくれる。

    親も人間だし、ついつい怒りすぎてしまうこともあるけど、
    ちゃんと「ごめんね」が言えるようでありたいなと、
    このえほんを読んでいて思いました。

    4歳の娘は、ちょっと苦笑いで聞いていました(笑)

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 題名にまず惹かれ、どんなママなんだろう・・・と絵本の中に入りました。いきなりママは凄く怒って怒鳴ってます。その結果ペンギンの「ぼく」は体がばらばらになってしまいます。絵本ならではの展開だけど、でも、ばらばらになったのが「心」だったとしたら・・・急にどきどきしてきます。絵本の方では頭も翼もくちばしもばらばらにどこかへいってしまうのですが、実際に、ショックを受けるほど怒鳴られたら
    子どもの心ってどんな風になるのだろう。体がばらばらになると同じように
    こころだってばらばらになっているかもしれない。気丈にも「ぼく」は自分のからだの部分を探しに行くのですが、なんせ頭はない羽はない助けを呼ぶためのくちばしもない・・・頭がないから目も見えない。歩いて歩いて行き着いた先は砂漠

    もう一歩も歩けない・・・って思ったとき大きな影に包まれた。それはママの乗った
    大きな大きな船の影・・ママは「ぼく」の部分を全部探してきちんと縫い合わせ、そして足だけの「ぼく」につけてくれて、ぼくはすっかりもとどおり。

    「ごめんね」とママは言って、ボクを抱きしめてくれた。 「ぼく」の言葉が温かい。
    「やっぱりママがいちばんさ」

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくり、ほっこり

    おかあさんにおこられて
    ペンギンのぼうやの体がバラバラになってしまいます
    世界中のあちこちに散らばってしまい
    足だけになってしまったぼうやには探せません
    力つきたところで
    おかあさんが、拾い集めてきてたすけにきてくれ
    体をなんと糸でぬいわせたらもとどおりに
    ラストのシーンがあったかくて素敵でした
    おこってもごめんねで仲直り
    やっぱり1番安心できる場所

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶっ飛んでる!けど。

    お母さんに怒られて体がバラバラになった子供。
    かなりインパクトあるというか、発想が本当に凄いです。
    子供の心境はこうなんですかね?・・・反省させられます。
    でも、お母さんはちゃんと縫い合わせていますからね、当たり前だけど。

    子供と大人でかなり受け取り方に差が出る面白い絵本でした。

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんだって…

    私に怒られた後に、よくこの絵本を持ってきます。そして私の顔を見ながら、「おかあさんと一緒だね〜」てニヤニヤしながら渡されます。確かに一緒です。でも、おかあさんだって好きで怒ってるわけじゃないんだけどな。おかあさんもこどもも素直に謝れる気持ちにさせてくれる絵本です

    掲載日:2014/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怒ってても大好きなんだよ

    私が読んで、日ごろの行いをちょっと反省。
    怒り過ぎないようにしないと。娘がバラバラになって飛んでっちゃう(笑)

    子供のペンギンがバラバラになってしまうことに関しては好みがあるとは思いますが、うちは親子で楽しみながら読めました。
    最後にお母さんが子供のペンギンを直してあげるシーンは母の強さと優しさが感じられ私のほうがホロリとしそうでした。
    怒ってても大好きなんだよってことが娘に伝わってくれればいいなと思います。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あー、ママの本だ!

    我が家の子供たちがこの本のタイトルを見て、「あー、ママの本だ」と言います。確かにいつも怒ってばかりので、そう言われても反論できません。
    ママに怒られたペンギンの子がバラバラになって飛んでいくという場面を見て、ドキッとしました。そうか、怒られたら子供はバラバラになっちゃうほど傷つくのか・・・その時は素直に反省して、怒らないようにと思うのですが、やっぱりまた怒ってしまいます。
    それならせめて、ここに出てくるおかあさんペンギンのように、「ごめんね」「すきよ」と言える母親にならねばと、強く思います。
    この思いを忘れないよう、自分が繰り返し読まなければいけない絵本かなと思っています。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親がどきりとする

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男が、最近時々「お母さんはおこりんぼうだなあ」と言うのですが、そんな時にこの本を知り、興味深くて借りてきました。

    母親にあんまりおこられると、こんな風に心がバラバラになってしまうんですね。読みながら、ヒヤリ、ドキリでした。

    展開は予想通りで、お母さんがちゃんと元に戻してくれましたが、息子の反応は今ひとつでした。大人向きの本かもしれません。

    掲載日:2013/10/22

    参考になりました
    感謝
    0

119件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき / サンタクロースってほんとにいるの? / はやくはやくっていわないで

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット