雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

まほうのしゃぼんだま」 みんなの声

まほうのしゃぼんだま 作・絵:マーサー・メイヤー
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1979年
評価スコア 4
評価ランキング 22,502
みんなの声 総数 1
「まほうのしゃぼんだま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 膨らむ想像

    息子が同じ作者のおばけのシリーズをとても気に入ったので、併せて借りてみました。字のない絵本です。

    男の子がしゃぼんだま遊びの道具を買い、一人で膨らませていると、どんどん想像通りの動物ができます。それが襲いかかってきたり、さらにそれより強いものを作り出したり・・・どんどん想像が膨らみます。

    最後に男の子が残ったしゃぼん液を地面に捨てて去ると、そこから恐竜ができるところで終わります。

    男の子の後ろ姿を恐竜が見つめている場面は最終場面としては良いのですが、日本のもったいない精神の持ち主の私としては、どうしてもしゃぼん液が残っているのに捨ててしまう場面が納得がいきませんでした。

    一方、息子は字のない絵本が苦手のようで、私の下手なお話では満足できませんでした。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ぼーるとぼくとくも』 加藤休ミさん インタビュー!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット