庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

シリーズ 核汚染の地球(2)ムスタファの村」 みんなの声

シリーズ 核汚染の地球(2)ムスタファの村 写真・文:森住卓
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年04月04日
ISBN:9784406052375
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 戦争の傷跡

    地雷除去活動があるのは知っていました。

    この本を読むまでそれが劣化ウランで作られていることは知りませんでした。

    「劣化ウランは原子力発電用の燃料や核兵器を作る時に出てくる放射性廃棄物(核のゴミ)」です。

    イラクの子どもたちに湾岸戦争後に白血病が増えているのは、この劣化ウラン弾のせいではないかと言われているのだそうです。

    核の平和利用として始まった原子力発電、でもその発電で使われた放射性廃棄物が武器として使われていたということは知りませんでした。

    この本を見つけたのは、放射能関連の本を探していた検索過程です。

    福島の原発事故で今後日本の子どもたちに甲状腺がんや白血病などが出てくるのではないかと危惧する中この本にも目にしたのですが、

    戦争の傷跡というのは終わっても尚心にも体にも残るものであることを痛切に感じました。

    子どもたちがカメラに向ける目はあどけなく無邪気であり、不幸な状況であることを忘れてしまいそうになります。

    表題になっているムスタファは9歳の少年で白血病の治療をしています。

    9歳といえば私の息子と同じ年です。そのような年齢の子どもたちが白血病で苦しんでいることに憤りを感じました。

    今回の福島の事故以来いろいろと考えました。

    人類は原子力に手を出すべきではなかったのではと。人たび暴走すれば人の手に負えず、人々を被爆に追い込む放射能の恐ろしさ。

    唯一の被爆国であった日本は、その恐ろしさを本当に考え続けるべきだったと思います。

    子どもたちがこのような悲劇に襲われないように、核廃絶を強く望みます。

    掲載日:2011/08/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット