だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

レネット」 みんなの声

レネット 作:名木田恵子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年12月
ISBN:9784323063232
評価スコア 4
評価ランキング 19,440
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ベラルーシからきた少年

    震災後、何気なく手に取った本で、読み始めてみたら、チェルノブイリのことが出てきて驚きました。

    その頃、政府発表では福島の事故はレベル5でチェルノブイリほどの規模ではないと言われていました。

    今ほどの情報もなく読んだ時だったのですが、日本でこうして事故が起きてみると、チェルノブイリの事故のことを全く知らなかったのだと思いました。

    この話は、12歳で死んだ兄・海飛の死の悲しみがまだ癒えない家族の元へ、ベラルーシから保養に来るセリージョという少年を引き受けることになったというところから始まります。

    子どもが一人亡くなって哀しみに暮れる家族に、一か月だけ少年が来ることで家族は再生されるのか?

    兄が亡くなったこと、兄が死ぬよりも自分が死んだ方がよかったのではないかと考えるみかの悲しい思い。

    読んでいると、それぞれの哀しみが感じられて、心にヒリヒリとした痛みを感じました。

    思春期は自分の心のうちがどんな気持ちと表現できないもどかしさがあります。

    時間が経てばあの時はこうだったのだと、気持ちが明確化できるのに。

    人の心の中には、いろんな後悔があり、時間が経ってあああの時はとわかることで、その傷が癒える時があると思います。

    家族の死での傷は、放射能汚染でおった傷は、いつかは癒えることがあるのでしょうか。

    一つだけわかっていることは、そんな中でも私たちは生き続けていかなくてはいけないということ。

    生きるって切なくも悲しいと思います。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 原発事故

    原発事故のことは、なんとも言えない苦しさがあります。

    今回は、一つの物語として。
    元少女で現母親の私はミカの気持ちも分かるし、母親の気持ちも分かる。
    そして、父親の苦しみも伝わってきて、本当に辛いし悲しい。
    ベラルーシからきた少年へのそれぞれの気持ちも。
    最後は本当に希望と笑顔のあるラストでした。

    掲載日:2015/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原発被災者の少年

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    主人公のみか20歳が過去を振り返りながら、話が進みます。
    みかの兄が12歳で亡くなってから、みんな悲しみをかかえ、家族もなんだかおかしくなってしまいます。そんなところにチェルノブイリ原発事故の被災者の少年セリョージが一家のもとで療養生活を…。
    被爆した子供がいい空気を吸うことで、少しでも救われればいいですね。
    セリョージのことを思いながら、20歳のみかが彼は今生きているのだろうか…と思ったりするシーンで原発の怖さを改めて感じました。
    他にも放射能が目に見えたらいいのに…等、いろいろと思うところがありました。
    セリョージに対して、両親に対して、みかの思いがよく書かれていてよかったです。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット