おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

銀河鉄道の夜」 みんなの声

銀河鉄道の夜 作:宮沢 賢治
文・影絵:藤城 清治
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1982年
ISBN:9784062003957
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,490
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 静かで美しい絵本

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    とても美しい絵本です。
    静かに静かに 本の中へ 引き込まれていきます。

    生きていくこととは・・?

    答えがないようだけれど 自分で心のなかで考えるような
    とても静かで・・ 静かに水の波紋のように広がっていく絵本だと思います。

    サソリの生き方。
    カンパネルラの生き方。

    誰かのために 何かできるということ。

    どのように 娘がうけとめて考えているのかはわかりません。

    母としては 何としてもそれでもどんなことがあっても
    生きていてほしい って思うのだけど。

    そんなことを思いながらも 結構読み聞かせをすると時間をとるのですが
    「読んで」
    と持ってくる小学3年生の娘に 持ってくる間は一緒に読んでいきたいなぁ
    なんて こっそり願っている母なのでした。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 天の川の頃の定番のお話

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    藤城清治さんの影絵が『銀河鉄道の夜』と素晴らしく共鳴します。
    原作は有名な宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』。
    それはそれはすごく奥が深く、イメージが素晴らしく、
    あの時代にこんな童話の世界が、日本の作家の手で書かれたとは
    驚きです。
    その世界があの幻想的な影絵で表現されていて、ため息ものです。
    おはなしは原文ではありませんが、
    原作を損なうことの無いていねいな構成で、
    原作に挑戦する前のステップとしても最適でしょう。

    ジョバンニ少年の銀河鉄道の旅。
    天の川のイメージ、登場人物の余韻の重さ、ラストに向けて流れる哲学。
    小学校も高学年以上向けでしょうか。
    でも、画面が美しいので、その絵の流れを感じ取るだけでも
    楽しめると思います。

    掲載日:2005/07/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一度は読んでほしい

    • まきのすけさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、女の子5歳

    娘たちに読み聞かせをしました。
    原作はまだまだ難しいと思われるので、まずは絵本から…。

    普段、全く本を読まない夫は初めて内容を知ったらしく、横で聞いていて「いい話だなぁ」と(笑)。
    お話の設定や、遣われている言葉に馴染みがないので、すぐに理解できるわけではないでしょうが、繰り返し読むことで自分なりにいろいろ考えてくれたら、と思います。

    藤城さんの絵もとても美しいので、ゆっくり、丁寧に読みたい絵本です。

    掲載日:2016/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもにも、おとなにも

    影絵がうつくしい絵本です。原作を損なうことなく文章と絵が繰り広げる世界はこどもだけでなくおとなもゆっくり楽しみたい絵本です。
    特に丘の上の大きな木が印象的です。できることなら映像で見たいですね。光と影が作り出す世界は物語にぴったりです。

    掲載日:2016/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物語の終わり

     「銀河鉄道」というひびきは、何度聞いてもすてきです。
    天の川を旅する、カンパネルラとジョバンニ。けれど、物語の最後は、地上の川でカンパネルラは、、、。この終わり方を、どのように解釈したらいいのか、迷ってしまいます。
     賢治の言いたいことは、伝わってくるけれど、難しいですね。

     美しくて幻想的なお話は、藤城さんの影絵とぴったり合っています。読んだ人、それぞれが答えを考えるお話だと思いました。
     

    掲載日:2013/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすくなっている

    原文そのままの「銀河鉄道の夜」も読んだことがありますが、旧仮名など、なかなか読みづらかった印象があります。
    こちらは、文章にも手が加えられていて(と言っても、大幅なアレンジでもなく)読みやすくなっていたと思います。
    影絵が、お話の世界とピッタリだったと思います。

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 影絵ならではの色使いで

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「銀河鉄道の夜」は宮沢賢治の作品の中でも、大好きなお話の一つで、いろいろ絵本にもなっていることが多いのですが、影絵作家で有名は藤城清治さんも書かれているなんて、つい最近まで知りませんでした!!

    影絵の「銀河鉄道」も素敵ですね〜。この作品は1982年に第1版が出されていました。今からだいたい30年近く前の作品ということです。
    影絵ならではの色使いで、中盤のカンパネルラのセリフのシーンは印象的でした。
    (「ジョバンニ、お母さんは、ぼくのことを許してくださるだろうか。」のところ)
    これはどんなふうに描いて、どんなふうに制作されたのでしょうか……。幻想的でとても素敵でした。

    読み聞かせにするには少々長いお話なので、全部を読んであげることはできませんが、
    この影絵の色使いなら遠目が効きそうなので、機会があったら、小学校高学年くらいの子どもたちに紹介したいです。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり影絵でしょう

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    銀河鉄道といったら、やっぱり挿絵は「影絵」が最適でしょう!
    浮き出てくるような星空に、燃えるような夕焼け空・・・・
    光と影の幻想的な世界が、宮沢賢治の名作をよりいっそう押し上げて、見ているものの心を奪っていくようです

    お話そのものは友人のカンパネルラが神に召されてしまう、悲しい物語です

    みんなのために本当の幸せを探す・・・・
    作者自身も悩み続けたテーマがずっしりと最後のページに刻まれてますが、藤代さんの鮮やかな影絵が、ジョバンニの決意ともとれる太陽で前途を祝福しているかのようで圧巻でした

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 藤城さんの世界

    宮沢賢治の文章が横書きになった。横書きになったとたん、絵本の主役は藤城さんになったと思います。
    さらに内容が少し違うなと思ったら、この絵本は宮沢賢治原作で、藤城清治文となっています。文章からして藤城さんの世界でした。(読む人はここを勘違いしないように気をつけて下さい)。
    そして、絵は自分には懐かしい影絵の世界。
    藤城ワールドです。
    童話だけでは確かに文章は長いのですが、影絵の劇場、視聴覚教材として楽しみました。(映像版もあるようですね)。
    藤城さんの解釈も入っているのですが、原作のポイントは崩さないでわかりやすくなっていると思いました。

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 影絵の銀河が素敵

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    宮沢賢治作品は、いろんな方が色んな挿絵で書いています。
    お話のイメージに合ったものをそれぞれ購入したいなあと考えていました。

    書店で見て、表紙に一目ぼれしました。
    藤代さんの影絵の美しいこと。。
    ページ一面の群青色の銀河の世界に、色とりどりの星、影絵の控えめな雰囲気が素敵です。

    銀河鉄道と言う不思議な電車に乗った青年の切なく悲しいお話ですが、
    そのイメージを膨らませるのにぴったりです。
    「銀河鉄道の夜」は、この本にしようと思いました。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / かばくん / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット