ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

ダヤンの絵本 森の音を聞いてごらん」 みんなの声

ダヤンの絵本 森の音を聞いてごらん 作:池田 あきこ
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年09月20日
ISBN:9784592732655
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,189
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 森はいきてる!

    • 烏賊さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 兵庫県

    長編ファンタジーのダヤンは、
    おとなっぽくてかわいい。
    この絵本のダヤンは
    絵がやわらかい感じで
    こっちもかわいいなと思いました。

    この絵本には、動物・生き物がたくさん出てきます。
    これもまたとってもかわいくて。
    とくに『目』とか・・・
    最後のページには、不思議な生き物も出てきます。
    絵も本物そっくりで
    私もボルネオの熱帯雨林に
    迷い込んだようでした。

    題名にもありますが
    この絵本をひらくと
    いろんな泣き声や音が聞こえてきて
    「森は生きてる!」
    と感じました。

    ダヤンへ
    私を、ボルネオの熱帯雨林につれてってくれて
    ありがとう!!
    こんなすてきな森がなくならないように
    私にもできることがあったらいいなぁ〜
    これからもボルネオの熱帯雨林のことを
    いろんなひとに教えてあげてね。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ボルネオの熱帯雨林に住むいろいろな生き物たち
    作者の池田あきこさんは、ボルネオをバイクで走って熱帯雨林がどんなにすてきかを みんなに伝えたいとこの絵本を作られたのですね。

    タイトルの「森の音を聞いてごらん」(素直に聞いてみたくなりますね)
     
    お話がはじまります
    大きな目のネコ ダヤン  誕生日の日に風の精に誘われてシルフというネコと一緒に森に入っていくのです 
    そこで見たもの 森の人と呼ばれる、オランウータンやテングザル
    はじめてであった生き物の声(いろんな動物に出会います)

    ニンゲンが作った森 そこに生きる動物たち、 しかし一億年前から森はたくさんの 命をそだててきた  
    ニンゲンの住む前から・・・・

    オタンウータンのお母さんが「ニンゲンの森に いってはいけないと あれほど いったのに」
    こどもが約束を破ったので おしりをたたいて教えます
    「わたしたち森のヒトは この森に 生かされているんだ。 それをよくおばえておきなさい」
    この言葉がステキです(母親はこうして子供を育てているのですね)

    ダヤンは 森の中でいろんな体験をして学んだのですね。

    私はボルネオに行ったことがないのですが、作者の気持ちが伝わります
    絵もきれいでした

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 可愛いダヤンと守りたい森

    ボルネオの熱帯雨林に招待されたダヤンたちのお話です。
    沢山の命をはぐくんでいる大きな熱帯雨林の絵が素晴らしいです。
    熱帯雨林を守り、森のひとたちの命を助けることができたら素晴らしいと思います。
    お試し読みで読みました。
    購入したら、じっくりと、生き物が大好きな孫と一緒に読みたいと思います。

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 熱帯雨林を知るのに!

    熱帯雨林は遠い場所で,普段なかなか身近には感じることのできない場所なので,そういう環境を絵本の中なら少しでも感じることができるという意味で,とても素敵な絵本でした!
    イラストも愛らしく,幼児期でも十分楽しめる絵本ですね!
    小さな子供が熱帯雨林を知るのにいいかもですね。
    ねこのヤダンが好きな方には,たまらなく可愛い絵本でしょうね。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生き物たちの声

    「ホーワホワワワ」
    「ティティティート」
    「ウィピューイヒューイ」

    どこかで聞いたことのあるような、
    やっぱり初めて聞くような・・・。

    そんな生き物たちの声が、
    絵本の中から聞こえてくるようです。

    森を守ること。
    ひとりですぐには出来ないことでも、
    少しずつ、行動できれば・・・。

    例えば、こうして絵本を読みながら
    楽しく理解することも、
    その一歩につながるのかもしれないと思いました。

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボルネオの自然を伝えたいという
    作者の気持ちがひしひしと伝わってくる絵本でした。
    丁寧に描かれた風景や動物たち、
    写真よりも心をうたれました。
    「絵の力」ってすごいですよね。
    ダヤンもかわいらしくて!
    絵本としてストーリーも楽しめました。

    掲載日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が考えさせられる

    ダヤンが好きなので手にしたのですが、4歳の子供には難しい内容でした。
    大人が読んでいるうちに考えさせられてしまって、未就学の子供に読み聞かせをするよりも、1人でじっくり読みたい本だなと思いました。
    どちらが正解で、どちらが間違い、と単純に答えが出る問題ではないと思うので娘がもう少し大きくなって1人で読めるようになったら、ダヤンと一緒に考えてもらいたいなと思います。

    掲載日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一歩はいれば

    はじめて読ませていただきました。一ページめくると
    素晴らしい森の世界。
    どんどんとひきこまれていきます。
    いつの間にか一緒に冒険しているみたい。
    森の中の音、葉の揺れる音、動物たちの音
    いろんな音がつまっています。
    じっと耳を澄ませて、聞いてみましょう。
    心を開いて聞いてみると、心がすっとしてきます。

    掲載日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • グワグワ!

    とってもかわいいダノンに一目惚れ。
    「ネコちゃん、ネコちゃん読むー。」と大はしゃぎです。
    鳥を見つけると、なぜか「グワ、グワ。」
    息子にはちょっと難しい内容ですが、最後まできちんと座って読んでいました。
    今住んでいるところでも、鮭が戻ってこれる川になるように植樹活動等を行っています。一度破壊してしまったものを元の状態に戻すことは容易ではありません。でも、不可能ではないと信じています。もう少し大きくなったら、息子と一緒にそういった活動を通していろんなことを学んで行きたいです。

    掲載日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に森の中へ

    絵本を開いたときから、わちふぃーるどの世界に包まれ、私たちも一緒に森の中にいるような気分になりました。
    色々な音、色々な動物が出てきて、次は何が出てくるのだろう・・・
    子供たちもワクワクしながら見ていました。
    絵もとてもきれいで、見終わった後、とても心が癒される感じです。
    寝る前などに、ゆっくり読んであげたい一冊です。

    掲載日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのおきゃくさま / ねないこ だれだ / なにをたべてきたの? / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット