なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

うちのペットはドラゴン」 みんなの声

うちのペットはドラゴン 作:マーガレット・マーヒー
絵:ヘレン・オクセンバリー
訳:こやまなおこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年
ISBN:9784198612030
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,736
みんなの声 総数 8
「うちのペットはドラゴン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わからんちんと言われたお父さんの意固地さが、素晴らしいファンタジーを引き起こしました。
    ペットやにドラゴンの子どもがいるのも不思議ですが、私もそんなペットやさんがあったら買って来たいですね。
    どんどん大きくなるドラゴンは、他人から見れば怪獣でも、オーランドの家族にとっては家族と同じ。
    居場所を失って出かけた魔法列島での生活は夢いっぱいです。
    ドラゴンと入れ替わりに連れ帰ったネコも、これから何か引き起こしそうな余韻たっぷりのエンディングもみごとです。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続きも読みたい!

    一見、長いお話のように思いましたが読んで行くとあっという間で、凄くこの世界観に入って行って大満足な一冊でした。
    平凡な日常に突如として訪れたファンタジー全開のペット!凄くワクワクしました。
    ラストの猫のセリフで、続きも読みたい!と思わせてくれて(続きはないようですが)本当に親子で楽しく読めました。

    掲載日:2015/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドラゴンをペットにした一家のお話です

    4歳4ヶ月の息子に読んでやりました。奇抜なお父さんの気まぐれでペットがドラゴンになり、それを家族で飼ってしまいます。ところが大きくなりすぎて問題がおこり、それを解消するために処分しなくてはならなくなりました・・・。このストーリーは大きくわけて前半と後半で少々テイストが異なります。これがこの絵本のおもしろさなのかもしれませんが、少々だらだらと長くなりすぎている感じを受けましたね。緊張が続かないと言うか、焦点がぶれるというか。幸い、最後の最後でぴりっとするしめかたなので息子とにかっと笑えることができましたが。後半は冒険モノとして、別な絵本にしたほうが いいようにおもいましたね。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなペットを飼ってみたくなるかも〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    最後まで、夢のあるお話でした。
    ペットショップで「ドラごゴン」が買えるなんて、そうそうないことだとは思いますけど!
    ヘレン・オクセンバリーさんの絵も素敵でした。
    よく見ると、この絵本に登場するドラゴンの体は1つの山みたいでした。ドラゴンの模様や羽が独創的で、見ていて楽しかったです。

    最後の最後のページ、オーランドと黒猫がしゃべっているシーンは、ドキドキしました。

    これから新しくペットを飼いたいと思っているおうちがあったら、ぜひ一度読んでみてほしい1冊です。
    こんなペットを飼ってみたくなるかもしれませんよ〜。
    私も行けるものなら、「魔法列島」へ行ってみたいです。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなドラゴンを飼いはじめた家族。でも、どんどん大きくなっていき、とうとう市長に追い出すように言われます。すると、実はドラゴンがしゃべれたみたいなんです!魔法島に移住すると言ってくれますが、ついでに、育てたお礼に、クリスマスにみんなを旅行に招待してくれます。魔法島では姫や王子、巨人、いろんなものがあります。素敵なクリスマスプレゼントももらいます。行きはドラゴン、帰りは魔法のじゅうたんで帰るのですが、ドラゴンが代わりにくれた黒猫も実はしゃべるみたい!

    娘も面白く読んでいました。最初は犬がよかったようですが、これを読んだら自分も猫が飼いたい、と言い出していました。

    続編が出てもおかしくない終わり方なので、楽しみです。

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • もし次があればどんな話になるのかな

    マーガレット・マーヒーというと私の中では児童書の作家さんというイメージでした。絵本を見かけたので読んでたみたくなりました。

    ドラゴンがやってくるというのは海外ものでは多い気がしました。

    マーガレット・マーヒーがどんなお話にしているのか興味津々でした。

    ペットを買うように頼まれたお父さんがお母さんから「わからんちん」
    などと呼ばれているところは、この家庭の力関係を思い、クスッとしてしまいました。

    前半はいかにもありそうなのですが、最後の方の展開が読めませんでした。

    オチでは続きがあるような、もし次があればどんな話になるのかなと思いました。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 突拍子の無さが楽しい

    ベルサーキ家のおとうさんは、ある日おかあさんとケンカして、なんとドラゴンをペットに買って帰ってきました。ドラゴンは一家に愛されてどんどん大きく育ちます(ドラゴンを自慢に思っているお母さんがかわいいです)。しかしやがて庭で飼うのも大変なほどになり、市長に処分しなさいと言われてしまいます。
    そこでドラゴンは「まほうれっとう」に住むことにし、クリスマスの間ベルサーキさん一家もそこで過ごします。
    不思議な「まほうれっとう」の描写が楽しく、ところどころにユーモアが効いています。
    突拍子も無い展開のお話ですが、そこが子どもの心をつかむのではないでしょうか。

    掲載日:2006/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドラゴンのいる生活

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    オーランドはひょんなことからドラゴンを飼う事になります。
    そしてドラゴンの勧めで両親と一緒に「まほうれっとう」へ行くのです。
    豪快なファンタジーの世界です。
    オーランドの両親や市長さんとのやり取りが軽妙です。
    ラストはなかなか暗示的です。

    マーガレット・マーヒーはニュージーランドの作家。
    短編集は小気味よいファンタジーが魅力的です。
    この作品も、マーヒーテイストがあふれています。

    掲載日:2005/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット