ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

おるすばんごっこ」 みんなの声

おるすばんごっこ 作・絵:キャサリーナ・グロスマン・ヘンゼル
訳:今江 祥智
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年03月
ISBN:9784776401216
評価スコア 3.8
評価ランキング 30,317
みんなの声 総数 9
「おるすばんごっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怪しげな珍客

    このお話は、お母さんとお父さんが留守の時に怪しげな5人の泥棒が家にやってくるというお話でした。この泥棒たち、留守番をしている女の子に会いに来るのが目的みたいで何も盗んでいきません。そんな話をうちの子が聞いて「変な泥棒!」といとこと言っていました(笑)

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりにくいです

    4歳2ヶ月の息子に読んでやりました。翻訳された絵本には、あたりはずれがありますが、残念ながらこの本は後者。だって、ストーリー展開がよくわからないからです。おるすばんごっこというわりに、それを本当に楽しんでいるとは思えないからです。はちゃめちゃで、なぜこうなるの?の連続。息子も消化不良でした。あまりおすすめできませんね。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一歩間違えたら危険!

    両親が映画デートのため、一人で留守番する女の子。そこへ5人組が現れます。なんの5人?と読んでいくとどうやら泥棒です。仲良くなって遊んだから、君の家からは盗まないよ、と約束して出て行く泥棒たち。あげた犬のぬいぐるみも返してくれる。

    でも、このときは上手く言ったけど、普通は泥棒や強盗なんて子供に親切にしてくれるんじゃなくて、一気に殺すと思うので、あまり泥棒に警戒心をなくしたら困るなーと思います。

    5人組が隠れたページでは、娘は発見して喜んでいました。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊んでもらえてよかったね!

    泥棒さん5人組が優しい人たちでよかったと思いました。子供好きな泥棒さんたちでよかったです。危害を加えるどころか女の子のご機嫌をとって一緒に遊んでくれてよかったと思いました。5人組みさんたちも家に帰ればよきパパなのかなあっ思いました。とても優しい泥棒さんたちだから真面目になって働けばいいのになあって思いました。退屈しないで遊んでもらってよかったと思いました。

    掲載日:2011/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良い?どろぼう

    わたしが留守番しているとやってきた不思議な五人組。絵がとてもユニークだと思いました。

    良い?どろぼうだからよかったものの、これが強盗だったら、とても怖いですね。

    どろぼうが遊んでくれるという点は、「長靴下のピッピ」を髣髴とさせます。
    絵本に出てくるどろぼうって、弱気だったり、間抜だったりと、こわくないどろぼうが多いなと思いました。この場合は、心優しい?と言えるのかな?

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとした異文化体験

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    子どもには、親が子どもを置いて、デートにでかけるような習慣が新鮮だったみたいです。
    また、ホーレン草がうしのフンみたいという表現も、すんなり理解できなかったみたい。外国のホーレン草は、煮たものが缶詰になっていたりして、かなりべちゃべちゃしてるんだよって、話してみたりして。子どもは興味深く読んでいました。

    この本の絵がとってもユニーク。女の子とクローゼットから現れた五人組の遠近感や大きさがかなり強調されていて、不思議な空間にまぎれこんだような気分にさせてくれます。

    五人組が関西弁を話すのも、今江さんの粋なはからいでしょうか、かなり話をおもしろくしていると思います。五人組とかくれんぼをするようす、かなり笑えます。

    親と子どもがそれぞれで楽しいひとときをすごしているのが、印象的な一冊でした。

    掲載日:2008/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいお留守番!

    日本ではこんなお留守番はあまりあり得ないな〜なんて思いながら読みました。
    映画の「ホームアローン」を思い出したんだけど、皆さんはどうかしら???

    どろぼうってもっと怖いイメージがあるんだけど、
    この絵本ではとてもおもしろく楽しい人に描かれています。

    とうさんとかあさんにおいてきぼりをくらって
    1人寂しくお留守番・・・
    でもこのどろぼうさん達のおかげで楽しいお留守番になってよかったよね。

    掲載日:2007/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おるすばんは大事件!

    子どもにとって、おるすばんは大事件。
    ところが、この女の子はやってきたどろぼうさんたちと仲良くなってしまいます。
    どろぼうさんたちとのやりとりが楽しく、痛快にストーリーは進んでいきます。
    文字の書き方が、まるで落書きみたいで楽しい絵本です。

    わたしの小さいころのお留守番を思い出してみると、ただただ怖くて布団の中に隠れていました。もっと、おるすばんごっこを楽しめばよかったなぁと後悔しています。もしかしたら、わたしのところにもどろぼうさんたちが来たかもしれないのに。

    掲載日:2006/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 是非、我が家にもいらして!

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    かくれんぼをしている表紙の絵と、翻訳が童話作家の今江祥智さんだったので、思わず図書館で借りてきてしまいました。
    日本ではあまり考えられないことですが、海外ではごく当たり前に、夜子供を置いて夫婦でデートに出かけますよね?
    この絵本は、そんなパパとママに置いてきぼりをくって、家でお留守番をしている子供のお話です。
    寂しさを紛らわすために、クローゼットの中から(空想の部屋から)やってきたのは、不思議な五人組の泥棒さんたち。
    その泥棒さんたちと主人公の女の子の楽しいコメディーです。
    こんな魅惑的な泥棒さんたちなら、是非我が家にもいらして欲しいな。

    掲載日:2005/07/29

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



自動販売機のボタンを押して、何がでるかはお楽しみ♪

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット