ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

こんにちはたまごにいちゃん」 みんなの声

こんにちはたまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784790251194
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,590
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 大好きなシリーズです

    3作目にしてたまごにいちゃんの誕生秘話です。
    こういうふうにして、たまごにいちゃんが生まれたのかと納得の1冊。
    旦那はこれが1作目じゃないの?と驚いてました。
    1作目で人からどう見られてるのかとかも気にせず「これでいい」といっていたたまごにいちゃん。この誕生秘話でのエピソードがあったからこそ、たまごのままでいいと言えたのかな〜と思いました。
    何にせよ、弟思いの優しく芯の強いたまごにいちゃんを知れてもっとファンになりました。

    掲載日:2016/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遠回りするということ

    • こうちゃさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    あきやまただしさんの本、さかさのこもりくんシリーズが面白かったので、
    こちらも読んでみました。
    まず、表紙をめくると、あきやまさんのメッセージに共感しました。
    わたしもこんな気持ちで子育てしたいなと思いました。

    たまごにいちゃんカッコイイです!
    そのカッコイイ優しさはお母さんから愛情をたっぷりもらっているからなのかな。
    こちらは他のシリーズもあるようなのでぜひ読んでみたいです。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 殻があっても元気いっぱい

     なかなか殻をやぶることができない、たまごにいちゃん。でも、絶対に自分でやぶる、と言っています。
     殻がついたままだって、げんきいっぱいなのが、いいなと思いました。
     
     おかあさんも、いっしょに生まれた兄弟たち、おとうとたちも、みんなあたたかく、ふつうに見守っているのが、ほほえましいなと思いました。

     あたたかい色で描かれた絵がよかったです。
     たまごにいちゃんの殻が、どうなるのか楽しみですね

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 殻をつけて

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    兄弟が殻から出てもいつまでも殻をつけたままなたまごにいちゃん。
    なんだかんだで最後は殻を破って出てくるのかと思いきや最後までそのままなのに逆に驚きました。
    お母さんも「殻から出なさい」という態度ではないですし。
    殻は被っていても中身はもう一人前なのかなー。
    弟たちをおもう態度は立派ですね。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごにいちゃんに なったわけ

    「たまごにいちゃん」シリーズの作品はたくさんあったので、どれから読もうかなーと迷いながら、たまたま手にしたこの一冊です。
    偶然にも「たまごにいちゃん」の誕生話だったので、初めて読むにはピッタリで良かったです。
    見た目はたまご。でも、心は弟達を思いやる、りっぱなお兄ちゃんなんですものね。

    掲載日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじまりは、

    「たまごにいちゃん」を読んですっかりお兄ちゃんファンに。
    今回は、なぜたまごにいちゃんは、たまごなのか?
    たまごにいちゃんのはじまりのお話。
    これは、ファンとして読まずにはいられません(o^^o)

    たまごは楽しい、たまごはママと一緒にいられる。
    そう思っていたたまごにいちゃんでしたが、
    でも、ある時、それだけじゃないことに気づきます!
    たまごでありながら、兄としての自覚に目覚めたその日こそ、
    たまごにいちゃんの始まりなのすね☆

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいたまごにいちゃん派におすすめ

    一人っ子ですが、6歳を過ぎた頃から「大きくなりたくない」という息子に「たまごにいちゃん」を購入しました。

    いつまでもお母さんの側にいたい、かわいいままでいたい、
    とまさに息子とたまごにいちゃんの気持ちは一緒。
    笑いもあり、かわいい毎日のエピソードが楽しいのですが、、。
    やっぱり、、、たまごが割れてお兄ちゃんになってしまうお話なんですよね。そして、その結末に少し悲しむ息子。
    たまごに入っていた方がかわいい!たまごにいちゃんがいい!!
    という息子に見つけたのがこちら。
    「こんにちはたまごにいちゃん」
    たまご時代のたまごにいちゃんを満喫できるお話です。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお母さん

    たまごにいちゃんは自分で殻を割りたかったんですね。
    お母さんはそれを温かく見守っていて、私も見習わないといけないなと思いました。
    きっと私なら、怒るか、割るのを手伝うか、どっちかだなあと。

    長女はとてもこのシリーズが好きです。でも、大人にも大事なことを教えてくれますよ。オススメです。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誕生秘話

    「たまごにいちゃん」シリーズの中の1冊です。

    今回は、たまごにいちゃんの誕生秘話です。

    最初は、「たまごちゃん」と呼ばれていたんですね。
    子供を見守る、お母さん、見習わなければいけませんね。

    お決まりのカラスとのやり取りも面白いです。

    息子のお気に入りシリーズです。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお母さん

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    たまごにいちゃんの姿は、甘えん坊そのものな姿なのかな?と思っていましたが、
    “弟達を守るため”という立派な目的があったのですね!
    当初は殻から出たい!と頑張っていたなんて、本当に本当に意外でした。

    殻から出たいともがいている時は、ほんのちょっぴりのお手伝い。
    たまごのままでいると宣言した時は、「あら、そうなの?」という返事。
    お母さんの“見守る”というスタンスが、何とも素敵です^^
    自主性に任せているけれど、決して放任ではないのですよね。

    娘達が困っていると、ついつい手を出し過ぎたり、
    上の娘のトンデモ発言には説得を試みたりしている私なので;、
    う〜ん、見習わなければ。。。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / チリとチリリ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット