おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

よるのえんてい」 みんなの声

よるのえんてい 作:佐々木洋
絵:上条 滝子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年07月
ISBN:9784061324732
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,506
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然界は24時間営業

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    朝昼の園庭は行くけれども、たしかに夜の園庭は行ったことないです。
    夜の園庭には誰もいない?と思いきや…。
    たしかに自然界は24時間営業なんですよね。
    実際、なかなか夜の園庭には行かないと思いますので、こういった絵本が読めて楽しかったです。

    掲載日:2016/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアルな保育園

    保育園の描写がリアルで面白いです。
    表紙を見たときファンタジーぽい印象を受けたのですが、リアルな夜の保育園でした!夜でもいろんな生き物がいるんだよと教えてもらえます。
    自分の保育園と比べられたりできるのでいろんな発見ができそうな絵本だなと思います。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然界は「24時間営業」

    子どもたちが帰った後の、幼稚園の様子が猫の案内で伝えられています。
    誰もいないかと思ったら、こんなにもいろいろな動物や虫たちがいるんですね。翌朝、昨日とは違う園庭の様子を、子どもたちが発見することもあるはず。
    実際に、自分の目で確かめることはできませんが、この絵本から、色々な思いが頭の中に浮かんでくるような気がします。
    そういうことだったのか…

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜の幼稚園!

    この絵本は、夜の幼稚園の園庭にクローズアップした絵本です。
    まず、その目の付け所が、おもしろい!!
    夜の園庭なんで考えたこともなかったけれど、こんな感じなのかな
    と、なんだか、どきどきわくわくしました。
    細かいところまでよく見ると、いろんな生き物が隠れています。
    それを探すのも楽しいと思いました。
    楽しい発見をさせてくれた絵本でした♪

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目を皿のようにして・・・

    4〜5歳児に読みました
    子どもって自分たちが帰っても、先生たちはずっと幼稚園にいると思っていることがあるみたい・・・・
    でも夜の幼稚園は、どうなっているんだろう・・・?
    子どもの好奇心をくすぐる内容に興味津々です
    ページをめくるごとにあらわれる夜行性の昆虫や動物に、子どもも目を皿のようにしてじーっと絵本を見つめる姿がかわいい!
    そしてラストの光る目の招待は・・・・?

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • いる、いる!たくさんいるよ!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳、

    夜の幼稚園って、どんなんだろう。
    年中のこどもたちは、早速目を輝かせて、聞き入ってくれました。

    誰もいなくなった幼稚園の園庭。
    でも、よく見ると、ちいさな生きものがいっぱい。

    びっくりするね。
    こんなにも、いっぱいの生き物がいるなんて。

    たんたんとお話が進んでいきますが、さすが子どもたち。

    生きものを見つけると、「蛾がいる!」「カナブンだ!」「あ!ヤモリ!」
    子どもたちの嬉しそうな反応が、とても楽しかった絵本です。

    最後に、たぬきが出てきたのには驚きました。

    子どもたちには紹介しませんでしたが、見返し部分に、
    本に出てくる生き物の解説がついていますので、
    お子さんに、じっくりと説明してあげることが出来ますね。

    掲載日:2012/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜のえんていに行きたい

    昼間も元気に幼稚園で虫捕りを楽しむわが子なのですが、この本を読んで目を輝かせています。
    夜には夜の虫などの生き物達が出てきて過ごしているのですよね。

    夜の静けさの中でやもりや蛾や野良猫・・
    虫たちも生き物達も伸び伸びとしている姿が描かれています。

    虫好きなわが子はくぬぎの樹液が出た木がえんていにあるなんていいなー行きたい!とかなり羨ましがっていました。

    夜の不思議な世界を垣間見れて面白い一冊だと思います。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • たぬきまで?

    夜の園庭に走り回っているたぬきの家族が遊びにきているのにびっくりしました。おかあさんとこだぬきが3匹なんですがちょっと可愛く画かれているのがよかったです。園庭を走り回っているたぬきの家族に孫が通っている園にも昔はいたのだろうなあって思いました。生き物がいっぱいの夜の園庭に絵本に登場する生き物の多さに驚いたのですが後書きに解説が載っているのがよかったです。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット