なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

かっぱのすもう」 みんなの声

かっぱのすもう 作:小沢正
絵:太田 大八
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784774605678
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,632
みんなの声 総数 17
「かっぱのすもう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 強ぇ!!

    かっぱの弱点が頭の水って言うのを初めて知ったうちの子。とってもビックリしていました。こんなことでかっぱがヨワヨワになってしまうのにショックを受けていました。おじいさんがとっても強かったのに驚いて、「強ぇ!!!」って言ってびっくりしていました。

    掲載日:2012/04/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夏に読みたい

    もうすぐ、夏。
    我が家の娘は野菜が大好きできゅうりもぼりぼり
    食べるので、そんな時に「かっぱちゃん」とよく
    呼んでいます(笑)。
    この絵本は、きゅうりがおいしい夏に読みたい!
    学校での読みきかせで読んでも楽しいだろうなあ
    って思いました。
    みんな、かっぱがおすもう強いの知らないだろうし。
    あたまをさげて、お皿の水がじゃぼじゃぼこぼれる
    ところも楽しいですし。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいさんの知恵の勝利

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    かっぱたちのすもうに巻き込まれる人間のおじいさん。
    かっぱと言えば、すもうが得意。普通にやってはとても勝てないかな…。
    かっぱの弱点を思い出し、うまく作戦を立てて、その弱点をつくおじいさんが見事です。
    やっぱり知恵の力ってすごいですねー。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝えたい昔話を、この絵本で

    梅田俊作氏の紙芝居の絵とは違い
    太田氏の絵は、リアル感満載
    昔の感じも雰囲気バッチリです

    初め、カッパは怖いものなのかな?って
    感じ
    おじいさんったら
    「あいつらだな けしからん」って
    怒っているのに
    いざ、カッパの相撲を見てしまうと
    楽しくなっちゃうし
    カッパに誘われると
    「勘弁してください・・・」と

    おじいさんの態度がコロコロ変わるのが
    なんともおかしいのです

    カッパ達も同じような姿のようでいて
    個性があります
    甲羅の模様も違いますし
    表情もいろいろ

    「ぺこり」とお辞儀する様
    宴会の様子
    なんとも、楽しいです

    表紙を開くと
    手を繋いだ河童たち・・・
    なんとも愛嬌があって
    いたずらしても
    許しちゃおうかな って思っちゃいます

    こどもたちに伝えたい
    昔話
    素敵な絵とともにーと願います

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっぱの弱点

    かっぱのすもうを見ていると、見つかってしまい無理矢理相撲を取らされることになったおじいちゃん。
    負けてばかりでいたのですが、よい作戦を思いつき、そこからは見事に河童を負かします。そのあたりのシーンが愉快で、息子は大喜び。おじいちゃんが河童を持ち上げたときは「凄い、凄い!」と言っていました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいさん、すごいです

    カッパと相撲をして、負け続けるおじいさん。
    ところが、ふとしたことを思い出し、見事に逆転して大勝利です。
    イタズラカッパをこらしめたときは、スカッとしましたね。
    体力は衰えても、長年積み重ねた知恵で勝負できるのですから、頼もしく感じました。

    掲載日:2014/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • え、それだけ?

    題名の通り、おじいさんとかっぱが相撲を取る話です。

    つまるところ、ちょっとした知恵でかっぱの頭の水をこぼすことに成功したおじいさんが勝つのですが・・・。え、それだけ?っという驚きがある一方で、やっぱりなんだか爽快でもあります。

    そう、現実の世の中では、そのちょっとの知恵がなかなか湧いてこないものだからかもしれません。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっぱぱー♪るっぱっぱー♪

    • いちご紅茶さん
    • 30代
    • ママ
    • 富山県
    • 男の子15歳、女の子10歳

     民話の絵本です。絵の味わいが日本の昔話特有の温かさです。

     現代っ子にとって、カッパの存在は新しい感覚かもしれません。カッパなんて日常会話には出てこないしカッパが悪さするよ、なんていってもびくりともしない。空想上のいたずっらっ子のカッパは、キャラクターでしかないのかもしれません。

     そこを、逆手に取ったようにカッパの皿に注目しておもしろく相撲を取らせたなんて、昔の子も現代っ子も素朴な笑うツボは共通ですね。また描写に使われている言葉も、くりかえしくりかえし出てきておもしろい。子どもはすぐ覚えて声を合わせて読むんですよね。結構楽しめます
    。 
     
     カッパッパー♪ かっぱっぱー♪ カッパカッパ かっぱっぱー♪
     パッパカパー♪ パッパカパー♪♪♪
     
     このような歌が 挿入されています。
     カッパの歌といえば、昭和世代は気になるCM曲がありますよねー。
     ○○○○のお酒の例の歌です。その曲調がちょうどおもしろくはまるので(少しアレンジお願いしますね)オーバーリアクションで読み聞かせを楽しみたい方にはもってこいです。

    掲載日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • けったい!

    ストーリーも絵も味がありますね。これぞ民話って感じ。特に味があるのが、相撲に引き込まれるおじいさんの悲哀と、その後のお辞儀をして水をこぼしてしまう河童の間抜けぶり。判を押したように繰り返すので笑ってしまいました。最後は、悪さをしなくなったということで子供も一安心してました。
    めでたしめでたし、って言葉が似合う絵本です。

    掲載日:2009/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいい「細マッチョ」に

     私の父方の祖父母は遊びに行くと、必ず夜、私を真ん中にして川の字で寝ました。
     私が眠くなるまで、祖父は色々な創作昔話を即興で作って話してくれました。
     ウサギやたぬき、狐にからすそして、かっぱの話もありました。
     あまりにも、奇想天外なストーリーの時は、祖母が小さく笑い声を立てていました。
     この絵本を読んで、その時の事が思い出されました。
     あ〜、あの時間は、私たち三人にとって、幸せな時間だったのだな〜としみじみと懐かしく思います。

     さて、むかしむかし、おじいさんのキュウリ畑が荒らされて、その夜外でがやがやという話し声が、……。
     キュウリ畑を荒らしたであろうかっぱに遭遇して、おじいさんは、かっぱにぺこぺこ。すもうで、かっぱたちにやられっぱなし。
     でも、妙案が浮かんで、……。

     最初のページのおじいさんのルックスから、やせた土地で細々と畑作りをしていて、気の毒なほど貧相に見えました。
     かっぱの前でも、おどおどしていて気の毒でした。
     でも、形勢逆転のページから、おじいさんがだんだん力強くかっこいい「細マッチョ」になってきて、笑えます。

     エンディングも、安心できる“めでたしめでたし”で、心なごみます。それにしても、かっぱと酒盛りって合いますね。(笑)

     息子6歳の夏によみました。「うちのキュウリは大丈夫?」なんていうことをいっていました。

    掲載日:2009/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット