貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

金魚のひなこさん」 みんなの声

金魚のひなこさん 作:ただの ゆみこ
絵:ふくだ いわお
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年07月30日
ISBN:9784580821408
評価スコア 3.83
評価ランキング 31,872
みんなの声 総数 5
「金魚のひなこさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 金魚が人間に

    このお話はうちで飼っている金魚がふとした瞬間に人間になって主人公の女の子と会話をしていました。女の子のように見える金魚ですが、実は男の子でうちの子はそれに驚いていました。女の子と金魚という不思議な関係が面白かった一冊でした。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 話がどこに向かうのか・・・

    父と母が離れて暮らしていること、
    お姉ちゃんが中学・高校一貫校に興味を持って、受験しようとしていること、
    主人公のルイがお友達とトラブルになってしまったこと。
    そして金魚との交流。

    それらのことが少しずつ描かれていて、焦点がぼやけてしまい、
    話がどこに向かおうとしているのかなかなか分からないので、
    話に引き込まれず、読みにくいと思いました。

    掲載日:2018/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎなともだち

    両親の別離、お姉ちゃんの進学、お友達との衝突・・・。
    小学生でも、思い悩むことは、いくつもあります。
    そんな時に現れたのは、人間に姿を変えた金魚のひなこさん。

    この ひなこさん、掴みどころのない感じなのですが、いつも見守っていてくれるような、困ったときにそっと背中を押してくれるような、そんな優しさを感じます。

    ことば少ない ふしぎなともだち。
    子どもが心に抱える悩み、支えるということが、見えてくるお話でした。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちゃぽん

    金魚のひなこさんが、ルイの手助けをしてくれたから、勇気を出せたと思いました。仲良しの親友と喧嘩してしまうことは、誰にだってあると思いますが、ちょっと勇気を出せば、相手との仲直りが素直に出来ると思いました。「ちゃぽん」って、印象に残りました。文字の字がとても優しいし、とても読みやすかったです!

    掲載日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子だったの?

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    主人公の女の子ルイは夏祭りの金魚すくいで手に入れた一匹の赤い金魚に「ひなこ」と名前をつけてを飼っていた
    あるひ赤い服の少年がルイの部屋に現れ、ひらひらおよぐように動いたり、口からまるい泡を出したり・・・
    もしかしたら「ひなこ」は男の子だったの・・・?
    我が家は熱帯魚を飼育していますが、やはりかわいいものです
    じいっと見てると、あちらも見ている気がします
    いつの間にか愛情がわいて、こんなかわいいお話が生まれるんでしょうね

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット