あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

忘れな石」 みんなの声

忘れな石 出版社:日本図書センター
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年02月
ISBN:9784820566168
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「忘れな石」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本人も鬼だった

    日本最南端になる沖縄の波照間島で起こった戦争実話です。
    しかし、この話に出てくる戦争はアメリカ軍との話ではありません。
    島に赴任してきた日本兵で国民学校の先生となった人に強制疎開を命じられた子どもたちが、疎開した西表島でマラリアに罹って次々と死んでいった実話。
    戦争マラリアと呼ばれているそうです。
    日本兵の発言は、天皇の声でもあり、神の声でもあった…。
    それにしても、なぜに多くの犠牲者を出さなければいけなかったのか。
    戦争がおわっても、当事者の日本兵からその答は帰ってきませんでした。
    「忘勿石」と刻まれた石は、歴史に対する怒りでしょうか。
    作者自身の怒りは多少思想的ではあります。
    しかし、このような埋もれた史実をも理解していなければ、やはり本当の意味での戦争を語れないのではないかと思いました。

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 沖縄の戦争

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    沖縄の悲惨な戦争は、当時敵国とされていたアメリカ軍ではなく、まさに日本だったことがこの物語が証明してくれます

    もともと沖縄は日本とは別の国に、日本が侵入してきたんですね
    軍人が島民を盾にしてゲリラ戦をする計画をたてていたなんて、しかも教師のふりをして・・・・

    本人たちもそれが本当に正しいと思い込んでしまったとすれば、戦争の間違った教育の被害者かもしれません

    だから私たちは絶対に忘れてはいけないんです
    人類を不幸に貶める、戦争ほど悲惨なものはないということを・・・

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット