クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

おこりんぼママふつうだと思う みんなの声

おこりんぼママ 作・絵:ユッタ・バウアー
訳:橋本 香折
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,250+税
発行日:2000年11月
ISBN:9784097272793
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,080
みんなの声 総数 121
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今日で4回読まされました。

    今日図書館で借りてきたばかりの絵本ですが、もうすぐ2歳になる息子に4回も読まされました。

    ストーリーは、お母さんペンギンに怒られたペンギンの体がバラバラになってしまうという何とも残酷なお話です。

    ペンギンはバラバラになった体を何とか取り戻そうとするのですが、うまくいきません。

    ところが、クライマックスでペンギンが元の体に戻ります。

    戻り方がとてもおもしろい本です。

    掲載日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ショック

    話題になっていた本なので、5歳の長女に読ませるつもりで手にしました。

    お母さんに怒られて、ペンギンの子どものからだがバラバラになってしまうお話です。でも、お母さんが探しに来てからだをくっつけてくれて…。お母さんと子どもの絆が描かれているのですが、バラバラになるのがちょっと衝撃的で。子供に読ませていません。でも、私の心には怒られた時の子どもの気持ちがよくわかって反省させられたので、良かったです。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 複雑な読後感

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    ママからひどく怒られたペンギンのこどもが、体中ばらばらに。あちこちに散らばって飛んでいってしまうという衝撃的な絵本です。
    自分の中のイライラを押さえきれず、ついつい感情的に怒鳴ってしまうことのある私はドキン!
    娘は特に感想を言っていませんでしたが、どう感じたんだろうととても気になってしまいました。
    ばらばらになったペンギン君を拾い集め、縫い合わせてくれたママ。
    私も怒鳴ってしまったあとは、「ごめんね」って謝ったりして縫い合わせたつもりになっていますが、何度も同じことを繰り返してしまう私。はたして娘の心は元通りに縫い合わされているのでしょうか。すごく考えさせられてしまいます。
    なかなか理想の母になれない私にとっては、複雑な読後感の残る一冊でした。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 縫い合わせ!?

    ママに怒られたペンギンの体がバラバラになってしまうお話です。

    怒られて体がバラバラに飛んでいくという発想が面白いなぁと思いました。
    そして、ぼうやのために探し回ってくれるママの愛情の深さに感動したかと思えば、次には針で縫い合わせる姿があって、ユーモアに満ち溢れた絵本でした。

    奇想天外なお話なので、一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • バラバラにしないようにしかりたい

    「そんなばかなー」
    いきなり、ばらばらになる僕に、拾い集め縫い付けるママに、心の中で、そんな突込みを入れてしまいました。

    うちの4歳児も、
    「お母さんに怒られたら、ばらばらになってしまう?」
    と、ばらばらになることと、ぬいつけることに私と同じく、妙にビックリしていました。

    「ごめんね」といわなければいけないような、理不尽なしかり方や、子供を、バラバラにしてしまうほどの、しかり方は出来れば避けたいのです・・・

    お母さんが読んで、考えさせられ、「ママがいちばんさ」の言葉に、安心し、救われる本です。

    掲載日:2006/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまり怒らないママを目指して・・

    何故かこの絵本が息子は好きだ・・。私が怒りっぽいので、絵本のペンギンママと私が重なるのかなあ〜と最近少し心配なくらい大好きだ!!
    この絵本を読むといつも私は心苦しくなる・・。何故なら自分を見ているような気がするからだ。そして息子もきっと私に怒られ、心がバラバラになっているんじゃないかと心配する。
    子供を怒るのは本当に楽だと私は思う。それが小さい子供ならなおの事・・。大好きなママが一瞬にして鬼のような顔になって怒り出す・・子供は勿論ショックを受けて心が萎縮し、そしてバラバラに・・。でも、ママが優しい顔で「ごめんね」と謝れば子供は素直だから優しく許してくれる。
    この絵本を否定する訳ではないが、私は「おこりんぼママ」にはなりたくない!!子供が悪い事をした時でも、きちんと話して言い聞かせたいし、子供の優しさに甘えたくない。
    私は、私の傍らで楽しそうに絵本を読んでいる息子の心を大切にしたい・・。それは子供を持つ親なら誰もが持つ想いだと思う。
    私はまったく怒らないママは無理だけど、あまり怒らないママになるように頑張りたい・・。そんな私にとってこの絵本は戒めの絵本だ。

    掲載日:2006/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 痛い話。

    • さえさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    お話そのものはいいです。

    ただ、ちょっと私の先入観が大きすぎで・・・あっさりとしたストーリに少々期待満たせず^^;)

    3歳児。怒りんぼママに変身することも多くて・・・
    まさに絵のごとく子供がばらばらに吹き飛んでしまう感じデス。。。
    息子はこの本を読んでも感想なしで無言でした。
    何か考えているのは間違いなく・・・
    何度か本をめくっています。
    そんな姿をみて、身体がちぎれてしまっても『心はちぎれてしまわないようにしなくては!』と母に誓いを立てさせてくれた絵本となりました!!

    掲載日:2006/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものこころ

    ペンギンちゃんがバラバラになるって、子供心にどうなのかな?と思いましたが
    きっと、母親が怒鳴ったり怒ったりすると、子供の「心」がはりさけて、バラバラになってしまうんだなぁ、
    ペンギンちゃんが代弁してるんだなと思うと、何だか心に突き刺さるものがありました。

    でも、やっぱり私は、最後の「縫い合わせて元通りになる」ところなどは
    実際の生き物と混同してしまわないか多少気になります。

    掲載日:2004/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / バムとケロのおかいもの / うずらちゃんのかくれんぼ / サンタクロースってほんとにいるの? / はやくはやくっていわないで

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット