どしゃぶり どしゃぶり どしゃぶりの試し読みができます!
絵: はた こうしろう 文: おーなり 由子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
雨とあそぼう!

うちにあかちゃんがうまれるの」 みんなの声

うちにあかちゃんがうまれるの 作:いとう えみこ
写真:伊藤 泰寛
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年12月
ISBN:9784591083710
評価スコア 4.78
評価ランキング 442
みんなの声 総数 39
「うちにあかちゃんがうまれるの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 本から感じ考え想おう!

    小学校1年生の娘が一人読みしました。
    我が家の娘は一人っ子なので,実際にはこの本の女の子のような経験はありませんが,その分本によって少しでも感じ考え想うことができたことに,この本の良さを感じました。
    自分と違う環境を感じ考え想うことができるのも,本の良さだと改めて感じる本でした。

    掲載日:2018/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動的です。

    「うちのあかちゃん」の誕生を迎える自宅出産の様子を伝える、写真絵本です。
    あかちゃんを迎える家族の表情を、6歳の少女、まなかちゃんの目線から綴っています。
    家族みんなで新しい生命誕生を待つ様子が、本当に素晴らしく感動的でした。
    子供と一緒に読んで、自分がこんな風に、みんなから待ち望まれて生まれてきたんだということを知ってもらいたいです。

    掲載日:2017/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6歳のまなかちゃんの言葉で表現されていますが
    カメラマンのお父さん、出産されるお母さん、
    自宅分娩の助産師さん、ふたりのお兄ちゃんの
    みんなの心がひとつにまとまっている写真絵本ですね。
    ご家族の記録としても素晴らしいと思います。
    自宅出産、水中、へその緒を切るというのも
    自然な感じなので見やすいと思います。
    絵や文字、言葉で聞いても
    実際に経験がなければわかりにくい命の誕生。
    尊いものであると思います。
    そのことを子供目線で表現されていて
    同じくらいの子供さんが見ても伝わりやすいのではないかと思います。
    命の誕生、赤ちゃんが生まれることは
    危険も伴うことで、そこにはいろんな気持ちや感情もあるので、
    それぞれであるとは思いますが、
    知っておきたい本だと思いました。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命の誕生

    息子は、お兄ちゃんお姉ちゃんになる絵本が大好きなので、借りてみました。
    1人で黙々と読んで
    「赤ちゃんの名前、そらとって言うんだって!」
    と報告されました。

    私は、その後に1人で読みましたが、感動しました。家族で迎える出産って本当に素晴らしい、こんなに命を感じる出産があるんですね。
    写真だからダイレクトに伝わってくるものがあると思います。
    息子以上に私が気に入ったので購入しちゃいました。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命の誕生

    • ヤキングさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子5歳

    最近、5歳の娘は赤ちゃんに興味津々です。
    お友達の弟、妹に熱視線を送り、私が娘の妊娠中、出産時のことを聞いてくるようになりました。
    そんなときに見つけた本です。

    お姉ちゃんになった、まなかちゃんが赤ちゃんを待ちわびている様子を見ては、「ママも楽しみだった?」と聞き、
    痛みに耐えているお母さんを見ては、「ママも?大変だった?」と聞き、
    産まれたばかりの赤ちゃんとお母さんをつなぐへその緒を見ては、「これは何?わたしもあったの?」と聞き、
    5年もたって、出産時の様子を忘れかけている私にとっても、写真を見ながらいろいろ思い出し、改めて娘の成長を実感することができました。

    親子で一緒に読みたい絵本です。

    掲載日:2015/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族が増える感動

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子2歳

    6歳の息子、2歳になったばかりの娘と読みました。

    2歳娘が生まれたとき、長男は5歳まじか。
    ママのお腹がどんどん大きくなっていったこと、
    生まれたばかりの赤ちゃんの手がとっても小さかったことは、
    きちんと記憶に残っています。

    こんなに大きなおなかだったね。
    生まれたばかりのあかちゃん、
    手がこんなに小さかったね。
    でもしっかり爪ものびてるんだね。

    そんなことを二人で思い出しながら、
    懐かしく読みました。

    赤ちゃんの誕生って、本当に、とっても神秘的。
    そして家族が増える幸せは、人生そうそう何回もあるもんではありません。
    私と長男にとって、2歳の娘の誕生の思い出は、宝物なのです。

    一方2歳の娘は、赤ちゃんの写真に喜んではいたものの、
    表紙の写真をみて、
    「におってるね。」と一言、
    匂いを嗅いでいる写真だと思ったみたいで、
    彼女にはまだ全然早かったなぁと思いました。

    いつか、また一緒に読んであげて、
    彼女の誕生を家族みんなで心待ちにしていたことを、
    話してあげたいと思います。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の心にも子どもの心にも感動を呼びます

    • ももたろうさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 男の子7歳、女の子5歳、

    もうすぐ出産を控えています。その時に出会ったこの本。最初に読んだときは感動して涙が出ました。息子・娘とも真剣に聞き入ってくれました。
    赤ちゃん誕生を心待ちにする家族のあたかかさや優しさ。そこに触れて自然と楽しみにしてくれている我が子どもたち。立会い出産をしたいとまで言ってくれました。
    そして赤ちゃんってすごいんだよ、自分でいつ生まれるかを決めて自分の力で生まれてくるんだよ。あなたたちもこの力をもって生まれてきてるんだよ。だから少々のことがあっても大丈夫。この生きる力があればなんだってできるよ、というメッセージを添えて読むことができました。
    読み聞かせボランティアをしていますが、この本は幼稚園でも紹介させてもらいました。ちょっとむずかしいかな、と思いましたが、園児たちは釘づけ。赤ちゃん誕生ってすばらしい!ということを伝えるには十分の絵本です。

    掲載日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアル

    写真絵本なのでとてもリアルです。つい最近おねえちゃんになったばかりの孫に選びました。手術室の前を頑固に動こうとしなかった孫は、きっと孫なりにおかあさんが心配だったんだと思いました。この写真のお陰で孫なりに少しは赤ちゃんが生まれるということを理解できたかなあって思いました。

    掲載日:2012/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょうど第二子を妊娠中に、上の子が保育園で読み聞かせしてもらっていて、お迎えの時に私も一緒に読みました。
    産後に図書館でも借りて、もう一度読みました。
    とても素敵な写真絵本です。心があったかくなります。

    3番目のお姉ちゃんが、生まれたばかりの赤ちゃんのことを
    「どうしていいかわからないくらいかわいい」という場面があります。
    それが影響しているのかどうなのか、ウチの上の子も同じことを言います。
    そう思ってもらえて、本当によかった。いい時期にいい絵本に出会えたなと思いました。

    掲載日:2012/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真だから伝わる尊さ

    • ちょびこさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子5歳、女の子3歳

    大きくふくらんだおなかに、キスをしている女の子。
    女の子がこれから生まれる命への愛おしさが伝わってくる、優しい写真が表紙。

    女の子の名前は「まなか」6才です。
    まなかちゃんが七夕に「あかちゃんがほしい」とお願いしたところ、
    そのお願いがかなったんです!
    そして、今日はあかちゃんが生まれてくる日。
    お父さんもお兄ちゃんたちも、会社や学校からとても早く帰ってきました。
    みんなで、あかちゃんの誕生を待ちます。

    この本は全編写真で綴られています。
    自宅出産のお話で、家族の表情がとても活き活きと伝わってきます。
    お母さん(著者)はお風呂場での水中出産をしていて、
    そのシーンは、こちらまでドキドキしてしまいます。
    そして、生まれたての赤ちゃんのしわしわな感じ、壊れそうな感じに、
    ちょっとグッときてしまいます。

    ちなみに著者はNPO法人自然育児友の会という育児に関する活動をされている方で、
    こちらのHPではこの絵本の裏話も見ることができます。
    ご夫婦で作られたこの絵本、お子さん達にもご家族にも大切な1冊だろうな、と思います^^

    幼児もさることながら、小中学生にも読んでほしいですね。
    やっぱり写真の力はすごいですよ。
    一つの命が生まれる幸せが詰まった1冊です。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / てぶくろ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本


未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット