たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

かえるだんなのけっこんしき」 みんなの声

かえるだんなのけっこんしき 作:ジョン・ラングスタッフ
絵:フョードル・ロジャンコフスキー
訳:さくま ゆみこ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年
ISBN:9784895726283
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,680
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 歌い継がれてきた

    スコットランド発祥、昔から歌い継がれてきたものを再話した絵本のようです。
    1956年には、コルデコット賞を受賞した作品。

    最後には、楽譜が載ってあるので、子供たちと一緒に唄ってみました。
    文章も唄いやすいし、読みやすかったです。
    立体感のあるような絵が印象的でした。1年生の音読にもピッタリな感じです。

    掲載日:2012/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるとねずみの結婚式歌

    かえるのだんなと、ねずみさんが結婚式をします。お客が次々と訪れていきます。

    絵本としてはちょっと結がもうひとつなのですが、歌をもとにしただけあって、というか訳が良いのか、とにかく語呂がいい。読んでいてリズム感が養えそうな感じなので、読み聞かせにはおすすめです。

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『なぜ、フランス?』

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    うちの子どもたちに読んでみました。
    絵は可愛いし、言葉のリズムや物ストーリーの奇想天外さが、ユニークで面白かったです。少なくともうちの子どもたちは、2人とも気に入ってくれました。

    不可思議な展開にいちいち突っ込みを入れながら、楽しそうに聞いてくれました。
    でも特にウケていたのが、カエルの結婚の申し込みをねずみのおじさんが意外とあっさりオーケーしたところと、
    最後にねこが出てきてパーティーを台無しにしたところ、そしてラスト!
    「なぜ?フランスへ!?(新婚旅行)」
    作者はアメリカ人だし、画家はロシアの人で晩年はアメリカに住んでいたらしいのですが、主人公たちの旅行先は『フランス』!
    脈略はないのに、なんだか納得させられてしまうところがまた、面白かったです。
    リズム感があって、マザーグースの歌にも似ているところがあり、
    言葉を理解する年頃になっていれば、年齢を問わずに楽しめる作品ではないかと思います。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるとねずみって・・・

    娘が幼稚園から借りてきました。

    もともと歌の歌詞が絵本になったもののようで、
    サクサクとリズムにのった訳が小気味いいです。
    うたのメロディーはどんなのだろうかと、とても気になりました。

    読み終わった後、娘が
    「かえるならかえるの女の子と結婚すればいいのに」と素朴の疑問・・。
    娘にとっては、その違和感を抱えながらのお話だったようです。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想がユニーク

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1956年のコルデコット賞の受賞作品。
    邦訳は2001年。

    元の話は、400年以上前のスコットランドの昔話のようです。
    それがおはなし歌としてアメリカに歌い継がれ、アメリカ文化として存続しているものを、再話したものです。

    お話は単純明快で、かえるだんなが、ねずみのおじょうさんにプロポーズしてから結婚式までを描いたもの。

    何と言っても、登場する動物、虫たちのキャラクタ−が実にユニークでひきつけられます。
    最後のオチも、そうきたかと納得する出来栄えで、完成度の高い作品だと思います。

    それにしても、かえるとねずみの結婚という取り合わせは、なかなかピンとこないのですが、国柄というのもあるのでしょうか。
    その発想自体も楽しめるオススメの作品で、歌が基本になっているからか、とても読み聞かせしやすい文体となっています。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おはなし歌

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    スコットランド発祥のおはなし歌の絵本だそうです。
    何百年も歌い継がれているなんて、すごいです!

    慣れ親しんだ話ではありませんが、読んでいてメロディーやシーンが目に浮かぶようです。個性的な招待客や、陽気な結婚式の様子が面白いです。

    実際に歌われているのを聞いてみたいですね。

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいお話

    この本もさくまゆみこさんの訳でした。

    日本語として読んでひっかかりがなく読みやすかったです。

    内容的には、かえるとねずみが結婚するなんてありえないでしょうと思い、息子と二人でつっこんでしまいました。

    日本の「ねずみのおよめさん」のようなオチがあるのかというとそうでもなくて、ユーモラスで最後はちょっと怖い、でも収まるところに収まると、おもしろいお話だと思いました。

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい結婚式!

    外国の童歌を絵本にした物なんですね。日本語になっても歯切れが良くて、歌うように読めました。
    お話も楽しいです。カエルとネズミが結婚したり、蛾だのハエだのヒヨコだのが祝福にきて、式の終わりに猫がちん入してきて。最後はフランスへの新婚旅行!400年以上前のスコットランドの歌らしいので、当時はフランスが憧れだったんですかね。歌の締めの「たのしい ひととき すぎさって おはなしうたも おわりです」というフレーズが個人的にはお気に入りです。
    残念だったのは、元の英語の歌が冒頭の部分しかないこと。せっかくだから全部掲載して欲しかったなあ。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結婚式のおはなし歌のおはなし

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    アメリカのおはなし歌から再話したおはなし。
    もともと歌なので、非常にリズムのある訳文で読み聞かせにピッタリです。
    かえるだんなのプロポーズから結婚式の段取り、披露宴の賑やかさ。
    ラストはいかにもおはなし歌。
    1956年度コルデコット賞受賞作品で、やや古典的な絵ですが、
    それだけに丁寧な絵が魅力的です。

    掲載日:2005/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット