おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

やったね!ぼくおにいちゃんだ」 みんなの声

やったね!ぼくおにいちゃんだ 作:こわせ たまみ
絵:秋里 信子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2003年01月
ISBN:9784569683645
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,202
みんなの声 総数 3
「やったね!ぼくおにいちゃんだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 複雑ですよね

    4〜5歳児に読みました
    いよいよゆうちゃんシリーズの最終版として、子どもたちも寂しさ半分、楽しさ半分と言った様子
    なんと今回はゆうちゃんがお兄ちゃんになるのです
    子どもにとったら複雑ですよね〜
    最近経験した子どもたちもいるし、これからまさに赤ちゃんが生まれる子どももいます
    でもゆうちゃんには「まいちゃん」という妹が産まれたと知ると「わ〜!まいちゃんだ!」と大喜び!
    同じ名前の女の子がいるので、大いに盛り上がりました

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんとしての自覚

    4歳7ヶ月の息子に読んでやりました。9ヶ月前に妹が生まれたことを思い出させる絵本で、親子で楽しめましたね。妹か弟がうまれることによって、願わなくともお兄ちゃんになってしまうわけですが、そういうまだ実感が湧かない頃からストーリーは始まります。そして、お兄ちゃんとしての自覚に目覚めていきます。あまり、具体的にこれをしなきゃとかというよりは、妹がかわいい、気になる!というところから始まるので、それが一番大事だなーと。息子も聞きながら9ヶ月前のことをひとつひとつ思い出し、自分の経験と重ねているようでした。

    身近な体験を絵本と一緒に歩むとまた一層その記憶が強化されるというか、あの日の感動を思い出せるのでいいですね。小さい子が生まれてお兄ちゃんやお姉ちゃんになったお子さんに、ぜひ読んであげてください。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹の出来たゆうちゃんの嬉しそうな顔が印象に残ってます。ゆうちゃんは妹のまいちゃんとそっくりだなあって思ったし、「だって ぼく、おにいちゃんだもの!」って威張っていうゆうちゃんがおにいちゃんとしても自覚をしていると思いました。ゆうちゃんが妹のまいちゃんをあやす表紙の絵と裏表紙の絵に幸せを感じて癒されました。妹が出来るっていいなあっていつも思っている私ですからやっぱり羨ましくなりました。

    掲載日:2011/07/29

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット