ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

アイスクリーム、つくります!」 みんなの声

アイスクリーム、つくります! 作:ごとうりゅうじ
絵:佐藤 真紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784591087152
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,440
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美味しそう!

    ごんちゃんと先生の関係も気になりましたが、私はやっぱり美味しそうなアイスクリームのことばかり気になったのは確かです。先生の言った一言に傷ついてしまったごんちゃんですが、先生が謝ったことで解決できてよかったです。手作りのアイスクリームも簡単(?)そうなので作って食べたくなりました。

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生〜(汗)

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    シリーズ4作目。
    相変わらず、先生が子供っぽい(笑)
    人間らしいというか・・・この子供っぽさが子供との関わりを上手くしているのかな?
    読んでいると、「先生〜おいおい(汗)」という思いが溢れてきますが、通して読むといいんですよ^^
    おたのしみ会でアイスクリームを作る事になり・・・
    その中でごんちゃんは「特別なたまご」を勝手に持ってきちゃいます。
    それも並々ならぬ思いを胸に。
    先生が軽く言った言葉をごんちゃんを怒らせ・・・場の空気は悪くなり・・・。
    こんなんでいいのかなぁ?と心配になりました。
    やっぱり、「先生しっかりしてよー」という思いがどんどん溢れてきます。
    それでもなんだかんだうまくやってくれるんですけど^^
    このお話は元になる実話があるようで・・・色んな子供がいて、それぞれに思いがあって、どこまで許してどこまで決まりどおりにしていくか、全体をうまーくまとめるってすっごく大変だなぁとつくづく思いました。

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べてみたい〜

    この絵本を読んだあと、一番に思ったこと。
    それは「作ってみたい〜」&「食べてみたい〜」。
    1年生の僕でも作れそう!!と、息子には思えたようです^^;
    1年生の息子にとって、感情移入しやすい絵本のようです。
    実際、クラスの雰囲気や発する言葉、態度などが息子や息子の周りに共通するところが多いようです。

    最初に気になったのは、ごんちゃんが大事そうにもってきたもの。
    あるものを大事に大事にもってきたごんちゃん。
    その様子が、息子そっくりで笑ってしまいました^^;
    大人からすると、そこまでせんでも〜というかんじなのですが、
    それがまさに1年生の息子の行動にそっくり。
    1年生ってそういう時期なんですよね〜と、
    後藤さんの目の付けどころにびっくり。

    そして最後のぼくの心の声にも。
    ごんちゃんと付き合うようになって、和田君もどんどんたくましくなっていきますね♪
    こうやって男の子は強くなっていくんだぞ!と、
    そんな姿を嬉しく思っちゃいました。

    シリーズを通していると、松浦先生って実は子供?!と思えるほど、
    駄目な部分も多い先生です。
    でもある意味、何でも完璧な先生じゃないからこそ、親近感がわくのかもしれませんね〜。
    それにしっかりごめんね〜を子供に言えるのもすごい。
    日常で私も間違っているときに、素直にごめんって言えているかなあ・・・と自問してしまいました。

    息子が気に入って読みだしたシリーズですが、親子で楽しく読むことができました♪
    1年生の男の子たちにはお勧めのシリーズです!

    掲載日:2008/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • お手本になります。

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    この本シリーズなんですね。知りませんでした。
    でも他のシリーズ本を読んでいなくても、読むことが出来ましたよ。

    子供ってよくこういうことありますよね。
    大人のちょっとした一言で、いじけてしまう事。
    ごんちゃんも先生の一言でいじけてしまいました。
    親としてもこんな時困ってしまうことがあります。
    なのでこの先生はどうするのかな?
    と、とても興味深く読んでいきました。

    先生は自分の一言でごんちゃんが傷ついていると
    知っていたのできちんと謝ったんです。
    生徒一人にきちんと向き合う、とても素敵な先生です。
    他にも「この先生素敵だな〜。親としてもこの先生を見習わなきゃ!」
    なんて思うことがたくさんありました。

    今の学校ではこんな風に子供が自由に使える時間って少ないですよね。
    この学校のように、子供がのびのび出来る学校が増えるといいな!
    と思いました。

    掲載日:2008/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生にはお見通しです!

    1年2組の「ごうちゃん」シリーズの第4弾。
    今回はお楽しみ会でアイスクリームを作るお話し。
    先生は材料は全て先生が用意するので、準備は不用。
    と伝えたらしいのですが、ごうちゃんは特別な
    大きな卵を持ってきた!
    そこで、先生が「あらばかねー、・・・」なんて冗談を言ったので
    ごうちゃんはとうとうひがんでしまいました。

    そんなごうちゃんの様子をしばらく観察するように
    そ〜っとしてみたり。この先、先生はどう対処するのかな?
    と、元保育士としてかなり興味があり、読み進めると
    先生は自分の発言に対して、ごうちゃんにしっかり謝ってました。
    そして、ごうちゃんがどうして怒ってるのか?
    その事もしっかりお話しして、ごうちゃんをまた、クラスの中に
    戻すのです。
    大人になると、なかなか自分の過ちに対して
    謝ることを忘れてしまいますが、このお話しには
    この先生はなんて素敵なの!と感激しました。
    そして、しっかりとクラスの子どもたちをみてるところも
    いつも子供目線で子どもたちの意見をしっかり聞いてる
    先生ならでは!と、アイスクリームもとてもおいしそうでしたが
    そんなところに注目しまくったかおりせんせいでした。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • はたらか猿

    最近何かと怒りっぽい息子に“怒る”“すねる”という子供の表現が出てくる絵本を一緒に読みたいと思っていたところ、思わぬところからこの絵本に出会えました。

    舞台は小学校(1年生)の教室なので、保育園年中の息子には少し早いかなとも思いましたが、横で聞いていて時折笑っては食い付いてきましたので、全然問題ありませんでした。

    息子のツボは、先生が発したことわざを聞いた子供たちが、勘違いして想像してしまったナマケモノが突然出てくるところ。突如現れたサルや、先生がこけたという表現に、思わず笑ってしまい楽しんで聞いているようでした。

    特に息子に聞いて面白かった場面は、おたのしみ会という特別な授業で、アイスクリームを作ることになって大はしゃぎするクラスのムードメーカーのげんちゃんが、自分の思うようにはいかなくて、わいわい楽しそうにアイスクリーム作りをするみんなとは離れて、一人“すねて”ぽつねんと石になっているところへ、「どうしたの?」と声を掛ける先生の手を払いのけたところでは緊張感が走りますが、できあがったアイスクリームを先生がげんちゃんの口に持っていく場面で、息子に「これで機嫌直るかなぁ?」と聞くと、即座に「う〜んうん」と横に首を振ってダメと言ったとおり、げんちゃんの機嫌はこれでは直りませんでした。最近よく怒ったりすねたりすることの多い息子には、きっと自分のことのようにげんちゃんの気持ちがわかるのでしょう。

    どうやってげんちゃんが機嫌を直したかは是非読んでみて欲しいのですが、担任の先生が子供たちに真正面からぶつかって誤解を解いていくところを見るとも、親としての自分はどうだろうかと反省もしてしまいました。

    もっともっと息子の気持ちに近づけるように、“怒る”や“すねる”を題材にした作品を一緒に読んでいきたいと思います。

    掲載日:2008/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙のアイスクリームのおいしそうなこと!

    表紙のアイスクリームのおいしそうなことといったら!バニラアイスクリームを如実に表現しています。どこかのアイスクリームのCMに使ってもいいくらいおいしそうで、思わず手に取らずにはいられません。夏といったらやはり、アイスクリームだと思うので、季節を感じてこの季節に読むのはまさに“旬”だと嬉しく思いました。主人公の男の子はアイスクリームが好きだからこそ思い入れがあり、こだわりを持っている。だから自分の厳選した食材を使って作ってみたかったのだと思います。”ばかね。”という言葉をさらりと使った先生。”ばかね。”という言葉を真摯に受け止めた主人公。言葉は時に恐ろしい。言った本人はそんなつもりではなかった。だが、人を傷つけてしまう。そんな言葉の持つ力の強さを先生と主人公の対話から読み取れる絵本です。そして、大人は概して自分の過ちを子供に対して認めない傾向が強いように日々感じているがこの絵本の先生は違う。この先生のもとで育つ子供たちはきっと、先生のようになるだろう。そう思いました。自分が故意にしたことでなくともそのことによって人を傷つけてしまったとしたら言葉で、態度で謝罪する。とても大切なことだと思います。私を含めてそれをしない人が多いように感じます。簡単にできそうなことだけれどなかなかできない。反省しなければ。強く思いました。そして、先生との誤解が解けて、自分の持ってきた卵でアイスクリームを作っても良いと許可をもらった時の主人公はとにかく別人のよう。自分を評価されたと感じれば嬉しいしやる気にもなる。そう感じました。主人公のごんちゃんを自分の娘に置き換えて再度読みました。私も気をつけなくっちゃ。そう思いました。そして、何かを作るということはやはり楽しいことだと再認識しました。娘と何か作りたくなりました。

    掲載日:2007/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • クラスでアイスを作るのにはりっきっているごんちゃんのお話ですけど、読んで夏の思い出だなって思いました。なんかこどもじゃないと発想できないとかんじ、このごんちゃんと同じぐらいの年代のお子さんが読むとちょうどいいなと思いました。

    掲載日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット