ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ワニくんのいえ」 みんなの声

ワニくんのいえ 作・絵:みやざき ひろかず
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年07月
ISBN:9784776404903
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,498
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しいストーリー展開

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    初めて読んだのですが、「ワニくん」シリーズは、10冊を超える人気シリーズとなっているようです。
    作者の宮崎博和さんは、1984年に第1回ニッサン童話と絵本グランプリ絵本大賞受賞を契機に絵本作家となったとのこと。

    物語は、
    「いつのまにか すっかり くたびれた ぼくの いえ」
    という書き出しで始まります。
    それから、ワニくんの家探しが始まるのですが、いわく付きの物件ばかり。
    迷路の家とか、山の頂上の家、崖下の家など、その発想が最高です。
    最後に見つけた家が、何処となく懐かしいというのが、とてもホッとする展開で、なかなか良く出来た
    物語だと思います。

    絵自体、淡いパステルカラーが基調なのですが、他に類を見ないもの。
    白の背景と良く調和していて、親しみ易い絵調だと思います。
    シリーズの他の作品も読んでみたくなりました。

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • いえさがし

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    ぼろぼろになったワニくんの家。新しい家を探すワニくんですが、登場する家が変わった家ばかりでおもしろいです。
    こどもはめいろのような家がお気に入り。「トイレがゴール。」と勝手に決めてめいろ遊びをしていました。
    はたしてワニくんは家を手に入れられるのかな?

    掲載日:2016/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨漏り

    ワニくんの家の雨漏りが他人事ではないと思って心配しながら読んでました。と言うのは、娘が住んでいる家も雨漏りがひどいからです。ワニくんは、家探しに頑張ってましたが、ちょっとユニークな家ばかりで笑えました。結果的に、元の家が一番よいということで落ち着いたのですが、きちんと修理が出来たのかきになるところです。

    掲載日:2015/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこか抜けてる

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    このシリーズは2冊目です。

    前回同様ワニくんちょっと抜けてる?!
    ということろがクスっとなってしまいます。

    小さい家や低い家
    高い家やサメがいる家

    でもやっぱり一番落ち着くのは今まで住んでいた家
    ということで修理しちゃいます。
    が・・・
    これで本当に雨漏りしなくなったのかな?
    心配です。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいお家がいっぱい

    このお話は、ワニくんが自分の言えが古くなってきたので新しい家を探しに行くお話でした。いろいろな家を見に行っていたのですが、それがどれも個性的でうちの子は大笑いで見ていました。中でも、家の周りが池になっていて、そこにサメが泳いでいる家が一番気に入っていました。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の家が一番!

    家がボロボロになってきたので新しい家を探すワニくんですが、出会う家はサイズが合わなかったり、
    オバケ付きだったり・・・。
    愉快な家がたくさん出てきておもしろいのですが、ワニくんには落ち着いて住めそうにありません。

    やっぱり住み慣れた我が家が一番ということで、たくさんの板を打ち付けて家を修理します。
    雨漏りしなくなったかな?

    宇宙人が出てきたところでは、なぜここで宇宙人?と少々意味不明でしたが、
    前作に登場したキャラクターなんですね。

    この「ワニくんのいえ」は、シリーズ13作目だそうで、人気があるんですね。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宇宙人・・!?

    「ワニくん」シリーズの中の1冊です。

    今回は、ワニくんのお家の話です。

    すっかりくたびれて、雨漏りが酷い家。そこでワニくんは、新しいお家を探しに出かけます。
    しかし、なかなかいい物件が見つかりません・・・

    子供は、迷路のようなお家がとっても気に入ったようでした。
    途中から、なぜか宇宙人が・・・とっても面白かったです。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワニくんのいえ 見付けたかな?

    ワニくんのいえはくたびれて 雨がふると 雨漏り コーヒーフィルターまで 雨漏りに使われるのがおかしくて 笑えます
    ここから ワニくんは 家探しをするのです

    まあ いろいろな いえがあること 
    ワニくんにぴったりの いえ あるかな〜
    みやざき ひろかずさんの 絵がとってもやさしくて ユニークなので笑えたり   あ〜 こんな家もあるのかと おもしろいな〜と思いました。
    さて ワニくんはどんな家を見付けるかは 読んでのお楽しみにしましょう

    家 それは 大事なものだな〜   ワニくんの家を見て そう思いました

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理想の家

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    ワニくんシリーズ、ますます快走のようです。
    ワニくんの、今までの数々のエピソードを物語るように、
    すっかりくたびれたワニくんの家。
    ワニくんは理想の家を探し回りますが、どれも実はとんでもない物件。
    でも、その発想に思わず脱帽です。
    次々と外されるオチのような展開はまるで関西風です。
    私的には、巨大迷路風の家が良かったです。
    なるほど、探し回った挙句に行き着いた家に納得です。
    またまた再登場の宇宙人、また宇宙語をつぶやいています。
    ということで、『ワニくんのふしぎなよる』で解読せねば。
    やはり、壮大なワニくんシリーズです。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵で一目瞭然、問題のわかるページに爆笑

     みやざき先生のワニくんシリーズは、ほのぼのとしますね。

     さて、今回はいつの間にかくたびれてしまい雨漏りのひどくなったワニくんの家。
     ワニくんの新しい家探しです。
     可愛いと思ったらい犬小屋だったり、庭付き暖炉付きの立派な家だと思ったら、なんとおばけまで着いてきたり、・・・。
     ワニくんのみつけるおうちは何か必ず問題があるんです。
     絵で一目瞭然、問題のわかるページに爆笑です。
     迷路になっている家、上り過ぎる家、下り過ぎる家でまた大笑い。

     さてさて、ワニくんは理想の家を見つけられるかは、読んでのお楽しみという事で。

     小さい読者さんはきっと大喜びですよ。

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット