おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

わたししんじてるの」 みんなの声

わたししんじてるの 作・絵:宮西 達也
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784591124611
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,519
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • けなげなリケラ

    たくさんの種類の恐竜が出てきて、恐竜好きの子供は楽しんでました。純情なリケラを見て、「優しいな〜」って言ってました。信じる心は人(恐竜)の心も動かすという、心あったまるお話でした。

    掲載日:2011/09/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 信じる心

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    地震で両親が生き埋めに。両親を助けようと子どもは…。
    信じつづける心というものがよく描かれていて良かったです。
    ここまでまっすぐに信じられると…わかるなー。
    このシリーズは子どもにちょこちょこと読んでいますが、大人のほうが感じるものがあるシリーズかもしれません。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもは敵対するはずの各種恐竜たちが

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    岩山に閉じ込められた恐竜のお父さんとお母さんを助ける為に入れ替わり立ち替わり体当たりする場面に、本当は皆優しい恐竜なんだよっていうのを垣間見た気がしました。そしてやはり今回もティラノサウルスのおじさんは優しかったですね!

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信じる

    家族を助けたい一心の、リケラ。
    とうとう、凶悪なティラノサウルスのもとへ行きます。
    「信じる心」が奇跡をもたらしたのだと思います。
    お話の後半、ティラノサウルスの行方がわからなくなってしまい「もしかして・・・」と不安になりましたが、無事がかすかに確認できて、本当に安心しました。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • けなげ

    • さけんさん
    • 20代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    息子が本当に好きな絵本のシリーズです。
    図書館で借りてきたのですが、やっぱり毎日よんでいます。

    おとうさんとおかあさんを助けるために自分は食べられてもいいからとティラノサウルスにお願いするのがけなげですよね。
    すごいと思いました。

    私も子供をそんな風に信じ対と思いました。
    心があらわれました。

    掲載日:2012/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤い実の効用

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    ティラノサウルスシリーズ10作目。
    よく出ていたアイテム、赤い実の効用が明らかになります。
    トリケラトプスの子、リケラは、父親から、赤い実の効用を教えてもらったのです。
    病気や怪我、人の心も優しくする、不思議な実。
    ところがその直後、両親は地震のため、洞穴に閉じ込められてしまいます。
    助かったリケラは、洞穴をふさぐ大きな岩をどけようと、
    ティラノサウルスに助けを求めます。
    自分の命と引き換えに。
    かくして、獲物のため、家族のため、二人は懸命に岩に体当たりを続けるのです。
    その際に活躍するのが、赤い実。
    リケラがひたすらにティラノサウルスを信じる気持ち、赤い実の効用でしょうか、
    ティラノサウルスの気持ちや行動に変化が現れてくるのですね。
    リケラの両親、ティラノサウルスのその後。
    ラストに描かれなかった余韻が残ります。
    題名に納得です。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今回も素晴らしいです

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    地震で閉じ込められてしまったお父さんとお母さんを助けたい一心で、凶暴者のティラノサウルスにお願いしに行く、トリケラトプスの子・リケラ。「お父さんとお母さんを助けてくれたらわたしを食べていいから」と自ら願い出たその幼い気持ちに、胸を打たれない親はいないでしょう。
    「岩をどければトリケラトプスの親子が食べられる」という下心を持って、岩に挑み始めたティラノサウルスですが、リケラの純粋すぎる心に触れているうちに、ティラノサウルスの中で何かが変わっていきます。

    おなじみ、宮西達也さんのティラノサウルスシリーズ。奥が深く、涙を誘うお話ですが、3歳の下の息子もこのシリーズは大好きで、長めのお話ですがいつも真剣に聞いています。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「信じる」という行動

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「信じる」って難しいです
    言葉で簡単には言えますが
    行動に移せますか?

    「信じる」ことの前に
    リケラはおとうさん、おかあさんに
    愛されているのだと思うのです
    「信じる」根底は、そこです!

    「赤い実」についても
    きちんとおとうさんは教えてくれ
    きちんとリケラは自分のものにしています

    自分の命よりも
    父母の命を助けてほしいと訴えるリケラ

    みんなに愛されていないティラノサウルス・・・
    でもそんな
    ティラノサウルスも
    一緒に過ごすことで
    リケラのことが理解出来たのだと思われます
    一緒に何かをするって、大切

    「信じる」ことを
    お互いに行動で表わせているのが
    本当に感心しました

    約束を守るリケラと
    姿を消したティラノサウルス・・・
    古き良き日本の武士道のような
    潔さを感じます

    「心」が洗われるようでありました

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • もしかしたら・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    もうティラノザウルスの心が温まる絵本は10作目でしょうか・・・
    今回もやはり人情に厚いティラノザウルスは「しんじる」という言葉に素直に反応してくれました
    それに引き換え、石をなげるやからは・・・・

    まるで世間の野次馬根性丸出しの無責任な人間を、モデルにしたような・・・

    絵本を読みながら大人の姿勢を反省すべきかな〜なんて感じました
    赤い実は作者にとって、優しさの象徴なのかもしれないですね

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりじーんときました

    • サンフラワーさん
    • 40代
    • その他の方
    • 岐阜県
    • 男の子16歳、女の子11歳

    このシリーズが大好きなので新刊が発売されたのを知って購入しました。地震のお話だったので 東日本大震災のあとでしたし まだ お話会などでは読んでいませんが やっぱり 泣けるおはなしでした。いいおはなしです。

    掲載日:2011/08/11

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット